2017年08月22日

栃の木

教員免許講習。
昨日は板橋校舎、今日は東松山校舎。
2年ぶりの復帰。そのせいか、とくに昨日は疲れた。

昨日はゼミ卒業生のI君が参加していた。
今日は、昔ぼくも出ていた「楽酒会」のメンバーの方も参加していた。

どちらにも大勢の卒業生教員が出席してくれている。たくさんの会場の中から選んで大東文化に来てくださるのはうれしい。


東松山講習1東松山講習2







栃の木2





masao55ota1 at 15:47|PermalinkComments(0)

2017年08月21日

オクラと花オクラ

畑では、オクラと花オクラが咲いている。
花の大きさは、数倍も違う。
前にも書いたが、オクラは漢字では「陸蓮根」と書く。実の断面が蓮根のようだから。
花オクラは実ではなく、花を食べる。


オクラ花芯1















オクラ花芯2

masao55ota1 at 06:40|PermalinkComments(0)

2017年08月20日

魚眼の池袋

池袋8.17池袋のビックカメラへ。

前日の響きの会の折、平野先生とサト君と3人で、写真のこのレンズのことが話題になった。
3人とも同じオリンパスカメラのTGシリーズを使っているが、これはサト君の勧め。
サト君は、新発売のTG5、平野先生はTG4、ぼくは一番古いTG3だが、平野先生はこの魚眼レンズで先んじていたのだ。


masao55ota1 at 10:52|PermalinkComments(0)

マナブ君とメグミさん

ひびきかふぇ18月16日、「太鼓集団響」のサポーターの会である「打てば響く伴の会」のメンバーなどで暑気払いの会が、HIBIKIカフェであった。サト君も参加。

響メンバーの飯島学君がつくる魚料理はどれもおいしく、とくにあら汁は絶品だった。

ひびきかふぇ2ひびきかふぇ3







第2部は、9月に入籍するマナブ君とメグミさんの結婚を祝う会。
婚姻届への署名や指輪の交換、鏡開きなどみんなの心のこもった会だった。ぼくも大学時代の教員としてあいさつした。1年くらい前か、東武練馬の「仁」さんで飲んだ時、結婚のことも話題にして心配していたが、心底うれしい。

ひびきかふぇ4ひびきかふぇ5


masao55ota1 at 10:36|PermalinkComments(0)

2017年08月19日

竜王

竜王高原に行った。日本最大のロープウェイというのに乗ったが、途中からは雲の中。
「ヒマラヤの青いケシ」の青色は見事だった。
そのほかは、ハクサンフーロ―やヤナギラン、トモエソウなどが咲いていた。


竜王07














竜王11














竜王03













竜王09














竜王13














竜王10














竜王12














竜王14














竜王15














竜王16














竜王18














竜王17

masao55ota1 at 23:29|PermalinkComments(0)

駒ケ根

長野91亡くなった妹の新盆。
駒ケ根に行った。









長野92駒ケ根名物のソースカツどんの明治亭。1時間近く並んだ。








長野93子どもたちは仲良しの友達と会った。

masao55ota1 at 23:18|PermalinkComments(0)

長野

長野8月5











長野8月1











長野8月2











**************

迎え盆

長野8月6長野8月7長野では、迎え火と送り火に白樺の樹皮を焚く。子どもたちは村中に響くように、「じいさんばあさん、この灯りでおいでおいで(お帰りお帰り)」と歌ってくれる。


長野8月8小さい時は、こわがってなかなか行かなかった神社だが、今は毎日の散歩コース。
和世田神社というのだが、こどもたちは「ワダジン」と言っている。



長野8月4長野8月3
その神社で開かれる祭礼。
今年は、小遣をもらっていろいろなゲームに挑戦していた。
亡くなった父は、いつも櫓の上で歌っていた。今はCD。
若いお母さんたちが活躍しているのもいい。


長野96長野97







masao55ota1 at 23:11|PermalinkComments(0)

横川イングリッシュガーデン再訪

横川8月1












横川8月4












横川8月3












横川8月2












横川8月6

masao55ota1 at 22:50|PermalinkComments(0)

2017年08月17日

ラグビー観戦

長野には8日いた。

そのうちの1日(8月11日)は、熊谷まで来てラグビーの観戦。


パナソニック1トップリーグのパナソニック・ワイルドナイツとニュージーランド・ハイランダーズの試合。どちらのチームもナショナルチームに大勢の代表を出している強豪。プロのゲームを堪能した。

パナソニック2ワイルドナイツには、大東文化大学の卒業生が多い。
梶、テビタ、長谷川、小山君たちが堂々とプレイしていた。うれしいことだ。
ブルーの7番はテビタ君。


masao55ota1 at 23:04|PermalinkComments(0)

2017年08月12日

シオカラトンボ

長野に来ている。

シオカラトンボ1昨夜の豪雨で、ふだんは空にしている池の水がたまった。早速トンボがやってきた。


シオカラトンボ2











シオカラトンボ4












シオカラトンボ5


masao55ota1 at 13:36|PermalinkComments(0)

2017年08月09日

巨木 クスノキ

川越高校のクスノキ。文化祭が近いからか、玄関前のモニュメントづくりが進んでいる。

川高クスノキ1

























川高クスノキ2

masao55ota1 at 08:55|PermalinkComments(0)

畑のダリア

畑のダリア













今日は、夜に予定されているF市教育委員会の会議に備えようと仕事をし始めたが、ふと気が付くと暑い、エアコンが止まっている。
あれこれいじってみたが、どうにもならない。
台風前の蒸し暑さで、1分もいると汗がだらだら、頭はボオッとしてくる。仕方ないから、ほかの部屋に移したが、資料探しなど部屋に戻るので、そのたびに汗だく。
メーカーに電話したり、近所のケーズデンキに出かけたり、散々な日だった。
でも昔はこういうなかで過ごしていたんだよね。


masao55ota1 at 00:07|PermalinkComments(0)

2017年08月08日

桂1












深谷グリーンパークの桂。

桂2












花園の道の駅の桂。

去年、雲南市の山奥のたたら跡で、この木の大木を見た。
8月だというのに、黄色一色でイチョウを見まがうほどだった。
新芽の赤、5月からの緑、秋の黄色と、それはそれはきれいです、と。



masao55ota1 at 08:10|PermalinkComments(0)

富山のフクロウ

フクロウ富山Nさんが、富山の実家にあったと送ってくれた。五箇山のものなどある。

masao55ota1 at 08:04|PermalinkComments(0)

2017年08月07日

群馬

いっちょう用事があって群馬に行った。
写真は森友学園、ではない。食事の「いっちょう」さん。

親戚で食事。


群馬の草取り草取りもした。

夏休みは、埼玉の庭と畑、長野の庭、群馬の畑、と草取り職人さんのよう。

雑草の自然をいとおしむ気持ちとは別の気持ちにならなければできない。


masao55ota1 at 06:46|PermalinkComments(0)

2017年08月06日

スイカとカブトムシ

この日、板橋キャンパスに行ったあと、浮間のヒビキくんたちの家に行った。

カブトムシ1かれらは、この日、学童保育(放課後教室)からカブトムシのつがいや数匹のクワガタをもらって帰ったらしい。なんでも、課題だかクイズみたいなものをやって、点数に応じてもらえたのだそうだ。

カブトムシ3それにしてもこんなにたくさん、先生はどこで手に入れたの?と聞くと、先生が飼ってるみたい、と子どもたち。ちなみにその学童保育はワーカーズが運営している。

カブトムシ2子どもたちは毎年、長野の「サルスベリの丘」でカブトムシ探しをするのだが、今年は長野に行く前にゲットしたわけだ。



カブトムシ4この日、行ったのは、家の畑でできたスイカを食べてもらうため。
スイカの栽培は3年目だが、食べる時期の見極めが難しく、去年は薄いピンクで(つまり未熟で)食べられなかった。今年はどうか、まったく自信がなかったのだが、切ってみると今年は熟しすぎ。やっぱり食べられなかった。

ちなみに畑のベテランは、実のひとつひとつに実をつけた月日を記しておき、それで収穫の日を決めているそうだ。

結局、スイカはカブトムシやクワガタに食べてもらうことになった。


masao55ota1 at 07:17|PermalinkComments(0)

風雲黒潮丸

タイ展で、近世の日本との交流についての展示を見たことについて書いた。
そのころ日本では、タイは「シャム」と呼ばれていた。

その展示を見ながら、ぼくは小学校のころのラジオ番組の主題歌のことを思い出していた。
歌詞は、

黒潮騒ぐ海越えて
風にはためく三角帆
めざすは遠い夢の国
ルソン、安南、カンボジア、
はるかオランダ、イスパニア
面舵いっぱい オオオ オオオ オオオ

というものだった。(一部、ネットで検索)
ルソンはフィリピン、安南はベトナム、イスパニアはスペインのことである。
メロディは今でもすべて覚えている。

ネットによると、それは「風雲黒潮丸」というドラマで、展示にあった御朱印船のことをドラマ化したものであったらしい。

小学校のころ、ラジオドラマは子どもたちの絶大な人気だった。
「笛吹童子」「紅孔雀」「七つの誓い」などの「新諸国物語」のシリーズ、「赤堂鈴之助」や「少年探偵団」などいずれも映画化もされた。「風雲黒潮丸」は、新諸国物語のあとだったか。

ぼくの家にテレビが入ったのは、中学2年の12月だった。


masao55ota1 at 07:11|PermalinkComments(0)

2017年08月05日

タイ 仏の国の輝き

夏休みになったので?、館めぐりが多くなった。図書館、映画館、博物館など。
国立博物館の「タイ 仏の国の輝き」に行った。

ほんとうは夏休みにタイに行くはずだった。タイには高校時代からの親しい友人がいて、ぼくの友人たちはみんな訪ねているのに、ぼくだけがずっと行くことができなかったからだ。
ところがタイはこれから雨期に入るという。泣く泣く乾期まで延ばすことにした。その予習という意味もある。

タイ 仏の国タイの人口の95%は仏教徒だそうだ。それもとても信心深い。タイの文化にしてもタイの人々の心にしても、どうしても仏教なくして語れないということらしい。

ぼくは、世界史などで、チベット、中国、朝鮮などを経て日本に入ってきたのが「大乗仏教」、スリランカ、ミャンマー、タイ、カンボジアなどは「小乗仏教」と習ってきた。
ところが展示には、「小乗仏教」の文字はなく、「上座仏教」となっている。

「小乗仏教」というのは、「大乗仏教」による命名で差別的だということで今は使われていないのだそうだ。学問は進歩、変化するものだと痛感。

いずれにしても仏像の仏様は、若く、美しく、瘦身である。
タイの仏教は、バラモンやヒンディーなど土着の、あるいは周辺地域の宗教と戦い、あるいは融和しながら発展したということ、為政者の保護により、ないし為政者のための権威として生成発展してきたということがよくわかり、これは日本でも同様である。

近世になってからは琉球王国との交易が盛んで「おもろそうし」も伝わっている。日本とは江戸時代になってからは、御朱印船による貿易もあり、日本人町もあったようだ。

1時間半しか時間がなかったが、まったく足りなかった。

************

上野公園17.1上野公園の中国雑技団。高円寺の大道芸フェスにつづいて今年2回目。





上野公園17.2上野公園17.3


masao55ota1 at 07:52|PermalinkComments(0)

2017年08月04日

深谷のユリ

深谷グリーンパークのユリ。
この日は天候も悪く、カメラの調子もよくなくて?いい写真が取れなかった。

深谷百合2













深谷百合1













深谷百合3













深谷百合4













深谷百合5













深谷百合6















百合の花には、どの花も1本のめしべと6本のおしべがあることがわかった。

masao55ota1 at 07:02|PermalinkComments(0)

「メアリーと魔法の花」

数日前、大学の前期試験の採点をした。答案は力作が多く、読んでいて楽しかった。今年は授業の準備もしっかりしたので、それに学生も応えてくれているということかと思う。学生の成績の評価は、教員自身の教育の評価でもある。

***************

メアリーと魔女の花夏休みになったので?、たくさん映画を見ることができるようになった。

ジブリから独立した米林宏昌監督作品「メアリーと魔法の花」を観た。

普通の少女メアリーは、禁断の谷で「夜間飛行」という美しい花を摘んだために、一時的に魔法を使えるようになり、魔法を完成させて世界を支配しようとする魔女たちと戦うことになる。実は「夜間飛行」は魔女たちが究極の魔法を完成させるためにどうしても必要なものだった。

見ているうちにわかるのだが、「夜間飛行」は原発燃料のウランのようなもので、魔法を完成させる最後の実験で登場する巨大フラスコは「原発」そのものである。
「想定外」の事態になり、実験がうまくいかなくてコントロールがきかなくなり、たれおちる塊はデブリそのものである。

その事態を救うのは魔法ではなく、人間としてのメアリーの友を思う気持ちと勇気である。
最後に、メアリーが、「もういらない」と言って「夜間飛行」を捨てるのは、原発はいらないという強いメッセージである。




masao55ota1 at 06:52|PermalinkComments(0)

2017年08月03日

収穫

今朝の収穫










刀豆とアリ














鉈豆(なたまめ)に群がるアリ。ヒアリではないようだ。

刀豆とそこへTさんが写真の鉈豆を持ってきてくれた。写真ではわからないがデカイ。ほんとうに鉈のかたちをしている。

これは、ウチで豆から育てた同じ苗からつくったもの。
それなのに、ウチはまだ花が咲く段階。何が違うんだろう? そりゃそうさ、手入れが違うもの、とTさん。


masao55ota1 at 09:01|PermalinkComments(0)

SMOKE

映画スモークぼくはハワイやグァムを含めてアメリカというところに行ったことがない。もちろんニューヨークも行っていない。でも映画ではニューヨークはよく見る。ウッディ・アレンのおしゃれで、時に物憂いニューヨークものや、カポーティの「ティファニーで朝食を」や「ウエストサイドストーリー」など好きな映画も多い。

ティファニーの舞台になった5番街のある地区などと比べて、映画「SMOKE」の舞台となっているブルックリン区は白人人口も少なく、貧困でタフな地域らしい。

小さなタバコ屋が舞台で、その持ち主のオーギーやそこに出入りする人々が登場人物である。オーギーは店の前の街角で、14年間、同じ写真を撮り続けている。それでも一日として同じ写真はないのだ、と。

作家のポール・ベンジャミンは、数年前に強盗の流れ弾で妻を亡くし、創作意欲を亡くしている。ある日、ぼんやりしていて車にひかれそうになったところをラシードという黒人の若者に助けられる。ラシードは、母親を交通事故で無くし、父親は10数年前に蒸発している。まちのヤクザとも付き合う危うい生活をしている。

オーギーの店にかつての恋人があらわれ、娘だという女のところに連れていかれる。母親も、娘もすさんだ生活をしている。…

みんな心に傷を抱えている。どうしようもなく沈んでいく人生もある。悲しみでいっぱいでも、やさしさに救われることもある。生きるってまんざらでもない。そういう思いをさせてくれる。
まちがいなくぼくのなかのベストの作品群に入る。


masao55ota1 at 06:40|PermalinkComments(0)

2017年08月02日

ラグビー・パナソニックチーム

パナソニック8月11日に、熊谷陸上競技場で、パナソニックとニュージーランドのハイランダースのラグビーの国際試合がある。
パナソニックは、トップリーグでもいつも優勝を争うチームで、大東文化大学の卒業生も大勢活躍している。
ハイランダースは、世界最強のオール・ブラックスにも代表を送る強豪チーム。

大学では、ラグビーの選手が中心になって1週間宣伝とチケットの配布をしていたが、7月26日のこの日は、本学出身の梶君をはじめ6人のパナソニックの選手たちが来て宣伝してくれた。

こうしてみると、それほどとびぬけて身長があるわけではない。そうすると、強さの秘密はフィットネスと技術か。

こうしたとりくみで、スポーツのファンや応援が増えるといい。


masao55ota1 at 06:31|PermalinkComments(0)

シジミチョウ

シジミチョウ1














シジミチョウ2














畑のシジミチョウ。
シジミチョウは、とまっているときに羽を広げないので、撮るのが難しい。
上はヤマトシジミ、羽の表は空色。
下はベニシジミ。羽が痛んでいてかわいそう。


masao55ota1 at 06:04|PermalinkComments(0)

埼玉戦争展

埼玉戦争展月曜日、浦和・コルソで開かれている埼玉戦争展に行った。多分初めて、少なくとも本当に久しぶり。国連で核兵器禁止条約が採択されたこともあってか(日本政府は参加しなかったけれど)盛り上がっていた。大勢がいてびっくり。この種の催しは年配者が多いが、若い人の姿も多かった。大学の卒業生二人に声をかけられたのはうれしかった。

masao55ota1 at 06:00|PermalinkComments(0)