毎年夏に、博多座という福岡の劇場で宝塚をやっているので、いつか行ってみたいなーと思っていたのですが、今年はチケット運に恵まれて遠征がかないました。3月に「ポーの一族」を見ましたが、花組は、トップさんが長いせいか、安心して見られる感じがして良いです。

IMG_4519
IMG_4521


初めての博多座! わくわくする! 遠征って楽しいよね。ロビーにお店がたくさん出てて、幕間も楽しかった。いい劇場ですね。

今回は、なんとなくチケット2枚取ってて。佐賀に住む旧友のKちゃんに、彼女は激務だし、まだお子ちゃんが2歳だから来られるかなあ…と思いながら「平日だけど、チケット1枚あるよ」と声をかけたら「いつまでに返事すればいいですか」と返事あり。もうこの時点で、来るだろうなという確信。というわけでKちゃんと一緒に観劇できたのでした。初タカラヅカもKちゃんとさんふらわあに乗って行ったんだよね〜。

花組メンバー



「花組、ぜんぜんわかんないんだけど」と言いつつ、的を得た感想をガンガン投げてくるKちゃん、さすがだ。終わった後、プログラムを広げながら「あのシーンでコーラスつけてたの、誰」「九州出身の●●ちゃんの役はどうだった」「振付は峰さを理さんか〜ご活躍されてるんだね」とチェックしあうのもまた楽し。

ポーの一族を見て以来、私は、鳳月杏さん推しなんですが、Kちゃんも「この人は3番手確定なの?2番手じゃないの?(あんなに上手でかっこいいのに?)」と気になってたご様子で、ムフフ、わかってらしゃる〜( *´艸`) と嬉しかったです。中臣鎌足をやった瀬戸さんも、大好き。

娘役もかわいい子が揃っている…! ショーの娘役シーンが色っぽくて良かったなあ。あそこだけ巻き戻してもう1回観たい。いや、100回観たい。でも娘役は顔の見分けがつかない。

トップの明日海さん、歌、ダンス、芝居、色気…ぜんぶ揃っているよね。ショーではドレス(女性用の)のシーンがあって、客席みんな「ゴクリ」と唾をのむような緊張感でした。ドレスでは腕の動きが良く見えて、指先まで美しい動きに見惚れました。

博多座には選抜メンバーで来てるので、下級生にも、ひとりひとりに見どころがある印象でした。

「あかねさす紫の花」



地方公演って、わかりやすくて宝塚っぽい演目を持って行くのが定番なんだけど、今回の「あかねさす紫の花」は、「昔の和物…?地味じゃない?」くらいの印象で、なぜ、この演目なのかなーと思ってました。月組のをオンデマンドで予習して「演出が地味なので、寝るかもしれない」「お兄ちゃん横暴すぎて、あまり好きな話じゃないかも」とわりとネガティブな感想を持ってのぞんだ感じ。

結果としては、すっごく良かったです。あかねさしたわ…(意味不明)。

ヒロイン(額田王・ぬかたのおおきみ)の場面やセリフが増えていたようで、存在感がありました。ざっくりいうと、お兄ちゃん(中大兄皇子・なかのおおえのおうじ)が、弟(大海人皇子・おおあまのおうじ)の嫁の、額田王を取っちゃう話。中大兄皇子のやることは、強引で冷徹に見えるのだけど、従わせるような王の貫禄がありました。

愛する人を取られた弟は、最後には心がいっぱいになり、狂いそうになる。兄の「狂ったか!」という強いセリフに、弟が高笑いで応えながら幕が下りるという後味の悪い幕切れですが、ちゃんと終わらせないせいか、逆にあとでいろいろ考えちゃいました。たとえば兄が弟を殺せば、話としては決着がついたかもしれない。でも兄弟お互いに認め合っているところもあり、そうはならなかったのかも…。

ヒロインの額田は、最終的にはお兄ちゃんのもとにいるのだけど、どちらが好きとも最後まで言わなかったんだよね。本当はどちらを好きだったのか、どちらも好きだったのか。軽々しく言葉にしないところが、逆に気持ちを大切にしているようにも思うのです。

▼プログラムより
IMG_4536


※役がわり、Bパターンで観劇