2006年01月30日

オンブズ和泉が監査請求

私が所属しているオンブズ和泉が住民監査請求を行いました。
請求の趣旨は、今回の互助会の退会給付金制度廃止に伴う積立金の精算について、自治体への返還が不当に低い事に伴う損害請求です。

今回の積立金の精算は、会員へ会費相当分として約600億円を返還し、その残り約100億円を自治に返還しました。各自治体には直近3年分の互助会への納入金の比率で按分し、昨年12月に返還しました。

この精算方法には重大な誤りがあります。
1.会員に優先的に返還する根拠が無いこと。
互助会は昨年6月の議会で、私の一般質問で今回返還した積立金は、退会給付金の給付に備えた責任準備金では無く、単なる繰越金であると和泉市を通して答弁しています。
単なる繰越金であるなら、会員へ優先的に返還する根拠はありません。
2.会員の掛金は既に退職した会員の給付に使われ、積立金には会員の掛金分は存在しないこと。
今回の退会給付金制度廃止は、この制度に公金が投入されていることが問題となってなされたもので、本来退会給付金の支給は全て会員の掛金から充当されなければなりません。ところが退会給付金制度発足以来の退会給付金の支給総額は、運用利息を含めた会員の掛金を既に上回っています。従って積立金には会員の掛金分は残っていないことになります。
3.吹田の高裁判決であった公金投入の違法に従って算定しても、その額は積立金を上回ること。
吹田の高裁判決では平成8年の公金の違法な投入額を23億円と認定しています。これを制度発足から、平成16年度まで判決の考え方で合計すると積立金を大きく上回り、積立金は違法な補給分の補填として自治体に全額を返還すべきであります。

住民監査請求(PDF)

監査請求



masako_hiroba at 20:41コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ