2009年03月16日

ダンジリ小屋で住民訴訟

本日大阪地裁にダンジリ小屋の助成金返還請求の住民訴訟を提訴しました。
この訴訟の意義について
補助金について、国の法律である補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律では
第三条 各省各庁の長は、その所掌の補助金等に係る予算の執行に当つては、補助金等が国民から徴収された税金その他の貴重な財源でまかなわれるものであることに特に留意し、補助金等が法令及び予算で定めるところに従って公正かつ効率的に使用されるように努めなければならない。
とあります。
この精神は当然地方自治体の補助金にもあてはまるもので、補助金が市民の貴重な税金を原資としていることを考慮すると、補助を受ける者は勿論これを執行する市の担当者は補助金の適正執行に万全の意を傾注すべきであります。
厳しい財政状況の中にも拘わらず平成19年度の決算でも18億円の補助金が支出されています。このような状況で支出される補助金や助成金が補助の目的が適切か、時代の要請に応えたものであるか、正しく執行されているか、予定した効果を発揮しているか等々の観点から再点検が必要であり、それらを喚起する為本件訴訟に及んだ次第です。

訴状



masako_hiroba at 15:00コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ