2009年01月01日

会報第88報新春号をアップしました

会報第88報新春号をアップしました。
今月号は
・新年のご挨拶
・第4回定例会一般質問
を特集しました。

一般質問は
・病院問題
・互助会問題
・補助金の適正執行問題
を質しました。
<市立病院問題は>
病院の経営は健全化計画が実施されているものの大変厳しい状況が続いています。患者数は伸びず、病床利用率も低迷を続けています。このような状況が続くと今後余程抜本的な施策を講じないとずるずる赤字を垂れ流す構造になるのでは無いかと危惧しています。
今年の3月に近くの松原市立病院が閉鎖されるのが決まりました。これ以上の赤字の垂れ流しは市の財政破綻につながるとして廃止を決めたようです。和泉市の病院も毎年15億円を超える赤字が続いており安閑としておれません。
<互助会問題>
互助会問題は近畿の市民派議員が中心となって「公金の投入の見直しを求める議員の会」を結成し、互助会の廃止を市長会や町村会に求めてきたものです。ヤミ退職金と市民から厳しい批判を浴びた退会給付金に対する住民訴訟でその違法性が認められ、互助会はH17年11月に退会給付金制度を廃止しました。その後市からの補助金は更に削減され、事業の中心である退会給付金制度が廃止されたことにより互助会の存続の意味が問われ、早晩廃止されるものと思っていましたが、いよいよその時を迎えたものです。万感の思いです。
<補助金の適正執行問題について>
市の補助金は平成19年度決算によれば年間18億円もの巨額になっています。補助金は補助事業者に特別に権益を与えるもので、市民の貴重な税金が原資となっていることから、その執行は適正・公正かつ透明性をもって執行されなければなりません。
今回取り上げたのは、町会館建設に対する補助金の不適切な執行の問題です。一次的には申請者の責任であることは勿論ですが、この申請を認めた市の対応も併せて問題にされるべきです。

会報第88報



masako_hiroba at 00:00コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ