2011年09月22日

生命力の源:バタフライ

バタフライの練習


泳ぎ始めて30年以上、もともと水泳とは縁のなかった
私が泳ぎを習い、いつかバタフライを泳いでみたい。


夢がかなって200mバタフライが泳げるようになり
沢山の大会に出てメダルを幾つもいただきました。


その200mが泳げなくなって
今、再びバタフライに凝り始めています。


バタフライにこだわる理由は

1:パワーが必要
2:持久力が必要
3:気力が必要
4:技術が必要


いずれ年齢とともに体力的にも泳げなくなります。


言いかえれば私の生き抜く力
「パワー、気力、技術」が保てるかどうかの
目安になっています。


小さな事ですが、とてつもなく大きなことです。
徐々にパワーも落ち、技術でカバーしてますが、
全ての生命力の源になっています。


気持ちが衰えたら、それで終わりだと思っています。
今は短い距離で回数をこなしフォームの練習中心ですが
体が覚えたと思っても次の日には元に戻ってします。
数ヶ月間その繰り返しです。


毎日毎日同じ練習を繰り返す日々ですが、どこかで
その練習が実る日が来ると思い辛抱しています。

そしてこの練習が出来る事が生き抜く力の源になっています。

masao9753 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) ★水泳・・・ひたすら泳ぐ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔