役者をやっとります。

前回の記事から、ふたつきほど全く更新しておりませんでした。

一応、元気にしてました。真山正臣です。


おそらく情報を小出しできるようになるのはちょっと先になりますが、こそこそ動き出したことがありまして

『企画、真山正臣。』

というキーワードだけ出しておきます。

coming soon!


その前に次は夏!

そうです!舞台に出ます。

劇団茶番主義!第7回公演

『ホテル・オリオン』

日程は

2017年7月 

7 (金)19:30

8日(土 )14:00 18:00

9日(日) 14:00 18:00

場所は

中野テルプシコール

です!

よろしくどうぞー

前回出演した、14 食(一回の食事で23 人前食べます。)たべてもどんどん痩せていくという死闘を繰り広げた劇団茶番主義!第 5回公演『明日はparadise』から早二年

色々変わりました。

劇団の脱退、活動拠点の移動、私生活では大学の卒業。


18歳のとき、役者になるには「覚悟」が必要だと思っていました。苦しいことがあっても乗り越える覚悟、売れなくても地道に努力する覚悟

その「覚悟」を原動力にやってきました。


でも、この二年の変化は僕に、それは「覚悟」ではなく「責任」であるということを教えてくれました。

正確に言えば、「覚悟」というのは最悪の事態や、何かネガティヴなことに対する心の準備のことです。ダメだったときの準備ではあまりにも無責任です。


チケット代と交通費、それから時間を使って観にきてくれるお客さんへの責任。

応援してくれる家族、友だち、先輩、後輩、恩師、関わる全ての人たちへの責任。

彼らをがっかりさせることは許されない。しかし、それ以前に僕は僕の人生に責任がある。

「覚悟」はしたらそこで終わりですが、「責任」は果たさなくてはならない。

僕には成功する責任がある。

これが二年の変化が僕にはもたらしたものです。


そんな一皮剥けた真山正臣を観にきてください。(※見た目は大して変わってません)よろしくお願いします。

皆さん、こんにちは
真山正臣です。

遅ればせながら
1日限りでしたが、
演劇博覧会
『自分同盟』Z-ΦNE
終演いたしました。
ベストパフォーマンスでした。自分たちが一番面白かったと思います。(根拠はありません。言ってるだけです。)
ありがとうございます。

今回無料ということでしたが、観る側としては貴重な時間を割いて、さらには交通費もかけて、そしてどこから登ってもクソキツい紅葉坂を登って来場しているわけでして…全然無料ではないやんけ!
いつもはさらにチケット代まで頂いていると考えると頭が上がりません。ありがとうございます。

次の舞台の出演は7月です。
次は夏、震えてまて!
その前に何かしらできたらいいとは思いますが…いろんな企画が水面下で動いております。乞うご期待!!

3月10日、の次の日の朝。
最終回はまさかの大幅なタイムオーバーです。みなさまおはようございます。

無事。搬入終わりました。
いやぁ〜本当に大変だった…
今、9日ぶりのベッドです。
第2話でも書いたように、家なき子生活を通して、僕は世間の厳しさを感じつつ人の優しさに触れました。

僕は、なるべく多くの人に好かれたいとは思いますが、自分のこと理解してもらわなくても構わない、自分の愛する一部の人たちにさえ理解してもらっていれば十分だと思っていました。

しかし、付き合う人間が多くなれば多くなるほど、そのスタンスでは通用しない場面があることが今回身に染みました。

相変わらず、自分の全てを理解してもらいたい気持ちは1ミリもないですが、必要なときに主義や主張くらいはパッと正しく伝えることはできないとな…でないと損だな。自分の腹の中も多少は見せていかないとな…頭ではわかっていたことですが実感を持って気付くことができました。

とにかく、家なき子生活中家に泊めてもらったり、家財の搬出、搬入を手伝ってもらったり、このブログを毎日見てもらったり(笑)と助けられまくりの9日間でした。感謝しております。ありがとうございました。
『九日間の家なき子』

↑このページのトップヘ