2008年02月15日

後期高齢者広域連合議会で発言議員は二人だけ(08,2,15)

昨年11月に開催された連合議会は入りきれない傍聴者とのやり取りで開会が遅れました。

そのため今日は開会1時間前に会場の府庁別館に到着。30人の傍聴者枠には入れました。しかし受付付近では警察官が3人立ち会うなど普段の傍聴の雰囲気とは違いました。

広域連合副広域連合長には大阪市長の平松邦夫氏と能勢町長の中和博氏が選出され、中氏は欠席。平松氏は挨拶だけで退席されたのでブーイングが起きました。

議案は広域連合副広域連合長の選出、20年度の一般会計予算、特別会計予算、医療給付費準備基金条例制定、広域連合職員の給与に関する条例一部改正の5議案です。

又議員提出議案として「大阪府後期高齢者医療運営協議会条例制定」が提出されましたが、賛成者少数のため否決されました。

請願は以下の3項目ですが,里澪梁鬚気譟他は不採択でした。

 ス颪紡个靴董後期高齢者医療への公費の財政投入の増額を求めるなど意見書をあげること。

∧欷盈糎彩箸砲弔い討廊〆匈沖⊇蠧生梱9感悗箸い高齢者が殆ど使えない要件だけでなく、熊本県のように生活困窮減免などを盛り込むこと。

1娠超┻腸颪料甦立ち上げと、人選にあたっては当事者代表などを公募により選定すること。

審議時間は約2時間でしたが、大阪市と枚方の議員以外は誰も発言せず、反対の討論さえありませんでした。

今日は予算の審議でしたが、議員が1年で交代するため決算審査は今日とは違うメンバーが行うこととなります。

これでは専門性や継続性が担保されず、事務局主導で事が運ばれそうです。

75万人以上が加入する広域連合のあり方としては納得できません。

又今日の審議で判明しましたが、国保の運営協議会に相当する会は「医療懇談会」として13人の委員で構成しますが、そこには公募委員を募集しないそうです。

傍聴などは検討中との事ですが、開かれた委員会にするためには検討の余地なくオープンにすべきだと思います。

最後に議長が「活発なご議論を」と紋切り型の挨拶をしたため、傍聴席からは期せずして抗議の声が上がりました。

 

 

 



masako_hiroba at 23:07コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ