2006年03月07日

総務文教委員会が開催されました

今日はTVカメラが2台入り、委員会の状況を撮影していました。先週土曜日の夕刊で出ました市長の寄付の件での取材と思われます。
今日の案件は
/渊餞曠ャラバン準備中事故にかかわる損害賠償の額の決定と和解
∀太市個人情報保護条件の一部を改正する条例制定について
O太市国民保護対策本部および緊急対処事態対策本部条例制定について
な神17年度和泉市一般会計補正予算
の4件が審議され、それぞれ採決後、一人委員が発言を求め、ました。
これについて委員会の審議は終了していたので、委員会終了後開催される協議会の場で、発言すべきではないかとの意見や委員長の判断で発言を認めるべきとの意見が出されました。その結果、一時半から委員会が開催され、その後の協議会も、報道関係者や一般傍聴人にも公開された中で進められました。
私が過去に一般質問で質していた府立弥生博物館に隣接する土地についての口頭報告がありました。6月議会で市長が、「しかるべき調査を行い、議会にも報告したい。」と発言していましたので、どのような報告になるか期待していました。報告は平成17年10月28日に、課長と部長が当時の協議した職員宅に出向き話を聞いていた。その内容は、「府が買い上げるがとりあえず和泉市が先行取得する。長期保有する認識がなかったので、実勢価格とした。かつ、地価下落も鎮静していた。」というものです。又大阪府には現在の駐車料金では金利も賄えないので増額を要請しているとの事です。
委員から今の報告説明を文章でほしいとの要望が出されましたが、部長は、委員長、副委員長に図って口頭報告とさせていただいたので、文章で出すことは出来ない拒否しました。市長が議会にも報告したいと言っていたことが、こんなレベルでは市の情報公開制度が泣いています。市長の公約である市民参加と情報公開とはどのようなことを想定しているのでしょうか。改革への向けてのスピードアップが必要とされる今、職員の情報公開に対する認識が、このレベルでは、道通しと言わざるを得ません。
尚弥生博物館横用地の先行取得問題は、今回の報告では納得出来なく、大阪府との対応も私から言わせば腰砕けです。大阪府が買い取ると約束したのであれば、裁判を起こしても買い取りを要請するぐらいの気迫を持って交渉をしていただきたいと思います。現在進めている土地開発公社の再建団体指定の状況も見て、今後の対応を考えます。そもそも和泉市の土地開発公社が他の自治体の事業用地を先行取得することは法的問題はともかく、土地開発公社の本来の目的に違背するものと思います。

masako_hiroba at 13:07コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ