2008年04月23日

槇尾川ダムの公開討論会が実施されるかも!(08,4,23)

大阪府に要望していた知事と河川専門家との話し合いは担当部局との話し合いとなり、今日実現しました。

水曜日は知事の定例記者会見があるらしく、私たちの記者会見は午前中に設定。テレビや新聞社数社の取材を受け、これまでの経緯や午後から実施する担当部局との話し合いにについてコメントしました。

午後からはこれまで皆さんから頂いた署名6347筆を秘書室に提出。そしてダム砂防課との話し合いに臨みました。出席者は連絡会メンバーが7名。そして専門家として京都大学名誉教授の今本先生、市大名誉教授の高田先生、そして農業水利が専門の府立大学名誉教授の3名に参加いただきました。

事前に質問事項は提出してありましたが、回答は今日はいただけず回答の出来るものから後日速やかにいただけることとなりました。

大阪府の職員も私たちと同様、一円のお金も無駄には出来ないと認識しています。そのためにも槇尾川ダムの必要性について勉強しなおし、府民にしっかり説明できる状況を作るとの事です。

今本先生から提案した「公開討論会」は大阪府も乗ってくれ、しっかり勉強した後で実施することになりました。今日の話では3ヶ月後ぐらいには実現しそうです。

公開の場で議論をして多くの方にダムのメリット、デメリットを理解していただき、ダム建設の是非を判断していただければと思っています。

知事への要望書

知事提出

クリックする大きく見られます

 

 

 

河川部と

 

 

 



masako_hiroba at 22:52コメント(1)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 大阪バンザイ   2008年04月28日 23:21
小林さん、もっとメディアにもっとPRするべきです!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ