2016年10月07日

チュソク以降、現在まであった出来事を大雑把に挙げると

9月22日(木) ミサ日本人妻の会(←勝手に命名)へ参加(息子同伴) 
          
※日本人のお友達6人が集まっておしゃべり。 とっても楽しい集まりだった。

9月23日(金) 娘の自転車を買いに家族4人でドライブがてら新林洞まで

9月25日(日) 家族4人でスターフィールド河南へ(ランチ、キッズカフェ、書店)

※キッズカフェの入り口でイ・ヨンエ親子に遭遇(超至近距離で

9月27日(火)より 息子断乳(1歳9ヶ月)

※3日目以降、夜も泣かずに寝てくれるようになったが、なかなか昼寝をしてくれなくなってしまった でも、これでやっと私も薬が飲めるように(早速、鼻炎薬を) 

9月28日(水) 娘の幼稚園の授業参観 

→終了後、ママたち(同じ美術教室に通う子のママたち)とスターフィールドでランチ&お茶

※息子もいるので参加しないつもりだったが、みんなに強く誘われ行くことに。わずらわしいと思っていた付き合いだったが、親しくなるにつれよい人たちのようなので、やはり積極的に付き合う方がいいのだろうかと少し考えが変わり始める。

9月30日(金) 同じ美術教室に通うSちゃん宅へみんなでお呼ばれ
          
※以前、最強ママに出会ったという記事を書きましたが、このSちゃん宅も負けず劣らずかなりステキなお宅で、Sちゃんママにも改めて人間的な魅力を感じたというか、非常によい意味で刺激を受けた

         
→この後、みんなで幼児英語教室を見学に

※7人中4人がこの教室に通うことに。うちも迷ったが、いまひとつ気に入らなかったので(娘は楽しいと言っていたが、私がいまいちだと思った)、やめておくことにした。

10月1日(土) 現在、ご夫婦で全羅北道へ留学中の日本人N夫妻がわが家へ

※わが故郷の話や、昔の話、日本人から見た韓国についての話などができ、とっても楽しいひとときを過ごさせていただきました

10月2日(日) この地域に住む、日本人ママさんと子どもたち(3組)で近くのキッズカフェへ

※息子を見ながらなので、ゆっくり落ち着いて話すことはできなかったが、楽しい時間だった。高い所にもどんどん上っていく息子を見て、息子の成長ぶり&日頃の公園遊びの成果も実感

10月4日(火)より 幼稚園から塾(美術教室、ピアノ教室)へ行く際のバスへの乗車(塾のバス)が道路上で行われていて危ないということで、毎日幼稚園までママたちが交代で見に行くことに
            
※幼稚園内の駐車場へ塾のバスが乗り入れできないため(塾バスの台数が多いので、乗り入れ禁止となっている)

10月5日(水) その後、物音に敏感な下の住民からの苦情が何度もあったため、わが家の床の半分以上(子どもたちが歩き回る部分)に分厚めのマットを敷く
          
※専門業者に来てもらい半日がかりで作業してもらった

10月6日(木) 美術教室面談
          
※娘の美術の能力の話もさることながら、私が子どもたちの人間関係についていろいろ質問したところ、先生より「韓国の幼稚園ママたちは子どもの人間関係を構築するために(特に女の子)大変な努力をする」という話を聞き、いろんな意味で衝撃を受ける(なるほどと思う部分、自分のやり方が韓国式からズレてて失敗だったかなと反省する部分、しかし、完全に韓国式に従うと娘のせっかくの個性が壊されそうと危惧する部分等々、非常に考えさせられた)。


*********************

あった行事をざっと挙げるとこんな感じなのですが、まあ何というか、ていねいに書けば一つ一つの出来事がどれも記事になるくらい濃く、ホントはもっと立ち止まってゆっくりと考えたいと思うことも多いのですが、そんな余裕もなく、なんか消化不良のまま毎日が過ぎていくような感じです


今日は今日で、美術教室の面談での話で頭がいっぱいのところ、また明日、美術ママの一人、Tちゃんママからみんなに招待があり、ほとんどの人が即、出席表明!だったり・・・(うちも行くべきかどうか迷い中)

美術グループとはまた別の幼稚園友達Sちゃんとアパート内の公園で出会ったはいいが・・・Sちゃんはいつも公園内だけで遊ばず、アパート内とはいえ、友達を連れて勝手にいろんなところへ走っていってしまうことが多く、今日もわが子を連れて2回もどこかへ消えた挙句、最終的にはSちゃんの家へ2人で入ってしまって、一時連絡がつかないという事態に・・・。Sちゃんママは3人子どもがいて(Sちゃんが一番上)大変そうではあるけど、よく見るとどの子も割りと放ったらかしで、最近は公園の端っこで毎日のようにママさんたちと集団でおやつ食べたりしながらおしゃべりに夢中になってることが多く・・・(その集団に娘の幼稚園ママも数人含まれている)。結果的にはSちゃんママに話して家まで連れて行ってもらって連れ戻したのですが(一時、Sちゃんママの姿も見当たらず、どうしようかと焦った)・・・。また一方では、昼寝をしていない息子がぐずりだし、無理やりにベビーカーに乗せて・・・などとてんやわんや(息子、ベビーカーで走ってるうちにそのまま就寝)。


帰宅後、夕飯も食べた後、娘とちょっとしたことでけんかになり、娘が大泣きしたり・・・。

最終的には娘の機嫌も直り、お風呂に入れて寝る前に一緒に本を読み、娘が楽しそうな表情のまま眠りに付いてくれたのでホッと安心しましたが、



毎日がこんな感じでホントにゆっくり立ち止まって考える余裕がない。



そうそう、明日は娘の幼稚園の面談もあるんだった・・・。


また、どんな悩ましい話を聞かされるか・・・


それとも、ちょっと心が軽くなるような話が聞けるだろうか・・・???



長々とお読みくださった方、ありがとうございました。




ランキングに参加しています。 
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。) 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします 

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 01:12コメント(3)トラックバック(0) 
【娘】育児(4歳・5歳〜) | 京畿道河南市

2016年09月19日

今年のチュソク(추석、秋夕、=旧盆)の連休は土日も合わせると9月14日〜18日までと5日間もありました。


※ちなみにわが娘の通う公立幼稚園は9月12日、13日も休みだった



例年通りだと、義父母宅に私たち家族およびクマちゃんの姉妹家族が集まるところなのですが、今年はうちに集まることに


というのも、今年は義父母宅が異様に暑くて過ごしにくいというのと、私たち家族が5月に新居に引越ししたのに、まだ義母と義姉以外は誰も来たことがないので、チプトゥリ(집들이、=引っ越し祝い)も兼ねてということらしく・・・。


そのように義母に言い渡されたのが、約1ヶ月前。


もちろん、みんなに一度はわが家に来てもらうのは当然だと思うし、それに義姉や義妹家族はいくら長くても1泊で帰っていくと思われるのでそれほど負担はないけど、義母は最低でも2泊、もしかしたら3〜4泊して行かれるかも・・・と考えると、正直、私、チュソクの数日前よりかなり身構えておりました



が、



しかし、



9月14日 午後、義父母わが家へ(宿泊)。


9月15日 夕方、クマちゃんの出勤時(クマちゃんの職業柄、チュソクでも通常通りの勤務です)、義父母も一旦帰宅(つまり、宿泊されず)


9月16日 午前、クマちゃんが勤務を終えて帰宅する際、義母も一緒にわが家へ(義父は来られず)。義姉、義妹家族が来ると言っていたのが、結局、来たのは義姉のみ(午後3時半頃)。午後7時頃、義母、義姉ともに帰宅。



以上


という感じで終わりました。




義父が三男ということで、もともとチェサ(제사、=祭祀)などもしない家庭なのですが、自分たちの食べるものもほとんど義母が作ってくれたので、嫁の私はほとんどすることなし


今年は一応、わが家で集まるということもあり、カルビのみクマちゃんが前もって専門店で買ってきてくれていたので(例年だとこれも義母が自分で仕込む)、その分だけ義母にも楽してもらえたかもしれないですが、使い慣れないキッチンで、しかも超スピードで次々と何種類もの料理を作ってくださいました。


ちなみにチュソク定番のジョン(チヂミの一種)などの料理は、以前は大量に作っていましたが、あまりみんな食べない(クマちゃんに至っては、ジョン嫌いということで1つも食べない)ので、年々作る量が減っていき、今年もほんの少ししかしませんでした(クマちゃん、普通のチヂミは好きでよく食べます)。


でも、なぜか以前はソンピョン(송편、=松餅)は全く用意しないか、しても買ってきて少し食べるくらいだったのが、去年くらいから手作りするようになり、今年も大量に手作りしました(これは、私や娘も手伝いました)。


それにしても、義姉一家は3人のうち1人しか来ないし、義妹一家は4人全員不参加で、大量に用意したカルビも半分以上残り(義母や義姉に分けて持って帰ってもらってもまだうちの冷凍庫にたくさん残っている)、義母が超スピードで作ったチャプチェも大量に残り、しかもあっという間に傷んでしまい、半分以上捨てることになってしまったという・・・



義母は思ったことをはっきりいうタイプで、嫁という言い返せない立場にいる私は普段からけっこう義母の言葉に傷付けられることが多く(「嫁いびり」とかではなく、誰に対しても思ったことをはっきり言う。夫婦や実の親子なら言い返すこともできるが、嫁や婿は言われっぱなしなのでかなりムカつく辛い)、


実は、チュソクの数日前に義父母宅に行ったときにもいくつかキツイ言葉を投げつけられたので、チュソクの連休中、わが家に滞在されることになればまたいろいろと言われるのだろうなと相当気が重かった私



しかし、なぜかチュソクの期間中はほとんどそのようなことは言われず、1泊されただけで一旦帰宅され(「やっぱり自分の家が落ち着くから今晩は自分の家でゆっくり寝て、翌朝また来る」と言って帰っていかれたが、明らかに嫁に悪いと思い、気を利かせて帰られた様子だった)、しかも最後の日に義姉と共に帰られるときには、「いろいろとしんどかっただろう」と言いながら私に小遣いまでくださいました(どう考えても私、全然しんどい思いしてないんですが・・・)



というわけで、拍子抜けすぎて、しかもあまりにあっけなく終わった今年のチュソク


なんか、義母にも申し訳なく、「またいつでも遊びに来てくださいね」と思わず口走ってしまったほど・・・




嫁仕事や義家族、親戚相手に肉体的にも精神的にも苦労をされた日本人妻のみなさんには心底頭が下がる思いです。ホントにお疲れ様でした。






ランキングに参加しています。 
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。) 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします 

人気ブログランキングへ 



masakorea1213 at 01:28コメント(0)トラックバック(0) 
名節・家族行事 

2016年09月18日

前回、スターフィールド河南(ハナム)に関する記事を掲載したところ、アクセス方法についてのご質問をいただきましたので、パンフレットに載っていた「アクセス方法」をそのまま転載させていただきます。


スターフィールド地図














拡大して見ていただき、ご参考いただければと思います〜





 ランキングに参加しています。 
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。) 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします 

人気ブログランキングへ 



masakorea1213 at 23:46コメント(2)トラックバック(0) 
京畿道河南市 

2016年09月13日

9月9日にグランドオープンした、韓国初のショッピングテーマパーク「スターフィールド河南(스타필드하남)」。 

9月5日〜8日 がプレオープン期間だったのですが、近隣住民の間では、いち早く行って来た人の話や、これから行くという人たちの話で大盛り上がり。

そんな中、われわれ家族もグランドオープンに先駆け、8日の夕方にあたふたと出かけて参りました。

スタフィ1







スタフィ2







スタフィ3







スタフィ4







スタフィ5












新世界百貨店、倉庫型ディスカウントストアのeマート・トレイダース、家電専門店のエレクトロマートの他、海外の30以上の有名ブランド店、大型書店の永豊文庫、おもちゃ専門店のトイキングダムなどショッピングゾーンはもちろん、アクアフィールド(ウォーターパーク)や運動施設、映画館、キッズカフェなどのエンターテインメントゾーンも充実していて、一日ではとても回りきれないほどの広さ。

ホントは夕食も食べて帰りたかったのですが、プレオープン期間は午後7時で閉店だったため、遅めに出かけた私たちは、食事はできず。

しかし、食べ物関係もいろいろなお店が入っていて、かなり充実してそうでした。


とりあえず、子どもたちが一番楽しみにしていた、オープン期間中の無料イベントとしてやっている汽車には乗ってきました。

スタフィ6
 






私たちが行った日は、正式オープンの前日だったので、まだそこまで混んではなかったので、この汽車なんかも全然並ばず。息子が2回乗りたがったので すが、それも係りの人があっさりと「いいですよ〜」と言って乗せてくれました。

どこもそれなりに人は入ってましたが(時間が時間だけに食べ物関係はどこも割りと込んでいたかな?)、私たちが行ったときは、ショッピングゾーンはeマートトレーダースだけが若干混んでたくらいで、それ以外はそこまでいっぱいではなかったです。

その後、グランドオープンの日やその翌日なんかはイベントもあったりで、ごった返していたようですが・・・。

また、そのうち落ち着いたらゆっくり 見に行きたいなあと思っていますが、とりあえず近隣住民として一度は足を運んでおきたかったので、大雑把にではありましたが見れてよかったです(これでママ友たちとの会話にも一応ついていけるかな?ということで・・・)


<追記>

アクセス方法についてはこちらの記事をご参照ください→




 ランキングに参加しています。 
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。) 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします 

人気ブログランキングへ 



masakorea1213 at 00:21コメント(2)トラックバック(0) 
京畿道河南市 

2016年09月08日

9月7日(水)

午前11時頃から、同じアパート(※韓国ではマンションのことを「アパート」と言います)にお住まいの娘の友達(アパート内の公園遊びで仲良くなった男の子)のママさんに招待され、息子を連れて遊びに行ってきました。

同じく、もう一人同じアパートの公園遊びで知り合った男の子のママさんも一緒に招待されていました。

※招待してくれたママさんをY君ママ、一緒に招待されたママさんをE君ママとします。 

私は、E君ママよりも一足お先にY君宅へ到着したのですが、

とにかくインテリアがステキすぎて、わが家と全く同じ間取りのお部屋とは到底思えないほどセンスが光ってました

しばらくするとE君ママも来て、おしゃべりが始まったのですが・・・なんだかさっさっさっとY君ママが食べるものを用意してくれて、それがまたカフェに来たみたいにオシャレな上においしくて・・・

まるでカフェ







本気で感動

聞くと、その昔、実のお母さんと妹さんと3人でカフェ的なお店をしていたこともあったんだとか・・・

ちなみにこのY君ママ、4歳のY君ともうすぐ1歳になる娘ちゃんもいるんですが、現在は週2回大学で数学の講師をしているそうなんです。

センスばっちり、気さくで人柄よく、頭も良いという・・・Y君ママは私が今まで会った中で最強のステキママさんと言っても過言ではないです。

この日、一緒に招待されたE君ママもまたタイプは違うんですが、とても美人で、性格よく、情報通で感じのいい人(人当たりがいい)。それにこのE君ママも陶芸が趣味だったりと、オシャレに飾っているお宅の写真をいっぱい見せてくれました。ちなみにお子さんは、E君(もうすぐ5歳)の上に小学校5年生の息子君もいます。

ご主人も公園でよく見かけるんですが、見るからにスポーツマンって感じの方なんで、何をしている人なのか聞いてみたところ、クマちゃんが最近はまっているとあるスポーツのプロ選手であることが判明これにもかなりびっくりしました

同じアパートに住む、このスポーツの愛好家たちを集めて一緒にこのスポーツを楽しむ企画も時々されているらしく、後でクマちゃんに話したところ、自分も参加したいとのことだったので、E君ご一家ともいろいろつながりができそうです。


ここに引っ越してきて、娘関係のママ友はホントにたくさんできたんですが(全員韓国人のママさんたちです)、同じ幼稚園でもなく、ただ毎日の公園遊びを通してできたこの2人のママさんたちは、私にとってはかなり一緒にいて居心地のいい(波長の合う)ママさんたち(Y君ママは78年生まれ、E君ママは79年生まれと2人とも私よりだいぶ若いですが・・・)。

今はみんな別々の幼稚園に通ってますが、小学校はみんな同じで同級生になるわけなので、今から仲良くしてもらえたらうれしいなあと思います。


E君ママは用事があるとかでちょっと先に帰ったのですが、私はその後もY君ママといろいろおしゃべりし、娘がピアノ教室から帰ってくるちょっと前の午後3時半頃までお邪魔してました。


インテリアといい、生き方といい、Y君ママを通して自分自身を振り返ることができた数時間だったような気がします。


正直、今まで娘関係のママ友に招待してもらって何軒かお宅訪問したけれど、そのときは、楽しいというより、娘の人間関係を考えて義務的に参加しているというか、会社の飲み会に参加しているような感覚に近かったんですが

今日のY君宅への訪問は、ホントに刺激になることが多くて、招待してもらってホントによかったです。


ママ友は、会社の同僚と同じようなもんで、「ホントに気の合う人に出会えたらかなりラッキー」、くらいに考えて付き合ってたけど、このようなお手本にしたいようなママさんに早々に出会えてホントにラッキーだなと思います

ちなみにこのY君ママは、学生の頃日本語も勉強していたそうで、バックパッカー的な旅行で日本にもよく行っていたそうです(謙遜だと思いますが、今は日本語はもうすっかり忘れてしまったと言ってましたが・・・)。
 



ランキングに参加しています。 
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。) 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします 

人気ブログランキングへ 

masakorea1213 at 02:18コメント(2)トラックバック(0) 
【娘】育児(4歳・5歳〜) | すてきな人々
気がつけばまたまたブログ更新が1ヶ月以上も滞ってました

あまりに久しぶりすぎて何から書けばいいやら・・・って感じですが、 

その間、ブログネタになりそうな出来事はいろいろあったんですが、一度ブログから離れてしまうとなかなか更新する気になれず、ホントにダメですね(更新しない間に、34日間もあった娘の夏休みもすっかり終わってしまいましたし


夏休み期間中は、結局、クマちゃんが新しい職場に異動したばっかりで休暇が取れず、旅行には行けずじまいでしたが、2回ほど子どもたちをプールに連れて行きました(同じミサ地区に住むクマちゃんの同僚家族も一緒に)。

息子が風邪を引いて調子が悪い期間もありましたが、娘の方は元気で、夏休み期間も美術教室&ピアノ教室には通ってました。

また、同じ幼稚園のお友達の家に招待され遊びに行ったりもしました。

あと、末伏(マルボク)の日にうなぎを食べに行ったり、クマちゃんの同僚家族と行動を共にすることも多かったなあ。

そして、8/25に娘の幼稚園の夏休みが終わって2学期が始まり、その数日後、クラスのお友達(美術を一緒に習ってるメンバー)を招待し、わが家でお好み焼きパーティー。

6家族(パパさん以外)とうちの家族(クマちゃん以外)を合わせて総勢18名の集まりでした

そうそうその2日前には隣のアパートに住む日本人ママさんと息子君2人もわが家に遊びに来てくれたなあ。

そしてその翌日、 私たちの住む河南(ハナム)市でこんなにきれいな虹が見えました

虹







※この写真からはわかりづらいですが、二重にかかった虹(쌍무지개)ということで、ニュースにも出たほどでした。


そしてこの頃から、韓国は急激に寒くなり、一挙に秋到来〜となったのですが、その後また少し暑さが戻りました。 


それと...

今年の夏はホントに暑かったんですが、義父母宅はクーラーもないし、ホントに暑いんで(というか、去年なんかはむしろ義父母宅が涼しくて涼みに行ってたくらいだったんですが、なぜか今年は異様に暑かった)、義母から「夏の間は来なくていいから」と言われ、約1ヶ月間一度も訪問せずでした(それまでは基本、週1回は訪問していた)。 

あと、子どもたちの毎日の公園遊びを通して、同年代?と思われる娘の幼稚園の友達のママさんとも連絡先を交換したりとお近づきになることができました 




 ランキングに参加しています。 
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。) 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします 

人気ブログランキングへ 

masakorea1213 at 01:15コメント(0)トラックバック(0) 
続・結婚生活 

2016年08月01日

7月27日(水)

この週は娘の通う美術教室がお休み(夏休み)ということで、一緒の教室に通う7名のうちの一人の子のママさんがみんなをお宅に招待してくれました。

うちの娘は美術以外にもピアノ教室に通っており、月曜日から金曜日まで毎日レッスンがあり、この日も午後1時からピアノ教室に行く予定だったのですが、せっかく招待してもらったし、こういった集まりは初めてでもあったので少しだけでも顔を出そうと行くことにしました。

今回招待してくれたCちゃんのお宅は隣のアパートで、まだ引っ越して来て1ヶ月も経っていないと思います。

午前11時頃から集まろうということだったので、私は子ども二人を連れて11時前くらいからぼちぼちと歩いて行きました。

Cちゃんママとは特別仲いいわけではないですが、これまでに子どもたちの公園遊びで何度もご一緒してるし、その関係でCちゃんの弟君のお下がりをわが息子にともらったこともあったりとそれなりにつながりもあり、私も何かお返しをしたいとも思っていたので、この機会にちょっとした手土産も持参することにしたのでした。

しかし、行ってみると、招待された6名(6親子)のうち、3名は来れないとのことで、しかも3名のうち2名は私にとっては比較的親しくしていた人たちだったので、「何かちょっと場違いな所に来ちゃったかな?」と思わなくはなかったですが(しかもゆっくり目に行ったつもりだったのに一番乗りだった)、娘も息子もCちゃんや他のお友達と楽しそうに遊んでいたので、「まあいいか」と思いながら過ごさせていただきました

しかも、『11時集合ということはお昼を一緒にってことかな?・・・ってことは多分、みんなで出前でも取ろうってことになるだろう・・・でもうちはピアノ教室があるから12時半から遅くとも12時45分くらいには帰らなきゃいけないし、食べてる時間なさそうだから、娘の分のおにぎりだけ用意して行っとこう(娘に何も食べささずにピアノ教室に送り出すわけにもいかないので)』と思って行ってたのですが、

Cちゃんママがみんなにこのような軽食を用意してくれていて(多分、うちの子がそのままピアノ教室に行くことも考えたうえでだったと思う)、

ブランチ







ちょっとびっくりしてしまいました

Cちゃん宅に着いたとき、Cちゃんママが何か料理をしていたので、みんな来るっていうのに何を慌しく作ってるのかな?と不思議に思ってたのですが、まさかみんなに出すために用意してくれていたとは・・・。

さすがは自分から招待するだけのことはあるなあと感心するとともに、自分もママさんたちを呼ぶことがあればそれぐらいはしないとダメなのだろうか?とちょっとプレッシャーも感じてしまいました

そして12時40分頃になり、もうすぐピアノ教室のバスが来るから、私たちは先にと席を立とうとしているとき、今日来れなかったDちゃんママ&Dちゃんが手作りケーキを届けに。

集まりには参加できないけど、Dちゃんパパ(プロの料理人さん)が作ったからと差し入れてくれたようでした。

見るからにおいしそうなケーキだったけど、私たちは帰るからと失礼しようとすると、Cちゃんママがすかさず少し切ってタッパーに入れて持たせてくれたのでした。

ケーキ







家に帰ってから、娘とクマちゃんと3人でいただきましたが、お酒の味が利いていてけっこう大人な味の濃厚なチョコレートケーキでした。


*********************

そして、数日後、今度はこの集まりに参加できなかった1人であるTちゃんママからみんなに招待が・・・。

今度はまたどんな集まりになるのかわからないし、うちはまたピアノ教室があるので、今度はみんなより遅れての参加になると思いますが、とりあえずせっかくのご招待なので行ってみようかなと思っています(まず間違いなく娘は喜ぶし、それとよそ様のインテリアもちょっと参考にしたい気もあるし←みなさん、新居なのでお互い興味持ってると思います

この集まりは、私以外のママさんたちの年齢が上が77年生まれ〜下は86年生まれと、私一人逸脱している感じで非常に恐縮なんですが、それにもめげずに参加してみます(ちなみに幼稚園の同じクラスの子のママさんの中に、自分と同世代?と思われる方が少数ながらいらっしゃいました。上に高校生や中学生のお子さんがいるという方たちで、はっきりと年齢は聞けませんでしたが、かなり親しみを感じましたできればそういう方たちとももっとお近づきになりたいです




ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 



masakorea1213 at 02:49コメント(0)トラックバック(0) 
京畿道河南市 | 【娘】育児(4歳・5歳〜)

2016年07月27日

またまたブログの更新がちょっと滞ってしまいました

その間、

7月17日(日) が発熱(39.2度) 

7月21日(木) 息子が発熱(40度)

と久々の病院通いをしました。

二人とも、病院では風邪ということでのどが腫れていると言われました(それぞれ別々の病院)。

娘の場合は、至って元気だったので私が娘の体に触れて、「熱っ」と感じるまで、高熱が出ていることに全く気づかず。薬を飲んでぐっすり寝て、熱も1日で下がりました。娘が熱を出したのは、記憶にもないくらい随分久しぶりのことでした。

息子の方は、最初に高熱が出た時点からぐったりしていて、薬を飲んで熱が下がるとよく食べて元気にしていましたが、夜になるとまた高熱が出るという日が3晩くらい続きました。息子は4月下旬に日本に帰省中に突発性発疹にかかり、そのとき以来の高熱でした。

*********************

それはそうと、

7月22日(金)〜8月24日(水)まで、娘の通う公立幼稚園(小学校の併設幼稚園)は夏休み。

そして夏休みに入る直前から、わが娘、前から習わせようと思っていたピアノ教室(韓国語では「음학학원=音楽学院」)に通い始めました。

先月から通っている美術教室(미술학원=美術学院)の方は週2回なので、ピアノ教室もそれくらいなのかなと思っていたら、ピアノはなんと月〜金まで毎日レッスンが・・・

日本の感覚だと、週1回習いに行って、後は毎日家で練習という感じですが、韓国の場合は毎日1時間教室で練習する代わりに、家では特に練習しなくてもいい・・・というわけで、早速ピアノ買わなきゃダメかなと思っていたのですが、その必要もないようです。

実際、教室を見学に行きましたが、ピアノが置いてある個人の練習部屋が10個ぐらいある他、グランドピアノも2台置いてありました。

教え方も、「音楽学院」という名のとおり、ワークブックっぽいものを使って理論もきっちり教えてくれるみたいでした(別の教室ですが、娘の幼稚園の友達が見学に行ったところ、「まだハングルを習得していない子は教えられない」と言われたそうなのですが、その理由がわかったような気がしました)。

また、週一回はピアノ以外の楽器や童謡、国楽(韓国の伝統音楽)、ナンタ、その他の音楽鑑賞の時間などもあるとのことでした。

あと、特にこの地域は車がないとけっこう移動が大変なので、このような塾や習い事の教室は通学バスの運行が必須。まず、これがないと生徒の獲得は難しいということで、どこの教室も専用バスで送り迎えしてくれるのが基本です。

だからこの地域では、午後になるといろんな教室の黄色い通学バスがあっちにもこっちにも目に付きます(テコンドー、英会話教室、美術教室、ピアノ教室、数学などの塾などなど)。

普段は、幼稚園が終わった後、そのまま美術教室かピアノ教室に行くこととなるわが娘。

なので、どちらかの教室の先生が幼稚園の入口で待っていて、そのままバスに乗せて教室に連れて行ってくれます。

幼稚園にも連絡済なので、母親の私は幼稚園まで出向く必要がなく、幼稚園の先生からダイレクトに習い事の先生へと引き継いでもらうことになります。

そのように幼稚園からそのまま習い事の教室に行く子どもたちは大勢いるので、いつも幼稚園の終わる時間(午後1時)になると、お迎えに来たお母さんたちに混じって、習い事の先生たちが幼稚園前で待機している姿が見られます(これは、引越し前に通っていたオリニチプでもよく見かけた光景でした)。

ちなみに美術教室のある日は、娘はその後、ピアノ教室の方へ行くのですが、美術教室とピアノ教室はお向かい同士のビルにあるので、ピアノ教室の先生がお向かいの美術教室まで娘を迎えに行ってくれます。

なお、今は夏休みなので、往きも帰りもアパート(マンション)の前までバスが来てくれます。


そんな感じで、長い長い夏休み期間ではあるものの、今のところ、毎日一応習い事には行っているわが娘(美術教室は今週のみ夏休みです)。

でも、ピアノは毎日とはいっても1時間だけなので、私もアパート前まで送り迎えに出たり入ったりとけっこう慌しいんですが・・・(行ったかと思ったら、すぐに帰ってくるので)

とりあえず、娘が喜んで通ってるので(特にピアノ教室)、行かせてよかったかなと思ってます。






ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 

masakorea1213 at 01:43コメント(0)トラックバック(0) 
京畿道河南市 | 【娘】育児(4歳・5歳〜)

2016年07月15日

河南(ハナム)市の貂暫篭茲飽っ越してきて早2ヶ月。

ソウル市江南区に住んでたときと何が違うかって、毎日のようにどんどん増えるママ友の数

※ちなみにこちらに引っ越して来て、日本人のお友達(韓国人男性と結婚して韓国に住んでいる日本人女性)もいろんなつながりを介してできました。みなさんお子さんもいらして、中でもうちの子どもと年齢も同じくらいという方々とは子どもも一緒に仲良くさせていただいてます。しかし、日本人のお友達は子どもを通じて知り合ったわけではないので、ママ友とはちょっと違うかなと思っています。

娘が毎日2〜3時間、アパート内の公園および、最近は隣のアパートの公園にまで進出して遊ぶため(息子も毎日同じだけ遊んでいます)、それに伴って私も公園で出会うママさんたちと顔見知りになり→話すようになり→連絡先交換みたいな流れになることが多いのです。

友達になるパターンは、

1.娘の幼稚園の友達ママさん

2.幼稚園は違うが娘と同い年の子どもがいるママさん
(※将来、同じ小学校に通うことになるであろう子どものママさん)

3.年齢は上下1歳ぐらい違うが娘と仲良くなった子どものママさん

といった感じ。

私は、ママ友のみならず、人付き合いは嫌いではないけど、めちゃめちゃ積極的というわけでもないので、私一人の力ではママ友作りは絶対苦戦しそうなのですが、娘が割りと誰とでもすぐに仲良くなるというか、無難によく遊ぶタイプで、けっこうママさん受けがいいので、その恩恵を受けて私もママさんたちとお近づきになれることが多く、まさに娘さまさまです


まあ考えてもみてください。

高齢ママで、外国人(韓国語ネイティブではない)、しかもそれほど積極的で堂々とした性格でもないときたら、韓国人ママばっかりの中でのママ友作りはそんなに簡単ではないですよ。

しかし、娘の性格のおかげで、いろんなママさんたちと話す機会が多いのはホントに有難いこと。

ただ、一見して外国人とわかる容姿ではないので、韓国人のママさんたちには外国人と認識されないまま、普通に話しかけられることが常。しばらく会話をしていても外国人であるとバレないことが多いが、ずーっと隠し通せる自信はないので、相手に「(発音とか言い回しとかが)なんか変」と不信感を抱かれる前に早めに日本人であることを打ち明けたいが、どのタイミングで打ち明ければいいのかいつも対処に困っている(心の中で葛藤をしている)、そんな感じです。

もちろん仲良くなったママさんたちには、どこかのタイミングで日本人であることを言ったわけですが、けっこういつ言うべきかっていうのがママさんたちとの会話においてストレスになっています。

う〜ん、でもいちいちめんどくさいので、なんか変と思われてもいいから、明日からは堂々と会話しよう、なんて思ったりもするんですが・・・




ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 02:07コメント(0)トラックバック(0) 
京畿道河南市 | 韓国語

2016年07月09日

先日終わった、tvNで放送されていたドラマ「また!オ・へヨン(또! 오해영)」の中で使われていたこの曲が最近のお気に入り


김이지/흩어져




このドラマのOSTはどれも割りと好きでしたが、特にこの曲が一番自分好みでした





それから、ここからは簡単なドラマの感想ですが、若干ネタバレ有りですので、これからドラマ視聴という方はご遠慮いただいた方がいいかもしれません(あまり詳しくあらすじなどは書きませんが・・・)。





私はドラマの放送が始まってしばらくしてから、すごく人気があるというのを知ってネットで視聴し始めたのですが(tvNドラマ史上、最高視聴率を記録したと聞きました)、

第1回は正直、あまり面白くなかったです

エリックが少し先の未来が見える設定なんですが、ハリウッド映画にもそんな設定あったよなあなどと思いながら見てました(後で調べてみたら、ニコラス・ケイジ主演「NEXT」だとわかりました)。

でも、今すごく人気のドラマということで、きっとだんだん面白くなって来るに違いないと最初の方はちょっと我慢しながら見てたのですが、確か第2回くらいからだったと思いますが、本当に面白くなってきました。

「また!オ・へヨン」という題名の意味や、오해(オヘ=誤解)から始まって複雑に絡まった人間関係など、今までの韓国ドラマにない斬新なストーリーにもワクワクさせられました。

しかし、最後の方(特に主役の2人が結ばれてから)は、ただのラブコメみたいになってきて、エリックが少し先の未来が見えるという設定も「それいる?」とちょっと疑問符が頭をよぎりました。

・・・というわけで、最後の方は無難なハッピーエンドで丸く収められてしまって、なんだかなあという感じでしたが、ま、途中はとても面白くて楽しめました きれいなオ・へヨンとただのオ・ヘヨンの対比とか特に。

あとは、エリックの姉のイェ・ジウォンの出てくる場面がくどすぎてちょっと辟易だったかな・・・(この人、いい役するときもあるけど、こういうわけわからんキャラ設定もけっこう多いんだよなあ)。


以上、超簡単&超個人的感想でした




ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 02:01コメント(0)トラックバック(0) 
韓国で見るドラマ☆ | 韓国で聴く音楽♪

2016年07月07日

6月26日(日)

ほぼ毎週末行っているシデク(義父母宅)。

そのすぐそばにスンデック屋さんがあり、育児疲れの嫁に精をつけるためなのか(?)、シオモニ(義母)が時々私だけそこへ食べに連れて行ってくれます。

いつもだいたい、シオモニがわが息子をおんぶし、さらに娘も同伴して私をお店まで連れて行き、スンデックを1杯注文した後、支払いを済ませると私一人を店に残し、子どもたちを連れて帰って行かれます。

というのも、シオモニはスンデックが嫌いで食べられないから。

ちなみにクマちゃんも嫌いなので、私はいつも一緒に食べる人がいないのです

ですが、今回は、娘にも一度食べさせてみたら?ということになり、娘も一緒にお店に残ることに・・・

さらに、今回は娘も食べるからということで、スンデックのほか、スンデの盛り合わせ(?)も頼んでくれました。

スンデ1







スンデ2






↑こちらがスンデ(豚の腸詰)の盛り合わせ

スンデ3






↑こちらはスンデック(豚の腸詰入りスープ)

※なお、スンデックにはスンデだけでなく、豚の肉(頭肉、耳、内臓などらしいです)も入っています。


こんなふうに説明文を書くと、なんかグロい感じがしますが、全然そんなことなく、私は好物です


ところで、5歳のわが娘の反応ですが・・・

まず、スンデの盛り合わせの方は、中にちょっと辛いのもあり、辛くないものを選んで2切れほど食べてましたが、特に抵抗はないようでした。

そして、スンデックの方は、スープの中にご飯を入れて混ぜ混ぜして食べたのですが、普通においしく食べてました。


そういえば、このお店のスンデック、いつもは最初からスープの中にコチュジャンが入っていて、子どもが食べるには辛いかなという感じなのですが、この日は娘も一緒だったので、コチュジャンは別の小皿に入れて出してくれました。

何かと食べ物の好みが似ている私と娘

もし息子も大きくなってスンデやらスンデックが好きだと言ったら、クマちゃんには悪いけど、3人で食べに行きたいなあなどと妄想しながらスンデックを堪能

さすがに5歳の娘と二人でスンデの盛り合わせまでは食べ切れず、残りはテイクアウトにしてもらいました。


わずか5歳でもうスンデデビューとは驚きですが(←食べさせといて何ですが)、韓国では普通なんでしょうかねえ。。。





ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 01:26コメント(0)トラックバック(0) 
【娘】育児(4歳・5歳〜) | 美味いもの

2016年06月30日

毎日娘&息子を連れての外遊び。

1時間半〜2時間は基本

体力的にかなりキツイ

でも、子どもたちは大喜びなので、雨天でない限りは(それと特別な用事がない限りは)極力付き合うようにしてます。

ま、おかげでママ友もできたりと家にこもってるより自分自身もいいかなとは思ってるんですが・・・


そんな毎日なのですが、今日(6月29日)は外遊びの際、ちょっと胸の痛むというか、心苦しい出来事が・・・

アパート内の遊び場(子ども用の遊び場ではない)で、ちょっとしたトラブルがありまして・・・

娘が遊んでいる運動器具を使いたくて隣で待っていた男の子が待ちくたびれて娘を足で蹴ってしまったのです。

待たせているという意識が全くなかったであろうわが娘はびっくりして泣いてしまい、その様子を見ていた男の子のお母さんは慌てて飛んできて、男の子を叱責。

わが娘に「謝りなさい」と叱り付けるも謝るどころか逆に泣きじゃくる男の子

※ちなみに娘は平均より背が高く体が大きいので、男の子のお母さんはうちの子の方が年上だと思い、「お姉ちゃんに謝りなさい」と言っていましたが、実際は、同い年だったかもしれないです。

確かに、蹴ったのはよくなかったけど、早く遊びたくてイライラしていた気持ちもわかるので、「早く代わってあげたらよかったのに、長く待たせてしまったこっちも悪かったのよ」と私が横からフォローするも

「いえいえ、うちの子が悪いんです。」とあくまでも男の子を叱り付け、何としても謝らせようと必死になるお母さん。

そのうちわが娘も泣き止み、私が娘に「待たせたのが悪かったんだし、許してあげようね。」というとあっさりうなづいたので、

「もう大丈夫なのでそんなに怒らないであげて、こっちも待たせたのが悪かったんだから」と私がそのお母さんに言うと、

テコでも謝らない男の子を見て、シクシクと泣いてしまったお母さん

いやいや、そんなお母さんまで泣くほど大事でもないのに・・・

ここで、何としてでも謝らせないと子どもの教育上よくないと思ったのかしら。。。

幼稚園の制服を着ていた男の子。きっといい幼稚園に通ってるんだろうなあ。

下にまだ小さい子もいたし、お母さんも子育てに手一杯で、きっとお疲れで思わず涙が出てしまったのかもしれない。

いっぱいいっぱいなのは私も同じだけど、まだ小さい子どものことだし、こういうこともあるよ、だからあまり思いつめないで、気にしないでと言いたかった。

いかんせん、私にとって韓国語は外国語なので、こういう場合、どんな風に言えばいいのかわからず、言いたいことが十分に言い表せなかったけど、ホントに必死に叱ってるお母さんも叱られてる男の子もかわいそうで胸が痛かったです

これが、逆の立場で、蹴ったのが自分の子どもだったらやっぱり自分もそんな風に自分の子どもを叱り付けてたでしょうか・・・???

ああ、待ちくたびれてる男の子を見て私が娘に一言「代わってあげたら」と言っていたら、こんなことにならずに済んだかもしれないのに・・・と反省

その後、お母さんが私たちに何度も「ごめんなさい」と言いながら、2人の子どもを連れて帰っていった。

この後、夕食の時間にはお母さんも男の子もどうか笑顔になってますように。

一方、わが娘はもう何事もなかったかのようにケロッとしていて、別のお友達と遊んでる。

ホントに悪いことしちゃったなあ。。。

 

ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 03:13コメント(0)トラックバック(0) 
【娘】育児(4歳・5歳〜) 

韓国の公立幼稚園(小学校の併設幼稚園)に通うわが娘。

毎日、午後1時には家に帰ってくるので、その後がホントに長いーっ

ということで、今、同じクラスのママさんたちの間では、子どもを何かの教室に通わせようといろいろ探してる人たちが多く、その情報交換が非常に盛んです。

うちは当初は、ピアノ、英語、水泳あたりを考えていたんですが、

ママさんたちの情報をもとに、クラスの子が最も多く通う美術教室(미술학원)にわが娘も通わせることに・・・

引越し前に通っていたオリニチプ時代から、わが娘はお絵描きが大好きで、けっこう面白い絵(幾何学的な独特な絵)を描いたりと「そういう方面を伸ばしてあげたらいいかもなあ」と頭の片隅では思ってたのですが、当時はクマちゃんが、「英語幼稚園」に通わせることも検討したりと、英語教育を重視していたため、美術までは手が回らない感じだったのですが・・・

その後、クマちゃんが職場の先輩(娘さんがKAISTに通っている)やその他、周りの子育ての先輩たちにいろいろ話を聞いて考えが変わってきたようで、英語の早期教育よりも子どもの創造力を伸ばしたり数学的思考ができるような教育に関心が傾いてきてるようでして・・・

「美術教室にもぜひ通わせよう」ということになり、行かせることになりました(クマちゃんもわが娘が面白い絵を描くことにも以前から注目していた)。

1回80分、週2回の授業で、まだ2回しか行ってませんが、娘はとても喜んで通っています

ちなみに今現在、娘を含め、同じ幼稚園のお友達6人が一緒に習っているのですが、来月からはもう1人増え7人になるそうです。

今までは送迎をお友達のママさんにお願いしてましたが、7月からは教室の車で送迎もしてもらえるとのこと。

これが娘の創造力を伸ばす一助になるかどうか等、あまり壮大なことは考えず、とりあえずお友達と楽しく家ではできない遊びをたくさんできたらいいなあと思っています。




ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 



masakorea1213 at 01:58コメント(0)トラックバック(0) 
【娘】育児(4歳・5歳〜) 

2016年06月24日

新しいアパートに引っ越してきてかれこれ1ヶ月以上。

娘の幼稚園のお友達のほどんどが同じアパートに住んでいるので、そのママさんたち(あるいはパパさん、おじいちゃん、おばあちゃん)ともアパート内でよく顔を合わせ、あいさつを交わしたり、世間話をしたりという人が増えてきている感じなのですが・・・

その人たち以外にも、住民の多くが子育て世代なので、アパート内の遊び場で偶然一緒になった、娘や息子と同い年の子の親御さん(あるいはおじいちゃん、おばあちゃん)たちともあいさつを交わしたり、世間話をしたりすることが多く・・・

と見知った顔がだんだんと増えてきているところなのですが、そんな中でもまた違った意味で重要なのがお隣さんや上階、階下の住民とのおつきあい。



うちの場合、まず親しくなったのが、階下にお住まいのご家族でした。

というのも、引っ越して早々、「足音がうるさい」という苦情を言って来られたから(といっても怒鳴り込まれたわけではなく、至って穏やかな口調で・・・

最初に対応したのはクマちゃんで、訴えて来られたのは階下のご主人(30代前半ぐらいの私たちよりだいぶ若いお父さん)。

その後、改めてクマちゃんが娘を引き連れ、菓子折り(←ちょうど日本で買ってきたばかりだった名古屋銘菓「ゆかり」)を持ってお詫びに行ったりして、それがきっかけでクマちゃんとご主人がアパート内で顔を合わせると世間話をするようになり・・・

そしてそのうち、アパート内の遊び場で階下のご夫婦&娘ちゃん、私たち家族が一緒になり、初めてみんなでごあいさつ。

娘ちゃんはもうすでに2歳を過ぎていてだいぶしっかりした感じでしたが、一応わが息子と同い年ということで(娘ちゃんは4月生まれ、わが息子は12月生まれ)、お互いになんとなく親近感も沸き、それに、奥さんの方はうちの足音のことも大して気にしていないような口ぶりだったりもして、その後は顔を合わせるたびに世間話をしたりする感じになったのでした。

でも、その数日後、すっかり安心しきっていたところ、ご主人がピンポーンとわが家の玄関前に上がって来られたので、また苦情を言われるのかとドキーっとしながら、今度は私が対応

しかし、今度は苦情ではなく、先日差し上げた「ゆかり」ちゃんがとってもおいしかったとかで、お返しにとお菓子を買って持って来られたのでした


次にお隣さんですが・・・

お隣の奥さんとは、私たちが引っ越して来てまもなく、玄関先で顔を合わせたのであいさつし、韓国の年(数え年)で7歳と5歳の娘さんがいるというのは知っていたのですが、その後、アパート内ですれ違った際にあいさつするくらいでゆっくり話す機会もなく・・・

でも、クマちゃんはその後、お隣の奥さんと玄関先で顔を合わせて世間話をしたとかで、「けっこう話しやすい、感じのいい人だったよ」と言うのは聞いていました(お隣さんも階下の住民に足音がうるさいと言って来られたと話していたのだとか)。

しかし、見たところかなり若いママさんだし、仲良くできるだろうか・・・と私は内心、不安というか、「お隣さんだし、ある程度親しくなれたらうれしいけど、どうかなあ・・・」という感じで思っていました。

そしてその後、めったに一緒にならないのに、というかそのとき初めて玄関横のエレベーターで一緒になり、必然的に会話をすることに。お互いに子どもたちを連れて遊び場に行くところだったので、そのまま一緒に遊び場へ。

そしてしばらく世間話をしたのですが、ほんとにクマちゃんの言うとおり、年齢差はあるけどすごく話しやすい人で、その後、わが息子がじっとしていないので、仕方なく会話を終了させてしまったけど、そうでなければもっとゆっくり話がしたいなあと思うほど、とっても感じのいい人でホントに安心したのでした(「今度、お茶でもしに来てください〜」って言ってくれていた)。


そして、上階の人はというと・・・

実は、上階もけっこう当初から子どもの走り回る足音がうるさく・・・

でもまあ、子どものことだし、うちは階下から苦情を言われたけど、うちは上階へ言いに行くのはやめとこうとクマちゃんと話してたんですが・・・

しかし、だんだんとエスカレートしだし、夜中でもお構いなしにドンドンと飛び跳ねる音が聞こえるようになって来たので、さすがの無頓着な私でも「これはないな」と思えるレベルに

そしてとうとうクマちゃんが上階へ・・・

クマちゃんの話では、けっこう太った小学生くらいの子が2人いて、その家の奥さんに「あと1ヶ月くらいで引っ越して行くので、それまでできるだけ静かにさせるが、多少うるさくてもあと少しなのでがまんしてほしい」的なことを言われたのだとか。

そしてその後、しばらくは何も改善されることなく相変わらずうるさかったのですが、ここ何日かはなぜかとっても静かで何の物音も聞こえません。

少し前に、クマちゃんが言ってた太った小学生の一人と思われる子を見かけたので、まだ引っ越してはないと思うのですが・・・。

この人たちが引っ越した後、上階にどんな人が来るのかわかりませんが、今のところ、お隣さんと階下の住民はいい人そうなので、まあよかったなあと思っています。




ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 



masakorea1213 at 03:15コメント(0)トラックバック(0) 
続・結婚生活 

2016年06月22日

ソウル郊外に引っ越してきて1ヶ月ちょっと。

最近は、

朝、7:00前後 起床 娘か息子のどちらかが起きるともう一人も起き、必然的に私も起こされる

8:00頃    朝食、その後、着替え等身支度

8:40頃    娘を幼稚園に送りに行く(息子は抱っこ紐で抱っこ)

9:00前頃   帰宅。クマちゃんが家にいない日はNHK「あさイチ」を見ながら、息子の相手をしつつ    家事

10:00    クマちゃんがいない日はNHK「みんなの体操」を見ながら、体操する

         その後、息子を昼寝させ(早いときはすでに9時半頃から昼寝)、眠いときは自分も一緒に寝る。

12:00頃〜  昼食(息子も起きていれば一緒に食べる)

12:50頃   娘を幼稚園に迎えに行く(息子は抱っこ)

13:00すぎ  帰宅(帰り道、アパート内のスーパーに寄ることも)

         帰宅後、娘→おやつ 息子も昼食がまだのときは昼食

         最近は暑いので家で遊ぶ(その間、私は夕食の準備)

16:00頃〜(あるいは17:00頃〜) 外遊び(※だいたい2時間ぐらい)

アパートに引っ越してから娘にはキックボードを買ってあげたので、毎日思いきり乗り回し、またアパート内に3箇所子ども用の遊び場(놀이터)がある他、それ以外にも遊ぶ場所がいっぱいあるうえ、幼稚園の友達その他、遊び相手には不自由しないので、この時間が娘にとって一日のストレス発散タイムのような感じになってます。

一方、息子はベビーカーがあまり好きじゃないので、いつも私が抱っこ紐で抱っこして移動。子どもの遊び場では大きい子用の滑り台にも一人で上っていって滑れるほど公園遊びにも慣れてきました(もちろん、私がぴったり張り付いてないとダメですが・・・)。

18:00頃(あるいは19:00頃) 帰宅(アパート内を練り歩いたり、遊び場で思いきり遊び、私も毎日クタクタ状態

なお、余談ですが、前回シオモニ(義母)が来られたとき、この恐怖の外遊びを私に代わってシオモニが引き受けてくださったのですが(ちなみに息子はポデギでおんぶ)、想像以上のしんどさで、それ以降、うちへ遊びに来られてません(私たちが、義父母宅には行ってますが)。

それと、このしんどさを味わわれて以来、私をやけにいたわって下さるような気がしてます(「子ども2人見るというのは並大抵のことじゃない」と言いながら・・・)。

実際、クマちゃんが休みの日は、クマちゃんも外遊びに付き合ってくれたりしますが、クマちゃんも1人で2人を見るというのはしたことないので、その大変さは味わってないはずです。

ホント、義父母が理解してくれているというのは有難いことです(義父も遊びに行くといつも私をいたわってくださいます)。

→夕食  

20:00頃〜  娘、息子、私の3人でお風呂

21:00〜22:00頃  歯磨き→絵本読み聞かせ(というか、娘と二人で一文ずつ交互に読むことが多い)→子どもたち就寝(※早ければ21:00すぎには寝ていることも)

それ以降、家事が終われば私の自由時間


なお、引越しに伴い、クマちゃんが、食洗機や洗濯物の乾燥機などを買ってくれたので、家事は前よりはやや軽減されてると思います。 


まあ、その日によって多少スケジュールは変わりますが、だいたいこんな感じの毎日。

幼稚園が13:00終わりなので、その後が長〜〜〜〜〜い(※前の家でオリニチプに通ってたときは、16:00か17:00くらいまで帰って来なかったので)

幼稚園ママさんたちの情報などをもとに、娘には近いうちに習い事をさせようと考え中。 

それに幼稚園は夏休み、冬休みもバッチリあるし、ホント何して過ごそうか悩みどころです




ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 03:02コメント(2)トラックバック(0) 
続・結婚生活 

2016年06月20日

新しいアパート(日本でいうマンション)に引っ越してきて早1ヶ月。

娘も幼稚園でたくさんお友達ができ(ほとんどが同じアパートに住んでいる)、それ以外にもアパート内の公園で同年代の子と出会うとすぐに仲良くなって一緒に遊ぶことが多く、

引っ越し前は、娘が新しい環境に馴染むかどうか、それが一番の心配事項でしたが、娘が前の家や前に通っていたオリニチプを恋しがるようなこともなく、新しい環境に順応してくれているのでホッとしているところです

また、新しい引っ越し先での暮らしぶりについてもおいおいブログにアップしていくつもりですが、今日は趣味のドラマ鑑賞のお話を・・・

*********************

この半年に見たドラマの簡単な感想とランク付けです。


◎毎回面白くて続きがホントに楽しみだったドラマ

重版出来(じゅうはんしゅったい)!(全10話)

私 結婚できないんじゃなくて、しないんです(全10話)


◎あまり期待せずに見たが、けっこう面白かったドラマ

お義父さんと呼ばせて(全9話)


◎突っ込みどころも多かったが、概ね面白かったドラマ

あさが来た(全156話)


◎まあそれなりに面白く、途中で挫折することなく最後まで見れたドラマ

ダメな私に恋してください(全10話)

スミカスミレ 45歳若返った女(全8話)


◎残念ながら途中で挫折してしまったドラマ

とと姉ちゃん(第1週で挫折)

ゆとりですがなにか(第1話の途中で挫折)

僕のヤバイ妻(第4話の途中で挫折)


◎現在、視聴中のドラマ

沈まぬ太陽

또! 오해영(また!オ・へヨン)



以上、韓国にいながら、見てるのはほとんど日本のドラマですが、下半期もまた面白いドラマに出会えたらいいなあと思っています



ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 








masakorea1213 at 01:09コメント(0)トラックバック(0) 
韓国で見るドラマ☆ 

2016年05月19日

ご無沙汰しております。

4/18〜5/12まで、子どもたち2人を連れて里帰りし(息子にとっては初めての日本)、

その間、5/4にクマちゃんが引越しをしてくれ(当初の計画では5/6に引越しするつもりでしたが、その数日前に急きょ5/6が臨時公休日となり、銀行が休業となったため、5/4に慌てて変更する事態に)

5/8には私と子どもたち2人を迎えに来るべくクマちゃんも来日。

そして、娘の幼稚園の関係で5/12に韓国へ戻り、引越し先での新生活がスタート。

娘は翌日より新しい幼稚園に通い始めました。

幼稚園は新居のすぐ目の前の公立小学校の併設幼稚園です。

新居は、京畿道河南(하남、ハナム)市にあるニュータウンなので、幼稚園もこの5月に新設されたばかりです。

新しくできた町なので、まだまだ不便なところも多いですが、2〜3年の間に地下鉄も開通したり、これからどんどん便利になっていくと思うので、今はそれを楽しみにしています。

京畿道ということで、ソウル市民ではなくなったわけですが、隣の隣のマンションはソウル市になるので、ホントにソウルとの境界線に近いところ(東隣)に位置しています。

やはり新築のマンション(韓国ではアパートという)ということで、子育て世代が多く、私たちもやはり子育てに適した場所と考えてこの地に引越しして来たのですが、

ちょっと郊外というだけで空気もいいし、都会の真ん中に長くいたのでゴミゴミしてなくて子どもの遊び場もたくさんあっていいところがいっぱいですが、その一方で、これからママ友関係なんかもここで構築されていくのかなと、考えると上手く馴染めるのかなと不安な部分も当然あります。

とにかくここで子どもたちが生き生き、のびのびと暮らし成長していけることを第一に。私も楽しく暮らしていけたらなあと思っています。

masakorea1213 at 22:54コメント(2)トラックバック(0) 

2016年04月09日

またまた久々の更新です


2月末で娘がオリニチプをやめてから、子どもたち2人をうちで見ている毎日。

朝・昼・晩、2人に別メニューの食事を用意したり、2人を見ながらの家事、2人を連れての買い物、そして、最近はだいぶ暖かくなってきたので、ほぼ毎日2人を連れて公園に行くなど・・・

まあ、さすがに慣れてきましたが、しんどいです


そもそもなぜ2月末の学期変わりでオリニチプをやめさせたかというと、当初の予定では4月に引っ越しでそれまでの1ヶ月ほどを子どもたちを連れて日本へ里帰りしようと思っていたからなんですが・・・

引っ越しの日にちが以前から「4月」とは言われていたものの、4月のいつなのかなかなかわからない上、引っ越し先での娘の幼稚園(公立)の申し込み&抽選日のこともあったりで(いつ行われるのかなかなか公示されず)、ホントになかなか予定が立てられず、身動きが取れない状況のまま3月が終わってしまった感じでした

そんなことなら早々にオリニチプをやめさせることもなかったんですが・・・。

ようやく、今日(4月8日)、引っ越し先での幼稚園への入園の目途がついた(おそらく入園できる)ので、来週には里帰りの計画を立てられそうです。


ちなみに引っ越し日は5月6日に決まり、私が子どもたちを連れて帰国することになれば、引っ越しはその間にクマちゃんが一人で済ませてくれることになっています(もちろん、荷物の運搬は引っ越し業者に頼みますし、当日は義父母も手伝ってくれると思いますし、もしかしたら友人も来てくれるかもとのことです)。


*********************

備忘録として、オリニチプをやめてからのこの1ヶ月ちょっとの間にあった主だった出来事を書いておこうかなと思います


3月1日  義父母宅にて、義父のお誕生日のお祝い(クマちゃんの姉妹家族と集まる)

3月11日  日本人の友人Oさんが遊びに来てくれる

3月18日  引っ越し先のアパート(日本でいうマンション)の内覧会

3月21日  息子、予防接種の後39度近い発熱

3月27日  日本人の友人Mさんと息子のTくんが遊びに来てくれる

3月29日  娘と幼児日本語教室に初参加

4月5日  引っ越し先での幼稚園入園申し込み、ミサリ漕艇競技場へ遊びに行く

4月7日  韓国人の友人Sが遊びに来てくれる


※ちなみに約1年前、産後の体力低下のため私が体調を崩して以来、週末(土日)のいずれかは義父母宅へお邪魔するというのがほぼ決まりのようになっています。

※何も予定のない日は近所の公園で子どもたちを遊ばせることが多いのですが、夕方に行くと娘のオリニチプ時代のクラスメイトに出会うことが多く、一緒に楽しそうに遊ぶ姿を見ると余計に早くやめさせたことが誤算だったなと悔やまれます




ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 01:18コメント(1)トラックバック(0) 
続・結婚生活 

2016年02月26日

2月26日(金)

今日で娘が4年間通っていたオリニチプ(어린이집、=保育園)を退園しました。

※韓国は3月から新学期(新しい学年)が始まるので、2月が1年の締めくくりです。

2012年3月、娘が1歳になって間もない頃から通っていた区立のオリニチプです。

※初登園の日のお話はコチラ

通い出した頃は今から思えばまだ赤ちゃんでしたが、ここでいろんなことを教わったり、体験させてもらったりしてホントに大きく成長しました。

また、家から歩いて5分ほどという立地条件にも恵まれていたのと、母親が専業主婦でしかも子どもが1人しかいなくても預かってもらえたので、ほぼ1人で育児をしていた私は大いに助けられました。

引っ越しがなければ小学校入学まで通わせてもいいかなと思うくらい気に入っていたし、ホントに安心して預けられる園でしたが(引っ越しがなければ息子も預けたかったです)、引っ越しがあるのでやむを得ず退園。

引っ越し自体はもちろん望んで行くわけですが、オリニチプだけは今の土地で満足していたのでそれだけがちょっと残念です。

4年というと、私の韓国での大学生活(2年)よりも職場生活(3年半)よりも長かったので、明日からもう行かないと思うとちょっとした喪失感のようなものさえ感じました。

ま、娘の長い人生の中でこんなに幼い時期の数年なんてあまり記憶にも残らないかもしれないですが、母親の私にとっては初めての育児で経験した貴重な数年だったので、きっとずっと記憶に残るだろうなと思います。


いよいよ引っ越しまであと約2ヶ月。

新しい引っ越し先で娘が幼稚園に通い出すまで、しばらく家で娘&息子を見ないといけないので大変ですが・・・(その間、1ヶ月ほど日本への里帰りを計画中です)。


また新しい土地でいっぱいいい出会いがあるといいなあ。。。


発表会











昨年末の歌の発表会の日に撮った写真です




ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 23:58コメント(0)トラックバック(0) 
【娘】育児(4歳・5歳〜) 

2016年02月15日

先日、2月8日で満5歳になったわが娘(※韓国では数え年なので6歳です)

現在、彼女が夢中になっているのは・・・漢字

ハングルも特に教えなくてもあっという間に覚えてしまい、読むのはもちろん、書いたり、パソコンやスマホでの文字入力もちょっと教えたらすぐにできるようになりました。

さらに、日本語や英語にも興味があるし、この子は言語に関心が高いなあと思ったので、きっと漢字も教えたら覚えるんじゃないかと思い、昨年の年末頃だったか、まずは手始めに簡単なこちらの漢字カードを購入し、娘の反応を見ることに。。。

漢字カード1












韓国の漢字検定8級に対応している、簡単な漢字50字が覚えられるカードです。

(※8級:未就学児または小学生の学習の動機づけのための級 미취학생 또는 초등학생의 학습동기 부여를 위한 급수)

やはり思った通り、娘はみるみる漢字のとりこになってしまい、50字では物足りなくなり・・・

次に購入したのがこちらのカード

漢字カード







漢字検定8級(黄色)、7級(ピンク)、6級(緑)に対応しており、全部で300字覚えられます。

しかし、ネット購入したので、実際に手に取ってみると思ったよりも味気がないというか、今までポロロの絵が描いてある大判のいかにも子ども向けのカードだったのに、いきなりこのお勉強モードというか、中学生くらいの子が使ってもおかしくないような文字ばっかりのカードだったので、これではわが子の興味が逆に失せてしまうのではと思い、一度は娘に渡したものの、やはりもう少し遊び心のあるカードを探して再購入することに・・・

ということで、買い直したのがこちらのカード

漢字カード3






漢字検定7級に対応しているGO FISH漢字カードというボードゲームです。

50枚ずつ色分けされたカードが4セット入っているので、4通りのゲームができます。

漢字カード2












このように毎日カードゲームで遊んでいるうちに7級の漢字もあっという間に覚えてしまいました。

(※7級:漢字の勉強を初めて行う人のための級 한자 공부를 처음 시작하는 분을 위한 급수)

ソルラル(설날、旧正月)の時も、ハラボジ(할아버지、祖父)やコモブ(고모부、伯父)、サーチョンオッパ(사촌 오빠、従兄)などに相手になってもらって何度も何度もやっていました。

ちなみに先に買ってきた味気ない仕様のカードの方も、娘はけっこう気に入ってまして、あれはあれで活用しており、覚えた漢字の確認をしたり用例を見たり・・・。

また、もうすでに7級まで覚えてしまったので、この味気ないカードの緑色のカードを使って、今は6級の漢字を覚えています。

(※6級:基礎漢字の書き取りを始める級 기초 한자 쓰기를 시작하는 급수)

漢字カード3







新しい漢字はこのように自分で電子辞書(옥편、玉篇=漢字辞典)で調べてはります。

電子辞書の使い方を覚えて以来、カードにない漢字も私に質問しながらどんどん調べています。

さらに、熟語もいろいろ質問してくるようになり、そちらは電子辞書に入っている国語辞典で調べる方法を教えたところ、面白がってこれまた毎日いろいろと調べて遊んではります。

また、カードを見ながら自分でも実際に漢字を紙に書いたりもしています(筆順も私に聞いてくるので、その都度教えています)。


とにかく、最近は漢字が一番面白いようで、電子辞書の引き方を初めて教えてあげた日など、漢字を調べるのにはまりすぎて、家族みんなで買い物に行くというのに「留守番してるから行って来て」と言うほど

もちろん、留守番などさせず、連れて行きましたが、それくらい漢字が面白いようです。

外を歩いていても、看板に漢字を見つけると一生懸命読んではります。

でも、韓国はほとんど漢字を見る機会がないので、日本もそうだし、台湾や香港あたりになんか連れて行ってあげたらそれこそ大興奮なんじゃないかと思われます(※家でも、NHKを見ていると漢字交じりの字幕が出てくるので、かなり面白がって見ています)。


ま、多分、娘は漢字には食らいついてくるだろうとは予想しましたが、正直ここまでとは思いませんでした


ランキングに参加しています。
(下のバナーのいずれかを1日1回クリックしていただけると、ランキングがアップします。)

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ  にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ  


こちらもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ 


masakorea1213 at 02:44コメント(2)トラックバック(0) 
【娘】育児(4歳・5歳〜) 
いらっしゃいませ!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

はじめて韓国を訪れたのが’92年。
’93年から韓国語を学び始め、
2002〜2003年にかけて
ワーホリで1年ソウル滞在
(西江大語学堂5級〜7級に通う)。
2005年、西江大国語国文学科に3年編入。
2007年2月、卒業、就職。
2008年3月、韓国人の夫(クマちゃん)と結婚。
3年半の特許事務所勤務の後、
2011年2月に長女を、
2014年12月に長男を出産。
結婚以来8年間、ソウル・江南区新沙洞に住んでいましたが、2016年5月、京畿道河南市貂暫篭茲飽っ越して来ました。
ランキングに参加中です。
クリックしていただけると
うれしいです^^
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント               ありがとうございます^^
Archives