僕らは靴をつくっています。

皆さん こんばんは。

僕らの靴工場 シンノウです。

僕らの靴工場は婦人靴を作っています。
婦人靴も様々ですが、ヒールパンプスを得意としております。

最近はヒールパンプスを履いている人がとても少なくなりました。

僕は自転車通勤ですが、通勤途中で見かける出勤途中の人達の足元を見てもヒールパンプスを履かれている方はとても少ないと思います。

ヒールパンプスはローヒールパンプスやスニーカーと比べるととても歩きにくい靴だとは思います。

通勤で見かけるヒールパンプスを履かれている少数の方達のある方を見ていても快適に歩いているようには見えません。

カカトが外れたり、靴が脱げないようにかばいながら歩いている方と…いつも声をかけてしまいそうになります(笑)

どんなヒールパンプスを選べばいいのか?
自身の足がどんなタイプの足なのか?

ヒールパンプスはヒールの高さのある靴です。
サイズが合っていなければその高さから足は前に滑ります。

スニーカーなどは足の甲を包んでくれており、裏地の柔らかさから多少のズレであっても痛みは生じません。
しかし、スニーカーでも足ズレをする事もあります。

最近、adidasのベロクロスニーカーを買いましたが
思っていた以上に足に合わず、好んでは履きません(笑)

痛みはありませんが、足がとても疲れます。

そう考えると靴と足の関係はとても難しいと思います。

靴工場の僕らでも、まだまだわからない事ばかりです。

人が感じる痛みは、誰もが同じではなく、人によって違います。

少しキツめが好みの方もおられれば、緩めが好きな方もおられます。

ヒールパンプスは足にフィットしなければ、履いてはいけない靴だと思っています。

ヒールパンプスは少しのズレで、信じられない程の痛みを生じます。

店頭で買うにしても、通販で買うにしても、まずはご自身の足のサイズ、タイプをしっかりと理解しておかなければいけません。

また、販売するにも出来るだけの情報をお客さまに伝えるべきだと思います。

せっかく出逢ったパンプスも、履いて痛ければ好んでは履きませんし、履けませんし、履かなくなります。

低価格の靴は市場に沢山あります。
しかし、一人のお客さまに合うヒールパンプスは何足あるのでしょうか?

どうすれば足に合うヒールパンプスに出逢う事が出来るのでしょうか?

靴業界の発信は全く足りていないように感じます。

大手から僕らのような小さな工場まで、靴がヒールパンプスが売れないのは僕らの発信の少なさも原因かもしれません。
~coco~
[画像:3646986f-s.jpg]




皆さん こんばんは。

僕らの靴工場 シンノウです。

先日、ワールドビジネスサテライトの番組を見ていたらオーダーメイドシューズの婦人靴専門店のKiBERAさんが「足を測るアプリ」を開発していると放送されていました。

インタビューでは、お客さまに正確な足のサイズを知ってもらい、沢山の人により良い履き心地を提供したいと話しておられました。

KiBERAさんはヒールパンプスも販売されています。
しかし、ヒールパンプスは足のサイズだけでなく
靴としての作りがとても重要な靴だと思います。

インタビューに関しては共感できます。
しかし、履き心地の良いヒールパンプスをどんな定義で考えられているのでしょうか?

ヒールパンプスは資材一つ、作り方でその履きやすさは大きくかわります。

以前にもブログで書かせて頂きましたが、作られた一つの靴は誰にでも合うようには作られていません。

例え、足長•足囲のサイズを豊富に揃えても、その靴自体の作りが良くなければ、その履きやすさは一瞬だけのモノでしかありません。

もし、価格に合わせた作りならば、それはそれで仕方ありませんが、せっかくアプリまで作られるなら、
もう少しだけヒールパンプスの作りに力を入れられた方がより良い結果をだせると思います。

例えは、ヒールパンプスは中底一つでその履きやすさがかわります。

何故なら、体重を支える、ヒールパンプスの一番重要なパーツだからです。

僕らの靴工場でも様々な中底を扱っていますが、
それらは価格に応じて仕様が異なります。

例えば一般的に合成皮革靴で使われている中底は
とても弱く、ある一定の期間しかもちません。
水に弱く、人の足がかく汗の量や、雨の日に履けば
あっという間に折れ曲がってしまいます。

よく、電車内でも見かけますがヒールが外側、内側に曲がったまま器用に歩かれていますが、その靴は中底が歪んでしまっていることが原因だと思われます。

一足の利益率が低い大量生産型の靴は、¥5でも仕入れを下げたい気持ちでいっぱいです。

何でもそうだと思いますが、安かろう悪かろうは通用する時代でもなく、また安くとも良い商品は市場にあり、そんな中で小手先のサービスだけでは、お客さまは納得しないのではないかと思います。

良い資材を使い、こだわり抜いたモノが良いモノとは限りません。

かといって、見せかけの付加価値も良いとは思えません。

商品としてのある一定の価値がなければ、どんなサービスがついていても、次に繋がる事は難しいと思います。
何故なら、お客さまは正直だからです。

ヒールパンプスはやっぱり痛い履物って思われないようにしたいですね。

~Salvatore Ferragamo~
[画像:992f19da.jpg]


























皆さん こんばんは。

僕らの靴工場 シンノウです。

久しぶりのブログとなります!

この一ヶ月間、生産現場を手伝っております。
しかし、思っていた以上に体力がついていきません(笑)

有り難い事に生産は10月頭まで埋まっております。
前回は最終、腰痛で離脱しましたが、今回はしっかりと体調管理をしながら最後までスタッフと共に靴作りをしたいと思います。

僕らの靴工場は8月11日~15日までがお盆休みとなります。

例年に比べると非常に長い連休となりました。
恥ずかしいお話、僕らの靴工場は休まない工場でとても有名でした…

しかし、今年の目標は全ての祝日•祭日を休む事(笑)

一般的には当たり前のことかもしれませんが
僕らの靴工場にとっては大きな変化の一つです。

僕らの靴工場は年間の生産が不安定な事から、繁忙期にどれくらいの仕事をこなせるかで年間の売上が左右されてしまいます。

僕らの靴工場を例えると年間平均
繁忙期 年間8ヶ月
閑散期 年間4ヶ月
となります。
繁忙期には日産足数が500足ですが、閑散期には日産足数が200足まで落ち込みます。

しかし、去年の暮から生産足数が極端に悪くなり、今年の繁忙期は6ヶ月となる予定です。

この10年、閑散期には仕事が無いことから人がいなくなり、繁忙期前に募集をしての繰り返しでした。

しかし、募集をしても人が集まらない時は
結果、残っているスタッフで生産をこなさなければならなくなります。

また、繁忙期には休み無く生産をする為…そしてまた、人がいなくなります。

仕事が安定しないとはいえ、工場の都合でそんな事をもう何年も繰り返してきました。

今も全てのスタッフが平等に休みをとれている訳ではありません。

今回の休日にしてもそうですが…休み明けの準備や、間に合わない仕事を補う為に出勤するスタッフもおります。

国内工場として今後の先を考えた時に、人と技術は何よりも重要です。

勿論、その為には安定した売上を確保しなければいけません。

昔、閑散期に協力商品の名目で安い単価で仕事を受けていました。

確かに、工場を動かす事は出来ますが、靴を作る度に赤字になる靴は誰の為なのでしょうか?

そしていつしか、仕事が無くなる不安からその価格は当たり前になり、仕入れ資材と人件確保が困難な中で、何故か価格は下がり続けています。

このままでは、人を育てることも、技術を向上することも、むしろ工場を存続させることも出来ません。

休みも無く、待遇も良くない場所で誰が働きたいと思うのでしょうか?

それでも、長年の習慣から変化出来ずにいたのは僕らの責任です。

しかし、そんな難しいと考えていた事も、実はとても簡単です。

それは、ただ変えればいいだけでした。
やれるように考える。
出来なければ、その先も無いと言うこと。

先が無いと言う事は、人がいないと言う事だと思います。

こんなに時間がかかってしまったのは、他でもない、何も考えていなかっただけなのではないかと思います…
~James Dean~

[画像:c0581fef-s.jpg]
























↑このページのトップヘ