記事へジャンプ


高知市消防局からも個人情報流出

2004年03月25日

高知市消防局 個人情報が“2次流出”(3/25付 高知新聞ニュース)

 個人情報を記載した高知市消防局の火災報告書がインターネット上に流出した問題で、消防局が24日、流出した文書のコピーを黒塗りなどの修正を加えずそのまま報道機関に配布。個人情報が“2次流出”する事態となった。同市は文書を作成した消防署員の処分に加え、武政孝典消防局長ら幹部も処分する方針。
報道機関から指摘されるまで、個人の情報に対する必要な知識も認識もなかったようです。
この高知市消防局の個人流出問題の発端は
火災報告書がネット上に(3/24付 asahi.com)
隊員は2月10日、「聞き込み状況書」の書式を保存したフロッピーディスクと、車両火災に関する記録書類を同消防署から持ち出し、インターネットに接続した状態の自宅のパソコンで状況書を作成し、そのまま保存していた。同21日に兵庫県内の報道関係者がこの状況書をインターネット上のあるページで閲覧し、同消防署に問い合わせたところ、流出していることが分かったという。

同市消防局は、隊員のパソコンにインストールされていた特定のファイル交換ソフトを通じて感染したコンピューターウイルスが原因とみている。
ファイル交換ソフトを使うなら、セキュリティ対策ソフト(もはや必須)を導入して、PC 上の設定からファイルの保管の仕方から等々、いろいろやることがあるでしょうに。それでも万全などとはいえませんが。

個人情報の取り扱いに限らず、セキュリティ全般に関して、意識が低い表れでしょうか…。

今回の件は、氷山の一角と推測します。
ですが、この消防署隊員だけの問題ではありません。個人に限らず企業も団体も、”明日は我が身”かと思います。

個人情報保護に関する記事をピックアップ
基本的な個人情報は「既に一般に流通しているという覚悟を」(3/24付 ITmedia エンタープライズ)
不要な情報は入手しない〜ヤフーにおける個人情報保護の取り組み(3/24付 ITmedia エンタープライズ)
個人情報保護法対策、「具体的に何を?」と悩む企業(3/24付 ITmedia エンタープライズ)
(3/24付 ITmedia エンタープライズ)

今日の言葉「戸締り用心」

masalog at 13:53  | Comments(3)  | TrackBack(1)  | 情報セキュリティ

***

トラックバックURL

:::

この記事へのトラックバック

1. キン〇マ ウィルス  [ Gon's BLOG ]   2004年03月26日 19:16

高知の消防局で情報漏洩、その次にまた2次漏洩 情けないことになっていますが、1次漏洩は通称「キン〇マウィルス」によるデータ漏洩とのこと。 ウィルスの名前もひどい名前なんですが、ファイル交換ソフトで感染するウィルスで、それ(Winny)を使っていた職員も決してほめ

この記事へのコメント

1. Posted by masalog   2004年03月28日 13:53

Gon's BLOG さん、トラックバックありがとうございます!
また改めて、そちらにお邪魔します。

2. Posted by GON   2004年03月29日 12:26

masalogさん、コメントありがとうございました。
最近、個人情報を含めて企業や団体が管理している情報の取り扱いについて、過剰管理であったり、管理不足であったりで調整が大変です。

ハルルララの記事にもトラックバック頂いていたのですね。ありがとうございました。しかもリストにも入れて頂いて大変恐縮であります。(^^;)

3. Posted by masalog   2004年03月30日 14:34

GON さん、コメントありがとうございます!これからもよろしくお願いします。

+++

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
  顔絵文字