2005年07月27日

住民・和泉市・企業が一緒に槇尾川の清掃始める

先般私の所属する「いずみ環境くらぶ」で槇尾川の清掃を行いました。
井坂新市長も参加し一緒に汗を流しました。
 
この槇尾川にダム建設が進んでいます。
先般近畿圏で大戸川ダム、余野川ダムが中止に丹生ダム、川上ダムの規模縮小が決まりました。
この槇尾川ダムも平成20年の本体工事の開始まで、何とか見直すことが出来ないものかと思っています。
先日大阪府の平成16年度決算見通しが発表されました。赤字体質は更に続き、経常収支比率は全国でワーストワンです。この様な財政の非常事態に不要不急なダムを環境を破壊して何故強行するのでしょうか。
小さなせせらぎしかない槇尾川にダムが必要と思われますか。市民の皆様一度現地に行って見てください。ダムを造ることのみが目的となったこの計画は必ず将来に禍根を残すことでしょう。行政の担当者は結果責任をとりません。始まってからでは遅すぎます。
 
槇尾川の清掃を伝える地域コミュニティー紙民・和泉市・企業が一緒に槇尾川の清掃始める


masako_hiroba at 11:58コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ