役者をやっとります。

非日常編の殺陣ナンバーより
ノブナガvsアーサー
これを見たつっちー(ギネヴィア)が"アーサーがかっこよくて"泣いちゃったと言ってくれて…
頑張った甲斐があります。本当にありがとう。

この写真↑は手返し(殺陣の確認)中に撮影されたとはいえ…

何だそのTシャツは!!

その日の朝、適当にTシャツをカバンに入れた自分をぶん殴りたいです。
※僕は北京に縁もゆかりもありません。


これからの英雄学園は、
「円卓の生徒会」の元ネタとなった「円卓の騎士」のみならず、「壬生浪士組」「織田信長の本能寺の変」と、史実通りにいけば、とんでもなくシリアスな展開へ急降下していきます。  
全てはガムシャニズムさん次第のところではありますが、いずれにせよ次作で何らかのクライマックスを迎えます。
真山がクビにならなければ(笑)アーサーはいるはずなので、さらに全身全霊で挑みたいと思います。生き様みせます。

来年2月、劇場でお会いしましょう。

今回の英雄学園、もはやコメディ枠になりつつある、僕アーサー率いる「円卓の生徒会」ではいろんなことが起こりました。 
妹モルドレッドの成長、新キャラ書記職ガウェイン・グアルヴァンの登場、元会長補佐ギネヴィアの「特待Sクラス」への異動…関係性が目まぐるしく変わりました。
元会長補佐のギネヴィアはエビになりました。
嘘です。ちゃんとした写真をつっちー(ギネヴィア)のTwitterから拝借しました。
凛々しい。

旧生徒会の揃った写真
(フリートークの先攻後攻じゃんけんより)
かろうじて新旧生徒会揃っている写真。
遠いし一昨日の方向向いてるし、ろくな写真がねぇな!!笑

そんな生徒会、アーサーにとってはもちろん、真山にとっても特別な場所です。

僕は朴念仁のアーサーを演じるにあたって、邪念をなくすため、なるべく頭を真っ白にして何も考えないようにしています。
しかし、このメンバーとのシーンでは、さすがの朴念仁も無意識レベルで安心感のようなものを感じます。
仲間というよりむしろ家族に近い感覚で、日常編・非日常編、両編通してとても居心地のいい場所でした。
英雄学園において僕が、生徒会長アーサー・アルトリウスでいられるのは彼らのおかげです

続く…

公演が終わって一週間、日常を取り戻し、親知らずを抜いたりして過ごしていた真山です。
上顎二本合わせて30秒しかかからず、文字通り秒殺でした。
親知らずで悩んでる方いれば、紹介いたします。笑

遅ればせながら…
ガムシャニズム vol.3
英雄学園〜unordinary everyday〜
終演致しました。


ご来場いただいたお客様、スタッフさん、共演者の皆々様、応援いただいた方々、「英雄学園」に関わる全ての方々に御礼申し上げます。

まず、ご覧になった方にもそうでない方にも声を大にして言いたいのが、今回僕が演じたアーサー・アルトリウスは劇中で必殺技を披露しました!!

その名も、

刃神断撃烈破!!

ハシンダンゲキレッパと読みます。
刃神拳で四肢を刃の状態にして、高速で連続の斬撃を叩き込みます。

これを、大槻祐介さん演じる「飢渇のハルファス」に炸裂させたわけですが…
あれですね。必殺技って緊張しますね。
これで決める!必ず殺す訳ですから、アーサー的にも真山的にも絶対失敗できないんですよ。図らずも緊迫感のあるシーンになりました。

当たり前ですが、実際に炸裂させるわけにはいかないので、相手のリアクションが重要。一緒にかっこいい必殺技をつくってくれた大槻さんと動きを付けてくれたアクションコーディネーターの有賀太朗さん、そもそも必殺技披露の機会を書いてくれた脚本の須藤旭さんに足向けて寝られません。
そんな刃神断撃烈破、マリアレーゼやノブナガ、近導の必殺技に比べて華やかさはありませんが、刃神拳を極め、イグジスト千里眼を持つアーサーらしい技で、個人的にはとても気に入ってます。
好きです、刃神断撃烈破。

必殺技だけではなく、通常の刃神拳での立ち回りにも反響がありました。
刃神断撃烈破は有賀さんでしたが、それ以外のアクションコーディネートは米澤良樹さんがつくってくれました。
僕はちょっとよくわからないのですが、前回よりも刀を持つ人間の動きに近づいたそうです。確かに、稽古の段階で何となく足運びや、手の振り方の変化は感じながらやっていました。
結果、"刃神拳、前より良くなってる"等の声をお客様からいただき幸いです。
アクションコーディネーター諸先輩方でさえまだまだ成長しているんだから、若輩者の僕は次回までにもっと精進しないといけないなと、身が引き締まる思いです。


今回、刃神拳アクションが進化したり、必殺技が出たりしましたが、次回の敵は神々…
刀剣レベルの攻撃力のアーサーに勝ち目はあるのか??新しい技が出るのか??異能力、イグジストが変質するのか??
様々な憶測が飛び交いますが、僕も皆さんと同じです。今はわかりません。

続く…

↑このページのトップヘ