2005年05月30日

ビデオ鑑賞

c54ff671.bmp
土曜日にビデオを借りにレンタル屋に・・・。
目的は葵の為の『あんぱんまん』。
でも・・・見たいビデオがあって私も借りちゃった。
葵を寝かせてから一人でビデオ鑑賞。
 
1本目は『天国の本屋〜恋火』
生きているのに“天国の本屋”にスカウトされた、ピアニストの健太。伝説の“恋する花火”を復活させようとする和菓子屋の看板娘、香夏子・・・。
会ったことのない二人は、天国と地上で、あるひとつの“失われた恋”を追いかけていく・・・。
 
天国に逝く者・・・地上に残される者・・・どちらも辛い想いを残している。
私も2年10ヶ月前に可愛い娘を亡くしている。
生きていたらいっぱいお話し出来て可愛い盛りだろう・・・。
毎日忙しさの中でバタバタと過ごしているが私も娘を天国に送り出したあの時から立ち止まっている想いがある。
2度と会えなくても、想いは伝わる。あなたが天国を信じている限り。
『天国の本屋〜恋火』を見終わったとき、
あなたの心には、きっとあたたかい灯がともっているはずです。
それこそが、本当の天国かもしれません・・・。
このフレーズに惹かれて見たのだが・・・見て良かった。
私の優奈に対する想いは消える事は無い。
悲しい想い・・・悔しい想い・・・寂しい想い・・・でもその想いがこの映画を見て少し愛しく思えた。
残された私の人生・・・残された意味を大事にして生きて行こうと思う。
ママは『優奈』の分も一生懸命に生きるよ。
今夜は優奈の事を思ってグッスリ眠れそうだ・・・。
 
2本目は・・・
 

hosini...どっちも竹内結子だね。(;´▽`A``

これはまた明日にでも見ようっと。



masap2002 at 02:49│Comments(2)TrackBack(1) 心の日記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 昨日の感想・・  [ しあわせになろうよ ]   2005年05月30日 11:22
昨日午後から2本のDVDを一気に観た!「天国の本屋・恋火」&「ターミナル」その感想を今日は書いてみたいと思う。まずは・・「天国の本屋・恋火」この映画は昔私がビデオで観た大林宣彦監督の「あした」という映画に何だか少し似ていた。内容こそは違うけど「天国」で逢

この記事へのコメント

1. Posted by ゆき   2005年05月30日 11:20
観たんだ〜^^良かった!
まさぷーの天国への想い(優奈ちゃんへの想い)
が少し癒されたのなら観た甲斐があったね〜
良い休日が過ごせたみたいね。この記事私のとTBさせてもらうね〜♪
2. Posted by まさぷー   2005年05月30日 16:01
みたよ〜♪
天国の優奈が寂しい顔しない様に私も笑顔で頑張らなきゃね。
複雑な想いもいっぱい有るんだけど・・・それでも生きなきゃね。
そう思わせてくれましたよ。
私の生きてる意味を大事にしなきゃね!!TBありがとう。
わたしもTBさせて貰うね。。。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール
まさぷー
18歳の時に16歳から付き合っていた5歳年上の男性と結婚。
可愛い息子2人にも恵まれ幸せでしたが・・・
訳あってその後離婚。
息子達を連れて8歳年下の旦那(旦那は初婚です)と2000年に長い同居を経て再婚。
2001年妊娠4ヶ月で繋留流産、2002年長女【優奈】を死産と悲しいお別れが続いた。
しかし、その悲しみを乗り越えて・・・
2003年【あ〜ちゃん】を出産。
波乱万丈な人生でしたが・・・
今やっと家族みんなで平凡だけど幸せな毎日を過ごしております。
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: