2010年12月07日

会報第111報をアップしました

今月号は
・槇尾川ダムで河川整備委員会が意見集約出来ず
・市長が公約実現を表明
を特集しています。
河川整備委員会が意見集約出来なかったのは全く予想外でしたが、多くの委員が賛否を保留したのには呆れてものが言えません。
市長は選挙公約の実施についてようやく明らかにしましたが、1年限りの減税・料金引き下げであり、貴重な貯金である基金を取り崩してまで行う必要がある施策なのか極めで疑問で、市長のメンツで実施するなら将来大きな禍根を残すことになります。

会報第111報

masako_hiroba at 10:22コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor 天気
Profile
和泉市の環境市民派女性議員です。
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ