妄想麺芝居 by 蹴

エンジョイ & エキサイティング

2014年11月

肉の石川屋(狭山市)の、さといもコロッケ。


狭山は、日本茶だけじゃないんだぜ!狭山市の農業青年会議所の有志で組織された、さやま里芋増産倶楽部は、狭山特産の里芋を食材にして作ったコロッケを開発!これが、反響を呼んでいます。


先月、非番の日の朝に何気なくTVを観ていたら、さといもコロッケのことがやってましてね。朝飯食いながら、家族で観ていたんですけど、母親が「あれ、旨そうだね」って言っていたから、じゃあ買ってこようかと。


初めて、狭山の街を歩いてみたけれど、団地やマンションが多くて、昔ながらのお店も多いね。商店街の雰囲気とか、昔ながらの魚屋さん、八百屋さん、肉屋さんが元気に商売されてるのを見ると、俺も嬉しくなっちゃう。ウチの地元にも商店街は、ありました。だけどね。それが今じゃ、スーパーやらショッピングモールが出来て、殆どなくなっちゃったんです。まだ俺が小さい頃、母親に手を繋がれてる頃は、商店街に行くのが好きだったのに、中学生や高校になると、反抗期に比例して、気恥ずかしさも出て、商店街に距離を置くようになり、そんな変な気持ちがなくなった頃には、地元の商店街はなくなっていた… そのことを未だに後悔しているからこそ、俺は今こういうところに来ると心踊るし、嬉しくなるのよ。




さといもコロッケ、家族にも大好評でした。これは、揚げたてが一番旨く感じたよ。ねっとりとしていて、クリーミーで。自宅では、レンジであっためてから、ポン酢かけて食ったら、すげえ旨かった。これは、また食べたいな。



肉の石川屋@狭山市141655591474220141121_17111320141121_185733



肉のひろさわ(越生)の、梅コロッケ。


梅の郷、越生町にやってきました。梅が咲く春先に訪れてみてえなあって思ってはいるんだけどね。越生の梅林、埼玉郷土カルタにもあって、漠然と絵柄を覚えてるんだよね。電車が、春先の梅林の脇を横切るような絵柄だったと思う。あの電車って、今思えば八高線だよなあ。


今回も、煙を吐きながらのんびりと八高線に乗って越生に!俺は、鉄道マニアじゃねえが、八高線大好きで。高崎からのんびりと埼玉、八王子まで行っちゃったこともありますし。今回は、越生町の梅コロッケを求めて、のんびりと。


越生町特産の梅を練り込んだ、梅コロッケ。町の肉屋台さんのひろさわさんに行って、早速購入です。梅を子コロッケに合わせるって、考えたなあと。あっさり和風の味わいです。梅の酸味が、たまらなく癖になるね。冷めてしっとりとした状態も良いけどね、揚げたての方が、梅の酸味がフワッと口の中に広がって、インパクトあったなあ。


越生町は、梅干しは勿論、ジュースやジャムとかの梅の加工品を開発して、町おこしに取り組んでおられるそうで。ようかんもあるみたいだから、食べてみたいな。





肉のひろさわ@越生


20141103_142941141499372628720141103_144231

亀有メンチ(亀有)での、出来事。


この前、久々につくばの元ボクサーと呑みました。相変わらずのハードパンチャーでしたよ。潰されそうになって、ダウンしようとすると、「ちょっと待って!」って、クリンチして来るんだもん。安心してダウン出来ん!(笑)まあ、そんな調子で言いたいことを言ってるから、彼と呑んでいても楽しいんだけどね。


彼とは、亀有で呑みました。その模様は、後日blogで書くとして…彼と呑んでいた時に、思い出したこともあったから、今回はそのことを書こうと思っています。


久々の亀有ゆうろーど!そこのメンチカツで、氷なしの強いハイボール呑みながら、メンチをツマミに呑んでました。こちらのメンチは、いろんなバリエーションがあるのよ。さっぱりとした梅じそや紅生姜が入ったメンチ、味噌の甘味が際立つ味噌メンチ、スパイシーなカレーメンチ…揚げたてをハフハフ言いながら、ボールをぐいっとね。


熱々を食うから、口の周りも熱いけれど、フライヤーの近くで呑んでると、店の中もちょっと暑く感じたよ。その時に思ったの!子供の時に、母親と商店街の肉屋さんに行って、コロッケやメンチを買いに行く時って、俺はすげえ楽しかったの。フライヤーがね、おもちゃ箱、ドラえもんの四次元ポケットみたいに、面白い食べ物が沢山出てくるものに思えてね。


昨今、コロッケがB級グルメとして、いろんな街で注目を浴びています。俺のblogでも、そういったこと取り上げたら面白いだろうなあと。で、ご当地コロッケを調べていたら、街の肉屋さんの、俺が子供の頃に心踊った、あの光景と結び付いたわけ!こりゃあ、面白いに違いないと。


ご当地コロッケ、有名になった街もあるんですが、今回俺のblogで取り上げるのは、埼玉のご当地コロッケ…調べてみて、へぇ!埼玉にも色んなコロッケあるんだあ!これは面白いなあって思ったよ。



やっぱりフライヤーは、夢のボックスだったんだね。(笑)





亀有メンチ@亀有



20141025_21104720141025_20121720141025_20234620141025_204718

天一(姉ヶ崎)の、ラーメン。


久々に、房総の醤油ラーメン食いたいなあ…竹岡に久々に行こうかとも思ったが、天一のおやじさんの顔が浮かび、姉ヶ崎に行きました。


俺、天一のおやじさんのラーメン、ダイスキなんですよ。梅乃屋も好きだけどね。梅乃屋みたいに、未だにお湯割りの店って、なかなかないのでは?幹麺を使ってる店は見るけどね。梅乃屋って、俺的にブレを楽しむ店だと思っていて。何回か行ったが、印象はまるで違うしね。今回は当たり!今回はちょっと好みが違う!そんな落差が、また行きたいって気になるし。要は1回行っただけじゃ、面白さ解らねえなと。



でも、それとは対極に安定的な楽しさが、房総のラーメンにはあると思っていて。しっかりとスープをとってる店!実は、そういうお店の方が多いような気がするしね。それを「お湯割じゃない!」と、声を荒ゲルのはナンセンスじゃねえかなと。


天一、久々におやじさんの声聞いたよ。野太い声なんだが、優しい歓迎。(笑)醤油立ってるけれど、野菜の甘味がじんわりと来るような感じのスープが好きで。味の染みたチャーシューが、またたまらなく好きで。このラーメン、やっぱ好きだなあ。






内房、久々に廻ってみたけど、すげえ新鮮で楽しかったよ。今度は、泊まりがけで行きてえな。久々に竹岡も行きたいし。(笑)



天一@姉ヶ崎



20141024_13365720141024_134226

ごいみ(南房総市)の、ラーメン。


名古屋に行くと、よく間違われるラオタのパパさん御推薦の店!(爆)俺も、すげえ行ってみたくて、館山方面から千倉へ。千倉の駅からは延々と5キロほど歩いたかな。


街を歩いてると、至るところで干物とか魚屋さんが干していて、いかにも漁師町って感じだね。海の近くの道を歩いてると、潮の香り!港町ラーメン、こういう雰囲気で食いたかったのよ。


お店の前に来ますと、潮風のせいかな?お店の外観のウぇザリングに悩殺。俺は、こういう店が超絶ダイスキ。(爆)


お店に入るとね。地元のおっちゃん、おばちゃん。一緒にくつろいでるのがワンコ。衛生がどうのとかいう人、おぁそらく俺と価値観は合わねえよ。(笑)



ラーメンを注文!素朴な醤油味に懐かしい感じのチャーシューとナルトがのってる。手打ち麺は、コシってよりハリがあるって感じだね。この縮れ麺、好きだなあ。



お土産におばちゃんから、みかんいただいちゃった。ありがとうございます。



千倉の駅目指しての帰り道、いろんなところに寄り道して、活伊勢海老、サザエなんか買っていって、自宅で捌いて、ブイヤベース久々に作りました。MY出刃包丁、久々に活躍。(笑)



ごいみ@南房総市






20141102_13044820141102_12501120141102_124231

このページのトップヘ