2007年03月23日

稲田前市長の不当利得返還訴訟敗訴

稲田前市長が逮捕拘留期間中に給与の全額を受け取ったのは違法として、その給与の返還を求めた裁判です。
同様な裁判で返還を求めた判決がありましたので、勝訴を期待していましたが残念な結果となりました。普通の市民の感覚が司法に通じなかった事が残念です。判決には承服できかねますので上級庁の判断を仰ぎたいと思っています。

この裁判での争点は二つありました。
1点目は、職員が退職したときに月の半ばであっても当月の給与の全額を支給する条例に従って前市長も当月給与の全額を受け取ったことです。この条例には但し書きがあり、懲戒処分等を受けて退職したときは、退職時までの給与しか支払われません。市長には懲戒処分が無いので、この但し書きに当たらないという理由です。市長には懲戒処分はありませんが、これに相当するとして訴えてたのですが、認められませんでした。

2点目は、給与に関する条例で、職員が勤務についていないときはその分の給与を減額するという規定があります。市長は逮捕拘留中は勤務がまったく無いことから、市長についても給与の減額を求めたのですが、市長にはその地位に対して給与が支払われているとして、訴えが認められませんでした。これと全く同じ事件で給与の減額を認めた判例があり、又地位に対して給与が支払われる議員についても同様の減額をした判例があります。それらの判例を全く評価せず判断した不当なものです。
以上です。

収賄の罪で逮捕され、当初はこれを否認していたが、観念して自白したものでその結果辞職まで長期間を要したものです。議会もこれに迅速に対応せず自然失職まで手をこまねいた責任も問われます。当時は理事や助役の逮捕が続き、市長の逮捕で和泉市の体面は決定的に傷つけられ、市政に対する信頼を失墜させた責任はきわめて大きいものです。そのような状況下で勤務が無く、職務を全く果たしていない市長に給与を支給することは、到底市民(一般人)の理解を得られるものではありませし、社会的公正・正義にも反するものです。法令を杓子定規に適用し、これらを斟酌しない司法のあり方に疑問を感じます。

裁判所の判断に承服できかねるところがありますので控訴したいと考えています。



masako_hiroba at 12:45コメント(3)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by S.S   2007年03月25日 14:29
市会議員関係者に聞いたんですが、夫婦そろって市役所と裁判を何件もやっていて、そのせいで市役所が何百万円も税金を使ってるのですか?
その方が言うには、住民の暮らしにはまったく関係ない裁判ばっかりで、市長を辞めさせるためにやっていると言ってましたが・・・
普通の市民の感覚と書いてますが、裁判に負けるということは普通の市民の感覚と違う目的の裁判だったのではないですか?
2. Posted by 分かりやすいのでいつも注目しています   2007年03月31日 04:14
普通の市民は裁判を自分でようしないし、議会がオール与党みたいになって機能しないので、司法に持って行く。市民オンブズマンはこんな感じと思うけど。議員は一番のオンブズマンにならないといけません。
3. Posted by 通行人   2007年05月03日 20:07
市と市会議員は相反することで健全になる。
仮に市会議員が市に裁判というものを起こすことによって、市に何百万円のお金がかかることになるとしても、
その為に何億円または何十億円の費用の節約につながることになるのであれば、善とすべきだと思います。
また、住民の暮らしに関係ないとは思えません。
小悪を看過すれば大悪に成長します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ