IMG_7251

タカシマヤの「りぼん展」に行った感想です。

知人と行きたいねーなんて話していたのですが、忙しそうかもなんて思うと声かけるの躊躇しちゃって、大人ってやーね。まあでも、サクッとひとりで満喫してきました。

いろんな作家さんの原画、あとりぼんのふろくも展示してあって、なつかしくて胸がしめつけられる!

原画は特に、一条ゆかり先生、ときめきトゥナイトの池野恋先生のカラー原稿が美麗でした。デジタルのない時代にこれだけの原稿を…!特にときめきトゥナイトの絵は見覚えのあるものが多く、単行本持ってなかったのだけど池野先生の作品が大好きだったんだと30年近くたって気づいてしまいました。再読しましょう♪

IMG_7232

↑吸血鬼ラブコメだったね!毎回ヤキモキしながら読んでた。

父がマガジン派だったからずっと少年漫画を読んでいて、少女漫画を手に取ったのが遅いほうだったので、ラブコメに照れがあったなあ。

あと、ちびまる子ちゃんコーナーで、さくら先生もういないんだよなと思うと、ちょっと泣いてしまったり…でもここだけ切り取るのずるいでしょ!

IMG_7238
IMG_7237
 
全体的に混んでましたが、特に見たかったのは岡田あーみんコーナー。あーみん先生は実在したのか?生原稿はあるのか?



あったーーーーッ!!!

IMG_7239

ちょっと暗めですが生原稿、何点かありました。迷い線がなく、線が綺麗です。

カラーは絵の具じゃなくて、カラーインクかなあ?退色なく保存状態良さそう。赤、黄色、緑がビビッドです。

IMG_7245

あとで疑問に思ったのは、なぜ展示されたのは、「お父さんは心配性」でもなく「こいつら100%伝説」でもなく「ルナティック雑技団」の原稿だったのか、ということ。単に新しいから? ほかの原稿は残っていないとか?(やはり一番見てみたかったのは、“お父さん”の原稿でした。私は。)

関西在住だったあーみん先生、ギャグでページ数少な目だったのもあり、やはりアシスタントさんはあまり使ってなかったのかな〜なんて想像しながら見ました。けっこう、アシ経由でどんな人だったとか、もれちゃうものなんだけど、あーみん先生はそういう噂もぜんぜん聞かないですよね。さくら先生と共作の漫画があって、それが唯一に近い、あーみん像の描写です。

もしあーみん先生がほぼ一人で作画されていたと仮定し、再度、先ほどのカラー原稿に目をむけると、一部だけ色をつける手法が珍しく感じます。カラー原稿だと全体に細かく色を乗せる作家さんがほとんどでしたから、おひとりで独自のやり方を工夫して描かれていたのかな?と、想像ですが。

昨年くらいからポツポツと、ベルメゾンなどであーみん先生のグッズが出るようになって、本人かご家族(というか、著作権を持つ誰か)とは、連絡が取れるような状況にあるのかなと想像します。ご本人がお元気でいてくれたら何より嬉しいです。