e-neta select

日々起こる時事をネタにして自論で論ずるブログ。 映画&音楽などエンタメ系も書いています。

ジェリー・ヘイの凄さが判る音源 その2

 米国のクインシー・ジョーンズアース・ウィンド&ファイアー、 日本の松任谷由実のホーンアレンジで知られるジェリー・ヘイ

 彼が83年発売アース・ウィンド&ファイアー/創世記」の中で、ホーンアレンジを担当した「フリーダム」のデモ音源がYouTubeにアップされた。

ギターのカウントでスタートするデモ音源は、フリィップ・ベイリーの仮歌をバックに、ほぼオリジナル版の完成系のパッキング演奏にジェリー・ヘイのホーンをフィーチャーしたものだ。ここで注目は音源のバックで薄らと鳴っていたシンセサイザーの音が大きく鳴っている事だ。アレンジの仕組みがよく判る音源である。
   

   
音楽 ブログランキングへ

ジェリー・ヘイの凄さが判る音源 その1

 米国のクインシー・ジョーンズアース・ウィンド&ファイアー、日本の松任谷由実などのホーンアレンジで知られるジェリー・ヘイ

 彼が81年発売アース・ウィンド&ファイアー/天空の女神」の中で、ホーンアレンジを務めた「偉大なる覇者」のデモ音源がYouTubeにアップされた。

 「偉大なる覇者」は当時のアース・ウィンド&ファイアーらしい、カチッとしたソウルフルなサウンドに、ジェリー・ヘイのホーンが複雑かつパワフルに絡み合う楽曲だ。オリジナルでは随所にジェリー・ヘイならではのシャープなホーンが絡んでいるが、デモ音源ではほぼ全編ホーンアレンジが施されていた事が判る。こんな貴重な音源が簡単に聞ける時代なった事に驚きと共に感激である。
 

  
音楽 ブログランキングへ

「美代子・リバージュ」が発売される。

 美代子リバージュ

 タワーレコードさんの「Light Mellow's Picks x Tower to the People」シリーズから、永尾美代子の「美代子・リバージュ +4<タワーレコード限定>」が9月24日に発売されることが判った。このアルバムはJ-POPと呼ばれる前のニューミュージック全盛期1981年に発売された隠れた名盤だ。詳細は以下だ。

 林哲司、安部恭弘、小野香代子などヤマハ所縁の作家陣、さらには渡嘉敷祐一 、岡沢茂、松原正樹、後藤次利など強力ミュージシャンも多数参加した隠れたシティ・ポップス名盤で現役女子大生シンガー、永尾美代子が1981年に発表したデビュー・アルバムが初CD化。芦屋を舞台としたセレブ〜高級リゾートのイメージも膨らむ"芦屋セーリング・スポット"、"さよならトリコロール"および11曲目に収録されたそのシングル・ヴァージョンなど見た目では想像もつかない程に強力なブラジリアン〜メロウ・グルーヴを聴かせる。鈴木茂も5曲で編曲を手掛ける。ボーナス・トラックとして4曲を追加収録。2014年リマスタリング。監修・解説は金澤寿和。

 私も以前このLP盤を所有していたが、引っ越しの際に処分してしまった。その音源を録音したカセットテープも消息不明となり、聞きたい気持ちがどんどん膨らみ、何年か前にyouyubeにアップされた数曲の音源を聞いて我慢していたが、その音源さえ著作権を理由に削除されてしまった。

 「美代子・リバージュ」は門あさ美と通じる麗しいボーカルと、鈴木茂をはじめとする人気ミュージシャンの編曲と演奏により作られたアルバムであり、2014年となった現代に再び聞けるとは思ってもいなかった。今から発売が楽しみである。

   
音楽 ブログランキングへ

「フォーエヴァー/アース・ウィンド&ファイアー」レビュー

   

 今更ながらアース・ウィンド&ファイアーの8年ぶりの新作「フォーエヴァー」を聞いた。

 引退状態のモーリス・ホワイト無き、近年のアースのアルバムにはそれほど興味が無かった。本作も図書館で借りてきたCDをPC作業のBGM代わり聞こうとCDをスタートさせた。

 しかし、そこから流れてきたサウンドは正にEW&Fの音だった。全盛期の勢いは無いが、迷いまくっていた近作とは違う、どこか聞きなれたアースのサウンドである。

 CDの音に吸い寄せられるようにPCの電源を切り、オーディオセットのスピーカーの前のソファに座り、EW&Fの新作をじっくりと聞きこむ事にした。 CDを聞きながら添付のブックレットに目を通す。

 現在のEW&Fの正式メンバーはフィリップ・ベイリーとヴァーダイン・ホワイトとラルフ・ジョンソンの3人だけである。しかし、レコーディングメンバーにはアースのサウンドを支えてきたキーボードのラリー・ダンが全曲参加している。更にホーンアレンジには「黙示録以降参加しているジェリー・ヘイが4曲参加している。

 プロデュースはモーリスに代わり、フィリップ・ベイリーが務めている。流石に結成当時からグループを支えてきた看板メンバーだけに、ファンが望むEW&Fの音を知り尽くした音作りに魅せられる。特にラリー・ダンのムーグソロをフィーチャーした、4曲目「ガイディング・ライツ」が素晴らしい。パッキングに徹した渋いジェリー・ヘイのホーンアレンジと言い、ファンが望む現在のEW&Fサウンドの完成系である。

 アルバム全体は先にも書いたが全盛期の勢いは無い。しかし、今現在の正式メンバーとサポートミュージシャンで作り上げたサウンドは、熟成した大人のEW&Fの音である。モーリス無きアルバムとして、非常に聞きごたえがあるアルバムに仕上がっている。

   
音楽 ブログランキングへ

 

「凶悪」アンビリーバボー動画



 ノンフィクション小説「凶悪 ある死刑囚の告発を映画化した「凶悪」が21日(土)から公開されました。

 同じ原作を2011年12月に、フジテレビ「奇跡体験!アンビリーバボー」の中で特集が組まれ映像化していました。「凶悪」の特集は27分頃からです。映画版で山田孝之が演じた記者御本人も登場する貴重な映像です。映画版と見比べると面白いのでは?

「フランケンウィニー アート展」@新宿ビックロ

 新宿ビックロで「フランケンウィニー アート展」を見てきた。

 映画の撮影に実際使われたキャラクターが展示されているということで、土曜日午後の会場は大混雑である。

 かなり貴重な展示物が入場無料で見れる。その上、写真を撮り放題と言う事で大勢の人々が、キャラクターが展示されたガラスケースにへばりついて撮影している、私も御多分にもれず撮影しまくってきた。

 しかし、このアート展は注意が必要だ。映画を見た方は判ると思うが、映画後半に登場する隠れキャラが普通に展示されているので、ネタバレが嫌な方は映画鑑賞後に見に行く事をおすすめする。

 せっかく写真を撮ってきたので、いくつか貼り付けておきます。
 GEDC0468

 GEDC0484

GEDC0499

GEDC0502

ヤマダ電機「家電フェア2012&大処分蚤の市inパシフィコ横浜」

 GW恒例のヤマダ電機「家電フェア2012&大処分蚤の市inパシフィコ横浜」に行ってきた。

 今年ももちろん「大処分蚤の市」目当てで、会場に初日の午後2時ごろ到着したが、時すでに遅し、私がほしいAV関係の棚はスカスカ状態だった。

 ざっと会場を一通り見たが、今年は滅茶苦茶安い商品は無く、市場より若干安い商品ばかりで食指が動かない。

 それにしても「大処分蚤の市」といえば中国人バイヤー達が商品搬入口に陣取り、根こそぎ目玉商品を奪っていってしまうので、一般客に目玉商品が行き渡らない。

 中国人バイヤーは他の客が手に取った物まで、無理やり奪い取る悪行を行っているところを私は目撃した。彼らの行動は年々ヒートアップしている。主権者も彼らに対して何らかの対処をしなければ駄目であろう。

 そんな訳で「大処分蚤の市」は不作に終わったが、イベントステージで「仮面ライダー フォーゼ&オーズ キャラクターショー」と、「C−ute LIVE」を見て会場を後にした。


 

ヤマダ電機「復興応援セール&大処分蚤の市」@パシフィコ横浜

 毎年恒例のヤマダ電機「復興応援セール&大処分蚤の市」にバイクで片道1時間かけてパシフィコ横浜まで行ってきました。

   蚤の市2011

相変わらず凄まじい人ごみで、お目当ての蚤の市は午後2時に会場入りした為か、目ぼしいものは無く、特に狙っていたブルーレイレコーダー&ブルーレイプレイヤーは商品があるものの、ヤマダ電機の店頭価格と同等か2〜3割安い位で食指が動かず。

 まぁ、蚤の市の安いものは沢山あるのだが、転売目的の日本人と外国人バイヤーが商品搬出口に陣取り全て奪い取ってしまうので、私のような素人は横目で安い商品に手も出せず涙を呑む位しか出来なかった。もう、とにかくバイヤー達の勢いは恐ろしい。商品を台車に載せてきた店員を囲み奪い合いをはじめ、時には喧嘩寸前にまでなってしまう。

 そんな中、私がゲットした商品はバイヤーが一度は手にして手放した「東芝 ブルーレイプレイヤー SD−BD1K」だ。
 


 値段は開封品で¥7980と微妙な値段であるが、ブルーレイで録画したディスクを自分の部屋で見ることを前提に購入した。商品は展示品だったのか、全面パネルに若干スレと拭きあとがあるが未使用のようだ。

   sd-bd1k

会場では蚤の市以外にもチャリティーイベントステージでは人気アイドルやお笑い芸人のライブがあり、私の行った日にはAKB48の「フレンチ・キス」が来るとの事で、入場整理券のもらえる抽選会に参加したが見事に外れてしまった。抽選会には300人くらいの当選者に対して1000人以上参加したので外れるのもやもえない。何か、自分に運が無いと痛感する一日だった。

   
カッコ悪い I love you! (初回盤A)カッコ悪い I love you! (初回盤A)
アーティスト:フレンチ・キス
エイベックス・エンタテインメント(2011-05-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

カッコ悪い I love you! (初回盤B)カッコ悪い I love you! (初回盤B)
アーティスト:フレンチ・キス
エイベックス・エンタテインメント(2011-05-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

カッコ悪い I love you! (初回盤C)カッコ悪い I love you! (初回盤C)
アーティスト:フレンチ・キス
エイベックス・エンタテインメント(2011-05-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

ZTTレーベルからのニューリリース作品



TSUTAYA品川港南口店

 昨日オープンした「TSUTAYA品川港南口店」に行ってきた。

 ひとつの店舗内に「TSUTAYA」と「ファミリーマート」が同居する不思議な店舗だ。

 お目当ての「TSUTAYA」は、私が色々と見た「TSUTAYA」の中では一番小さい店舗だ。

 当然、商品も限られ場所柄なのかアダルトは扱っていない。しかし、邦画コーナーに多数日活ロマンポルノ作品が混在していた。

 店舗は24時間営業で、レンタルした商品は専用バックで郵便による返却も可能だ。

 tsutaya品川港南口店 
livedoor プロフィール
記事検索
PR1

エンターテインメント ブログランキングへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ