ちちぶ発@水色ガールフレンド♪☆

ちちぶ発@徒然なるまま趣味日記☆

鎌倉市発@マンホールの蓋☆

おはようございます。


おなじみ、ご当地では、目線を下げて眺めて楽しマンホールの蓋シリーズですが

image

昨日、鎌倉市で見かけた蓋は

image

image

真ん中に鎌と描かれたまさにシンプルさが潔い蓋で


神奈川県の県水道の蓋は

image

右上は県の花であるヤマユリで、左上のは県の木のイチョウで、左下のは県の鳥であるカモメで、互いに反対を向いた2羽をデザインしたもので、右下は海を表しているそうです。

いざ!@鎌倉江ノ島七福神巡り♪☆

こんにちは♪


思い立ったが吉日と、快晴の本日は、夏休でしたので、いつか巡りたいと思っていた鎌倉江ノ島七福神巡りに訪れました♪

image

電車を乗り継いでたどり着いた、北鎌倉駅からスタートで

image

image

まずは、弥勒菩薩の化身といわれる不老長寿の神の布袋尊の鎌倉五山第四位の浄智寺

image

image

午前9時の開門を待って入りまして

image

布袋尊のお腹を撫でつつ

image

ここで色紙を購入して、初の御朱印を頂きました♪


ここから20分ほど歩いて

image

image

image

芸能・開運の神で源頼朝や北条政子が諸祈願を行なった弁才天と伝えられる旗上弁財天の

image

おなじみ鶴岡八幡宮から


仏教を守護する四天王の一人で病魔対敵の神の

image

萩が綺麗に咲いていた

image

image

毘沙門天の宝戒寺


中国道教に起源を持つ長寿の神の

image

image

image

寿老人の妙隆寺


商売繁盛の神で、幕府の裏鬼門に当たっていたので、幕府を守る神として源頼朝が祀ったとされている

image

image

image

夷尊神の本覚寺


鶴岡八幡宮から本覚寺まではまとまって点在していましたが


そこからは電車ルートですが、鎌倉駅から江ノ電へは乗らずに

image

image

2.5キロほど歩いて


小学生の団体も多く賑やかな

image

image

image

image

財福の神の大黒天のおなじみ長谷寺へ

image

隣にあるのは幸福・財宝の神の

image

image

福禄寿の御霊神社


ここでは若い女性の方に御朱印を書いて頂きましたと


七福神巡りを達成したあとは

image

image

さすがに距離が長いので、長谷駅からノ電に乗車して

image

image

車窓からの景色を楽しみながら江ノ島駅へ

image

image

image

神奈川県藤沢市片瀬地区にある湘南海岸から相模湾へと突き出た陸繋島の江の島へ

image

観光客で賑やかななかで、海を望む景色に癒されながら

image

image

image

鎌倉江の島七福神とする場合に加えらる弁財天の江の島神社を

image

image

でっかく参拝しましたっ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


自己満ですが、武家の古都の鎌倉の地の七福神巡りは、汗ばむ陽気のなかで歩いて御利益に授かれたかな♪


頂いた、鎌倉江の島七福神の8つの御朱印は

image

こちらですと

image

あがりに、鎌倉駅で下車して

image

こちらも賑やかな小町通りの

image

路地裏にある美水にて


アマダイの天ぷらがかなり美味しかった

image

image

最後まで七福神巡りで、えびす御膳をまったりと頂きましたっ\(^o^)/

実を愛でる@小紫☆

暑さ寒さも彼岸までと言いますが


秋の彼岸の中日は9月23日で、今日9月20日は秋の彼岸の入りです。



「彼岸」は仏教用語で、仏教では、今私たちがいる煩悩や迷いに満ちた世界を此岸(しがん)といい、この此岸にある者が六波羅蜜(ろくはらみつ・菩薩になるための方法)の修行をすることで煩悩や悩みの海を渡って辿り着く悟りの世界を彼岸といいます。



お彼岸は、極楽浄土に想いを馳せ、より彼岸に近づけるよう修行をする期間といわれています。



また、彼岸は西、此岸は東にあるので、秋分と春分は太陽が真東から昇って真西へ沈むことから、彼岸と此岸が通じやすくなると考えられ、先祖供養をするようになったそうです。


おはようございます。


そんな彼岸の入りの我が家の庭では

image

紫式部の仲間の小紫(コムラサキ)が紫色の実を無数に付けています。

image

紫色の実の清楚な美しさを平安美女の紫式部にたとえたのが紫式部ですが、小紫も紫式部より背丈が小さく実の付きが良く、花より実を鑑賞する植物として親しまれていますねっ(*^^*)♪

飯能発@長寿庵のオムライス♪☆

おはようございます。

image

昨日は、巾着田に曼珠沙華を観に行ったあとに

image

飯能銀座通り商店街にあるおそば屋さんの長寿庵に初来訪で


おそば屋さんでもラーメンから洋食まであるなかで


お目当てのオムライス@900円を注文♪


そう、値段が微妙な900円ですが


実は、このオムライスが、かなりデカ盛りなのですと


初めから親父と2人でシェアするつもりでしたが

image

なんと、ご飯がお茶碗5杯くらいあるかな!

image

ご飯がはみ出るくらいであまりのデカさ親父もびっくりななかで

image

デカくても大味ではなく懐かしさを感じる昔ながらの味わいでしたと、贅沢に完食しましたっ(*^^*)♪


そうそう、このオムライスは高さもすごい!


断面は

image

こんな感じです♪

巾着田 秋を彩る 曼珠沙華☆

昭和40年代後半に、巾着田の用地を当時の日高町が取得し、藪や竹林、あしに覆われた現地を整地したところ、9月頃一斉に曼珠沙華が咲き揃い、多くの方の関心を呼ぶようになりました。


河川の増水等により流れてきた漂流物の中に混じってきた球根が漂着し、根付いたものと考えられています。


秋の彼岸には、約500万本の曼珠沙華が赤いじゅうたんを敷き詰めたように咲き渡ります。


こんばんは♪


敬老の日の本日は、そんな日高市巾着田の曼珠沙華を観に親父と訪れました。


まずは、江戸末期に台山大沢堀をつくり、円福寺庭の不動様を移して祀り、明治33年に現在地に移設したという

image

image

image

image

旧299号沿いにある台瀧不動尊を初参拝で

image

image

そこから歩いて訪れました

image

清流高麗川が蛇行した形が「きんちゃく」の形に似ているから巾着田の曼珠沙華は

image

image

image

まさに、今が見頃で

image

image

image

image

image

汗ばむ陽気のなかで、出店と子どもたちのステージでのダンスもあわせて

image

image

秋の彩りの風景を楽しみながら散策しましたっ(*^^*)♪

あおしぐれ@HONMOKU STREET MUSIC Vol.7〜イオンで良い音!〜☆

こんばんは♪


本日は、日中はまだ台風も大丈夫でしょうと


イオン本牧店にて開催の「HONMOKU STREET MUSIC Vol.7〜イオンで良い音!〜」のツーマンのフリーライブに出演した

image

アコギ&ボーカルのみたにさんとベース&コーラスのたかがいさんからなるユニットのあおしぐれを観に行ってきました♪


横浜駅からバスに乗車して到着したら、ちょうどあおしぐれのみたにさんに行き合いまして、お話しながらとりあえず会場へ


雨の影響で、2階の野外のインスパニア広場から3階の催事場に変更になってのライブは


午後1時開始で、最初の紹介もなくいきなり始まりましたが


人間模様をするどく描く楽曲に、いつもしんみり感情移入しちゃうあおしぐれのステージを

image

最近は、レパートリーも増えて、いつも同じセットリストでないのもいー感じだなと聴き入って


30代の男性アコースティックデュオのもりきこは

image

井上陽水の少年時代から美川憲一のさそり座の女からビートルズのヘルプまで、カバー曲とオリジナル曲を交えての演奏が耳に優しいなかで


紅白に出場するのが目標と


やっぱりいくつになっても夢はでっかいほうがいいよねと思いながら


いつもながらほんわかアットホームな感じで、あおしぐれの2人と愛知から今日は車で来た顔なじみのファンの方とお話して帰りましたっ(*^^*)♪

実るほど頭を垂れる稲穂かな☆

実るほど頭を垂れる稲穂かな


稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということです。


こんばんは☆


土曜日の本日は


天候不順につき

image

秩父からはアクセスの良い神川町のかんなの湯に両親と訪れてまったり過ごしましたが

image

近くの田んぼでは、実りの秋に、実るほど頭を垂れる稲穂の光景が目に映えましたっ(*^^*)♪

秋の散歩道@薄紅の秋桜☆

淡紅の秋桜が秋の日の


何気ない陽溜りに揺れている


此頃涙脆くなった母が


庭先でひとつ咳をする


こんばんは♪


秋の桜と書いて秋桜(コスモス)

image

image

昼下がりの田舎の散歩道にさわやかに咲いていましたっ(*^^*)♪


さて、明日からの3連休は


関東は日曜日の夕方から月曜日にかけて台風18号が接近して雨脚が強くなる予報で


明日はどこか登山へ行こうと思っていたのですが、こりゃあまったり過ごしたほうが良さそうですね!

鈴ひろ庵@きのこカレーラーメン♪☆

こんばんは♪


日中は、またまだ暑い!


本日の昼下がり

image

image

道端でも曼珠沙華@彼岸花が咲いて秋の訪れをさらに感じるなかで


自転車こいで訪れましたは

image

道の駅あらかわ併設の鈴ひろ庵にて

image

きのこに鹿肉や行者にんにくを使ったメニューが多いなかで


頂きましたは、きのこカレーラーメン(鹿肉入り)@720円


こちら♪

image

カレーの辛さも刺激的ながらきのこに鹿肉に山菜が入って、まさに素朴な田舎の味わいを感じられる贅沢な逸品でしたっ(*^^*)♪


そうそう、曼珠沙華といえば、20日には、日高市の巾着田の曼珠沙華の里に天皇皇后両陛下が高麗神社とあわせて視察に訪れるそうです。

しあわせ運ぶ@胡瓜の花☆

昨夜訪れましたは、某こがね♪

image

何気に焼き鳥が美味しいこのお店


はじめましてのバイトの女の子が、マスターの影響か、登山を始めるそうで靴も買ったとか。


18日に金峰山に行く予定だそうですが…


せっかくの3連休は、台風が心配なところ


とにかく、気さくな可愛らしい感じの子で話に花も咲いたので、登山が好きになって、山ガールになってくれたらいーなと思ったりしました♪


おはようございます。


話に花が咲いたり


いろんな花が咲くなかで


野菜だって実る前に花が咲く


こちらは、今が旬

image

我が家の畑に咲いた


しあわせ運ぶかな

image

image

黄色い胡瓜の花ですっ(*^^*)♪

秋海棠 西瓜の色に 咲きにけり☆

日中はまだまた暑いのですが、朝晩はかなり涼しくなりまして


昨夜は毛布一枚で寝て、今朝目が覚めたらかなり寒かったので、もう一枚かかりました!


おはようございます。


そんな秋の訪れを感じる季節

image

我が家のリビングに飾りましたは、バラ科の秋海棠(シュウカイドウ)


江戸時代に中国から渡来した帰化植物で、バラ科の海棠に似た花を秋に咲かせるから、秋海棠(シュカイドウ)との名がつきました。


そんな秋海棠を


秋海棠 西瓜の色に 咲きにけり


そう詠んだのは、おなじみ俳人の松尾芭蕉です。


ちなみに、今朝の歩いて通勤途中にも

image

咲いていましたっ(*^^*)♪

ちちぶ発@萌ゆる秋夕焼☆

こんばんは♪


季節は初秋


仕事を終えて、我が家に帰ってほっとひと息♪


ちちぶ発@秋夕焼けが

image

かなり綺麗で、萌ゆる秋でしたっ*・゜゜・*:.。..。.:*・'(*゜▽゜*)'・*:.。. .。.:*・゜゜・*

彦根発@石のひこにゃん☆

彦根藩二代当主である井伊直孝公をお寺の門前で手招きして雷雨から救ったと伝えられる"招き猫”と、井伊軍団のシンボルとも言える赤備え(戦国時代の軍団編成の一種で、あらゆる武具を朱塗りにした部隊編成のこと)の兜(かぶと)を合体させて生まれたキャラクター。


愛称の「ひこにゃん」は、全国よりお寄せいただいた1167点のなかから決定。また、巷ではひそかに「モチ」という愛称も……。


おはようございます。


そんな彦根市の愛すべきキャラクターのひこにゃんは

image

彦根城の博物館前の午前10時30分からの登場を観覧したのですが


実物もかなり可愛らしいなと


帰りに彦根駅から彦根城へ向かう通りにある

image

伊藤石材店には、なんと、石のひこにゃんがいまして

image

これは良くできているなと、しばし眺めていましたっ(*^^*)♪


この石のひこにゃんは、販売もしてるので、ちょっと欲しいなと思ったりして…

名古屋発@消火栓の蓋☆

おはようございます。


観光に訪れたなら


目線を下げて、眺めて楽し


名古屋で見かけたマンホールの蓋ではなく消火栓の蓋は

image

image


おなじみ名古屋城と天守の両端にそびえ立つ金のしゃちほこでしたっ(*^^*)♪
Profile
Recent Comments
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks
Archives
  • ライブドアブログ