2006年06月06日

自分の将来を考えるドリームマップ授業参観

南池田中学校の総合学習の時間に実施された上記授業を参観してきました。

2年生の4クラスがこの企画に参加して、近い将来の自分がどうなりたいか、それには何が必要かを考える取り組みです。

画用紙の真ん中になりたい自分や職業を書き込み、

これまでに集めたチラシや雑誌の中から自分のイメージに近い絵柄を切り抜き具体化していきます。

職業だけでなく欲しいものや好きなものもどんどん貼り付けていきます。

 

そして最後はグループごとに発表です。

一人ひとりが自分の夢を語ることで、友達の考えや職業に対する思いを共有できたように思いました。

大工さんや弁護士、保育士、先生、ケーキ屋さん、デザイナー、2代目社長、客室アテンダント、システムプログラマー、美容師など夢は多彩でした。

発表者には最後拍手をおくり、その労をねぎらいます。

 

この企画は経済産業省のバックアップで計画されたものとお聞きしました。

この授業が一回きりに成らないためにも、今後は先生に研修を受けていただく機会を作りたいとの講師のお話でした。

 

南池田中学校には今まであまり伺う機会はありませんでしたが、学校内がきれいに整備されているのに感心いたしました。

青葉台の老人会の方のボランティアを頂き大変感謝しているとの事でしたが、そればかりでなく校長先生以下先生や生徒さんの日ごろの取り組みにもよるものと思いました。

トレーニング姿の校長先生が率先垂範しておられる印象でした。

 

少し時間を頂き校長先生や数名の先生からお話をお聞きしました。

子供たちのために志をもって教育にとりくんでおられるようすがよくわかりました。

 

火事にあった生徒のためにみんなでペットボトルを持ち寄り現金化した話や、スキー合宿の費用削減と大学生の活用などのアイディアに大いに感心いたしました。

 

学校現場に出かけ、先生から直接いろいろなお話をお聞きする大切さを再確認する日となりました。



masako_hiroba at 07:22コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ