2008年01月08日

大阪府知事候補公開討論会

公開討論会は立見席も出るほどの盛況でした。
府知事候補に槇尾川ダムのことを聞きたい一心で実行委員になりましたが、大方のお膳立ては大阪市長選の公開討論会を主催したメンバーが担ってくれました。

翌日には無料の公開討論会があるのに千円も出してきてくれるのかの不安はチケット販売の5時過ぎには吹っ飛んでいました。
観客が次々に来てくれるのです。

候補者は経済同友会の会合を終えて控え室に入ります。後刻聞いたところでは一人の候補者はテレビ映りをよくするための手入れに余念がなく、他の候補者とは一言も会話が無かったそうです。既に戦いは始まっていたのですね。

討論会は持ち時間厳守で進められました。昨年末に大阪府の3500億円の赤字隠しが発覚した中で太田知事の責任あるいはこれをどう考えるのかとの質問からスタートしました。

「熊谷」 隠蔽体質が蔓延している。リーダーとしての責任を全うすべき。
「橋下」 借換債は違法ではないのでやむを得ない。
「梅田」 行政の説明責任が問われる。知事の責任が無いのは許されない。

Q  どこを削るのか
「熊谷」 出るほうを削る。府と市の二重行政を削れば500億あるいはその10倍削減は可能だと思う。
「橋下」 6人の子と鍋の材料を買うためスーパーにいった。予算3000円なのに7500円もかごに入れた。みんな棚に戻してもう1度話し合った。家庭では収入ありきで予算を組む。府は支出を組んでから不足を借金する体質はおかしい。皆さんだってローンがたくさんあるのに更に次の買い物の相談しないでしょう。まず借金を返すのが先だ。
「梅田」 府は5兆円の借金がある。1990年は1兆円の借金だった。箕面の山の事業は750億円の借金をして1100億円の事業をやろうとしている。大企業はバブル期以上の利益を出している。地方事業税は上げる同和行政で50億円使用している。職員、福祉を削るのは限度ある。

Q  議会への理解はどう求めていくのか
「橋下」 先ほどの買い物の話で棚に戻すことをOKしたことが大きい。議会に対しても削ることの理解がいる。111席の議員にどうやって納得させるのかがポイント。
「熊谷」 事業を0ベースで見直すのは当然。事業仕分けでは10%は無駄。30%は市町村に任すべきという統計結果があるので40%は削れる可能性ある。
「梅田」 橋下さんの0ベース基準がはっきりしない。議会に対しては粘り強く対応する。

Q  お金は職員の給与から捻出したらとHPで見たが
「橋下」 人数を減らせば交付税が減らされるから人数減はあまり効果ない。それより大阪府は退職金がここ数年つらい状況だ。
「熊谷」 人件費削減=交付税減ではない。適材適所でいく。
「梅田」 管理中枢が増えているが市民と直接対応する部門が減った。人数減は府立病院の独法化で数字が大きく見えている。
Q  大阪には和泉市の槇尾川ダム(130億円)茨木市の安威川ダム(1400億円)などの公共事業があるが鳥取県では240億円のダムをやめた。ダムと環境について
「梅田」 ヒートアイランドは世界一。ブラジルより高い。摂津の山ずたずたにして緑少ない。規制強化今やらないと大阪に住めない。
「熊谷」 無駄な公共事業は損きりでもやらないといけない。那覇から来た友人が大阪で卒倒した。水都大阪の復活。容積率倍にして緑いっぱいにしたらいい。大阪駅の開発はブルーニューの森のように作ったらどうか。
「橋下」 淀川水系のダム、安威川ダム未だわからない。0ベースで見直す。

Qタレント候補は無党派で出るのに橋下さん何故推薦を頼んだのか
「橋下」 実現できるプランが必要。議会の同意を取り付ける。
「熊谷」 府政と国政は全然違う。縛られる必要ない。議会と協調していく。
「梅田」 少数与党で黒田府政は2期あった。中身が大事。議会と府民の意見が違うことある。

Q 教育について
「橋下」 学力には2つある。人付き合いや集団生活で人間としての忍耐力がつく。先進国で学力のトップ10に入っているのはカナダと日本だけ。お金がかからない形で英、数、国の勉強が出来るように。
「梅田」 学力のかくさが分かれている。ふたこぶラクダになっている。3時間以上勉強する子と全くしない子に分かれている。格差なくしていく。日本は競争させすぎ。

「熊谷」基礎学力の充実が一番。勉強が出来る環境整備が府の仕事。

以下時間が無いので割愛しますがこの後、地域の医療、産業の振興、を聞き候補者間での質問時間もありました。

際立った違いが出たのは男女協働参画についての考えでした。
[橋下」 推進の仕方が間違っていた。働く女性だけが立派で専業主婦は世間知らずと働く女性のほうがいいという風潮を作った。女性が働くことを否定しないが育児、家事をし、地域を守る活動をする専業主婦も評価する積極的施策をする。
「梅田」 男女協働施策は機能が不十分。行政が力を入れるべき。
「熊谷」 女性の雇用、参画は遅れている女性の登用は積極的にすべき。

公開討論会

クリックすると大きく見られます




masako_hiroba at 22:00コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ