2006年06月15日

住民監査請求の監査結果合意に達せず

私が本年4月におこしていました住民監査請求について、本日監査結果が送達されました。
この監査は稲田前市長が逮捕拘留期間中に給与の全額を受け取っていたことを違法としておこした住民監査請求です。
請求の趣旨は以下の3点です。
・逮捕後辞職まで長期を要したこと
稲田前市長は逮捕後否認を続け、その結果辞表の提出が遅れ、更に辞表が提出された後も議会を初め関係者が適切な対応を取らなかった結果、辞職まで長期を要した。
・条例の適用を誤り給与の全額を支給したこと
逮捕拘留期間中及び辞職までの期間について、給与の全額を条例の適用を誤り支給したこと
・一般職員との処分の不均衡
一般職員はこの様な時は即刻懲戒処分となり、給与は支給されない。これに比べより高い倫理性・規範性が要求される市長の処分はこれに比べ極めて不均衡である
以上で、稲田前市長に当該期間中の給与の返還を現市長が行うよう勧告すべきと監査委員に求めたものです。
その監査結果が本日送達されましたが、一名の監査委員は私の主張をほぼ認め、もう一人の監査委員は主張を認めない結果、合意に達しないので監査結果が出せない事になりました。
監査結果が出ないということは、結果的には請求の棄却と同じで、一名の監査委員には敬意を表しますが、この結果には納得出来ませんので、住民訴訟で争います。
先般の訃報の監査結果については主要な部分で、他の自治体の監査の結果をコピーしたとして、新聞にも報道され、私は和泉市の監査が有効に機能していないのではと危惧しましたが、今回異なる監査の意見が出たことで、その危惧が取り越し苦労であって欲しいと願わざるを得ません。

監査結果

 



masako_hiroba at 11:57コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ