2007年11月24日

槇尾川ダムシンポに多くの関心

久しぶりのダムシンポを開催しました。前半は京都大学名誉教授の今本博健先生が「いま 河川ではなにが問題なのか」という演題でお話いただきました。
そして第2部では5人のパネラーによるパネルlディスカッションをしました。当初どれだけの人に来ていただけるのか不安でしたが参加者は110名を越える盛況となりました。

槇尾川ダムは2009年本体工事に着工予定で総事業費128億円。総貯水量140万トン。治水目的のダムです。

平成7年に事業決定し、今までに29億円が使われています。19年当初予算は6億3千万円です。
私たち見直しを求める連絡会はダムの流域が3.4平方キロメートルで大津川水系の3パーセントしかないので治水の効果が非常に小さいこと。又大阪府南部に広がる豊かな資源が破壊されるという理由で見直しを求めてこの10年間活動をしてきました。

この間大阪府の2度の「再評価委員会」を受けましたがいずれも「ダム+河川改修」案が採択されました。

今本先生からは開口一番「いらないダムの典型が槇尾川ダム」と言う発言がありました。
従来の河川管理の方法は対象洪水(これを基本高水と呼んでいる)を設定し、それに対応した対策を実施するようにしているが、このやり方そのものに基本的な欠陥がある。
たとえば‖仂櫃魃曚┐觜真紊発生すれば壊滅的被害となる恐れがある。⊆水が進むと同時に危険地の開発も進み、結果として被害が激甚、拡大化するのも問題だ。という指摘です。

ではどうすればいいかということで4つの提案が示されましたが、2つを紹介します。
_論遒砲ける対策だけでなく、流域における対応を併用し、環境に重大な影響を及ぼさない実現可能な対策を着実に積み上げ、治水安全度を段階的に引き上げること。
∈Mダ茲垢戮は破堤を防ぐ「堤防補強」であり、人的被害を解消する「警戒、避難体制」の確立である。

槇尾川ダムの問題点として以下の指摘がありました。
〃弉莎模を超える洪水では調節効果が低下・消失する。
▲瀬爐僚舷絨茲和臘点醂域面積の3%に過ぎず、効果が小さい。
t尾川は掘込河川であり、溢れても被害は激甚ではない。
ぅ瀬猯入量の推定を最新のデータと最新の解析法でやり直す必要がある。合流河川の無い区間で50㎥/s
きざみで流量を増加させているが洪水時に周辺の雨水がどのような経路で合流するのか。
ゥ瀬爐砲茲蟆論邊超が破壊される。
Ε瀬爐僕蠅觴水はいつか必ず破綻する。

先生の結論は「槇尾川ダムの治水効果はきわめて限定的であり、建設する意義が認められない。河川対応と流域対策を併用した整備に変更すべきである。」というものでした。

河川専門家の方からの力強いエールをいただき、非常に勇気付けられました。

2部のシンポでは槇尾川ダムへの思いやかかわりからお話いただきました。
パネラーは今本博健(淀川水系流域委員会前委員長)高田直俊(大阪自然環境保全協会会長)中川治(前衆議院議員)森和臣(大阪府議会議員)榊原鉄次(槇尾川ダムの見直しを求める連絡会代表)の各氏です。

パネルディスカッションでは大阪府議会で初質問をした森さんから大阪府知事が初めて槇尾川ダムの現地視察を約束したこと。そして民主党府議団は2回目の再評価委員会で指摘された自然環境保全計画を守らなければ槇尾川ダムを見直すようにとのスタンスであることが報告されました。

又槇尾川ダムは来年本体工事に着工予定と聞いていましたが、森さんの報告では道路付け替え用工事が遅れ再来年に着工するのではとのことでした。
本体工事に着工されれば引き戻すことは相当厳しいと覚悟をしていましたが、これを聞いて3回目の再評価委員会への望みが出てきました。

今本先生は「いま 川は泣いている」とのお話をされましたがまさにそのとおりで、今 川と遊んだ思い出をどれだけの人が持っているのでしょうか。

40年程前にはこどもたちが川で遊ぶことで大きくなりました。今 川で釣った獲物が食卓に上る生活は都会ではまず無理でしょう。

川と人とを遠ざけるのがダムという構築物であり、近づけるのは川が本来持つ力を疎外しないことだと思います。

今日のシンポを次への力にして「ダム見直し」に向けて取り組むつもりです。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

今本先生基調講演レジュメ

今本先生先生パワーポイント

ダムシンポ全景会場

クリックすると大きく見られます



ダム会場110名を超える参加




パネルディスカッションパネルディスカッション




今本先生今本先生(前淀川流域委員会委員長)




masako_hiroba at 10:22コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ