2006年04月16日

「第4回花押講座」英文編

今回は今までと異なりテーマを限定した英文編。
2回目、3回目の出席者もあり、感激してしまいました。

第4回花押講座英文編

 

 

 

今回使用のテキスト「英文編」

テキストも漢字と英文の歴史それぞれの特徴から入り、実技に重きをおき、
受講者全員に適するよう、後半は創作に入りました。

筆記具に合わせた書き方など、実際に即したデザインなど
楽しく講座を進めることができました。

今回3回目受講のMさんは自分の個性がでた英文サインを
作られました。
前回創作した花押は手紙にも使われ源氏物語を
髣髴させるような、曲線を活かした日本的な流れを上手く使いこなしています。

次回5月はステップアップ編、花押の最大のポイント、
表現力
になるので、テキスト作成に気持ちも高まります!

今日のご出席者皆様に、そして
講座主催「ゴール&ドリーム主宰高畠真由美さん」に感謝いたします。

ありがとうございました。



masao9753 at 22:44│Comments(8)TrackBack(1) ★花押は魂魄 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. サインと花押  [ Translator'sVoice ]   2006年04月18日 23:55
高畠真由美さん主宰の英文花押のセミナーに参加しました。教えてくださるのは、花押の第一人者である望月鶴川先生です。英文だからといって、ただのサインだと思ったら大間違い!筆記具による特性を考え、実際に書くために作るのか、ロゴとして使うのか、空間の取り方、バ...

この記事へのコメント

1. Posted by 高畠真由美   2006年04月17日 18:01
こちらこそ、本当にいつもありがとうございます。

ステップアップ編は、表現力がテーマなのですね。
まさに、「ブランディング」と、ピッタリ合いますね。

みなさん、ご自分の個性がふんだんに出ていらして、素敵な花押でした。
2. Posted by 鶴川   2006年04月17日 18:36
ステップアップ編は私も楽しみにしています。

その人のブランディングのお手伝いになるので

テキストを作っても、それを超えたとこで

進むような気がします。


3. Posted by きららん♪   2006年04月17日 23:54
昨日は講座でお世話になり、どうもありがとうございます。

また、ブログにて書き方のご指導をいただき、ありがとうございます。
さっそく、実践してみようと思います。

次回のステップアップ編も参加しますが、どうやったら今より
生き生きと書くことができるのか学びたいので、
とても楽しみにしております。

今後ともよろしくお願い致します。
4. Posted by 鶴川   2006年04月18日 01:51
きららん♪さん

いつもご参加いただきありがとうございます。
「花押らしさ」
きららんさの書き方、使い方に、この「らしさ」が
とてもよく出ています。

大切にしたいことですよね。
5月も楽しみにしています。
5. Posted by 神左   2006年04月18日 15:39
英文の花押も使い勝手が良くていいですね。

ぼくも欲しくなってしまいました (゜o゜)

6. Posted by 鶴川   2006年04月18日 21:53
神左さん

何種類か持っていて、用途で使い分けるのも楽しいですね。

自分でもいくつか使い分けていますが

新しいのを考えようとして、どれがどれだか

こんがらがってしまうときがあります。(^^)
7. Posted by めあり   2006年04月19日 00:01
楽しい花押の講座をありがとうございました。

自分の指導をしていただく時だけでなく、他の方へアドバイスなさって
いるのを拝見するのも大変興味深く、勉強になりました。

その後のブログでもご指導いただいて、感激です。

花押をいろいろなところに取り入れて、これからも使っていきたいと
思います。

これからも、よろしくお願いいたします。
8. Posted by 鶴川   2006年04月20日 10:28
めありさん

今回もご参加いただきありがとうございました。

日常で上手く取り入れて使えると良いですね。

19日夜中にTV見ていたら石原新太郎さんが色紙に名前を書き

横に花押を書いていました。

司会の人は気が付いていなかったようですが、

家康のような花押でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔