2013年06月05日

先進事例を学ぶ研修会に

5月29日から31日まで全国市町村国際文化研究所で「自治体の財源確保策」についての研修に参加してきました。

政策実務系研修と謳われていますので、自治体職員が31人受講し、議員もその中に7人が入り研修してきました。受講生は北は北海道函館市、南は沖縄県豊見城市から参加をしていました。

初日は関学の専門職大学院教授の稲沢克祐先生から「事例紹介理解のための基礎知識」に関しての講義を受けました。

今回は事前の課題図書として、先生著の[自治体歳入確保の実践方法」を精読するようにとの宿題が出され、しかも持参するようにとの事でしたので、その中の内容についての質問があるかとひやひやしていましたが、実際にはその本を出しての講義はありませんでした。但し今回のように課題として位置づけられれば無理にでも読まざるを得ませんので、私のような怠け者にはよい刺激でした。

2日目からは実際に自治体で実践している方からの講義です。

今回は施設使用料の適正化(滋賀県長浜市)、財産活用・債権管理(新潟県南魚沼市、千葉県船橋市、ファシリティ・マネジメントに基づく保有資産の適正化(神奈川県秦野市・静岡県浜松市)広告料収入・ネーミングライツ(横浜市)と先進事例が多く並び、実際にその事業を開拓してきた皆さんのお話でしたので、目からうろこの事例が多くありました。

私は3月議会で質問に取り上げたファシリティ・マネジメントに関心があって参加しましたが、この分野はもちろん他の分野の取り組みにも大いに関心がわきました。

たとえば船橋市の事例です。船橋市が取り組んでいる公金徴収は9つでこれらを一元管理しています。この取り組みを先頭に立って進めてきたのが講師の税務部債権管理課長の永嶋さんです。発足した08年度からの4年間で9億円以上の滞納債権を回収した方ですが、「前例が無ければ作ればいい。仕事は常にチャレンジと挫けない心が大切」といわれていました。もちろん永嶋課長が一人で出来るわけではなくチームプレーですが、当初職員6人・非常勤2人からスタートした人員は今では課長以下14人の課員と5人の非常勤の19人体制となっています。

1時間の講義中一切マイクは使わず、ハンカチで額の汗をぬぐいながら熱弁をふるわれ、各自治体での取り組みに反映してほしいという熱意がストレートに伝わってきました。この熱意が政令・中核市中トップの徴収実績を導き出させていることも実感しました。

和泉市でも平成22年から滞納債権回収が始まり22年は約9千万円。23年度は約4億円。24年度はまだ決算が出ていませんが4月から11月までに約2億8千万円の債権を収納しています。課員6人と再任用職員2人そして非常勤1人と言う布陣でこれだけの効果を上げているのですから、立派なものです。但し船橋市のように名寄せをしていませんので、滞納している個人には各課からの督促状が行くことになっているようです。このあたりは今後システムの問題かもしれませんが早急な改善を要することと思いました。

お目当てのファシリティ・マネジメントはトップランナーの秦野市からその中心人物の志村課長補佐からお話を伺いました。

和泉市ではまだ施設白書を作成できていませんが、秦野市の調べでは25年5月20日現在作成済み:77自治体。作成中:22自治体との事です。

施設白書を作ることは自治体にとってはパンドラの箱を開けることになり、事なかれ主義、先送り、前例踏襲、既得権益、私利私欲、反対運動政治的圧力などいやなものばかりが出てくるそうですが最後には希望が出てくるはずとの事です。

人口減や高齢化社会の進展、施設の老朽化と3点セットで問題を先送りすれば自治体倒産という言葉が現実のものになりかねません。

秦野市ではこの問題解決のために「公共施設の再配置に関する方針」が作られました。そこには4つの原則があり、

1)新規の公共施設(ハコモノ)は建設しない。

2)機能更新の最優先は、義務教育(子育て支援)など自治体運営上最重要機能だけ

3)40年かけてハコモノの31.3パーセントを削減

4)計画を進めるための5つの視点

とされています。

24年4月にはシンボル事業のひとつが完成したそうです。それは障がい者福祉施設の民営化です。事業の効果として仝設のハコモノ230峺此敷地・施設面積ともに約2倍に拡大M用者へのサービス拡大ぐ貳椋盡刺蘆憾詐・地代収入増セ楡澆琉貮瑤鮹楼茲乏放(公共施設機能を補完)するとの事です。そして二つ目が保健福祉センターへの郵便局誘致です。賃料が年間200万円市に入る以外に、住民票交付業務を郵便局にしてもらうので、住民サービスにつながっています。他の自治体の先進事例も当然見習いたい物ばかりでしたので、機会があれば和泉市にも提案していきたいと思っています。kennsyuuP1070905



masako_hiroba at 22:23コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ