2008年02月21日

ソロプチミストー南稜が支援する講座を受講(08,2,21)

高校生を対象にした「性感染症について学ぶ」講座をオブザーバー参加しました。

講師は女性の産婦人科医で、「性感染症はなぜ怖い?」や「予防が大切」「自分が決めることが大事」をたくさんのデータや図表で約1時間講義されました。

講演終了後講師に個人的に話す生徒の姿も見られ、決して他人事ではないとの考えを持ってくださったようです。

その後は4グループに別れ、桃山学院大学学生サークルMAPPによるワークを行いました。

大勢の前で自分の意見や感想を言うのは勇気のいることですが、照れずに発表した生徒さんがいて感心しました。

この講座をきっかけに「自分を大事にすること」や「相手を大事にすること」は一体どういうことかと考えていただけたらと思います。

こういう類の講座は必要なことなのに、なかなか踏み出せないでいる高校が多い中、この企画に参加していただいた学校の取り組みに感謝します。

 



masako_hiroba at 23:14コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ