2006年08月19日

個人情報の違法閲覧に審査会・倫理委員会から報告(答申)

井坂市長のリコール運動を進める市民団体の代表の個人情報を違法に閲覧した問題で、個人情報保護審査会及び和泉市職員倫理委員会からそれぞれ意見具申と報告がありました。
それによりますと、今回の行為は個人情報保護条例に違反又は違反の恐れがあり、7月から施行された個人情報保護法案の改正が適用されれば罰則の可能性がある行為としています。(この行為が行われた時はまだ改正実施前であり、罰則は適用されません)
多くの職員がこれに関与したことは、市の体質が露呈したとも考えられ、今回の事件への対応だけでなく、根本的・継続的対応が必要と思います。
又今回閲覧に使われたパソコンがログアウトが適正にされていなかった為、簡単に権限のない職員が利用されていることから、システムのセキュリティーが十分でないことが露見しました。私は住基ネットに個人情報漏洩の危険性から反対していますが、果たしてこの様な事で大丈夫なのか改めて不安となりました。
問題が起これば、毎回再度起こらないよう教育を含め再発防止策を講ずると言っていますが、職員一人一人が個人情報に関する感度を高めると共に、規則や決まりに反する行為を行うことが如何に公務員として恥ずかしいことかを各自が理解することが必要と思います。

個人情報保護審査会答申

 

クリックする大きく見れます

 

 

 

 

個人情報保護審査会意見具申

和泉市職員倫理委員会報告



masako_hiroba at 16:03コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ