37cb7c20.jpg9月1日の防災の日にちなんで、今日は秩父市でも各町会で防災訓練が行われまして


我が町会でも自分が所属している消防団も参加しての指導のもと


f84678f0.jpg

消火栓を使っての放水訓練と

0052b0e1.jpg

水消火器を使っての初期消火の訓練を行いました。


はい…


「災害は忘れた頃にやってくる」とも言いますが


だからこそ「備えあれば憂いなし」で


ひとりひとりの心がけも大事ですが、いざとなったらひとりではできないこともたくさんあるので、地域がひとつになって防災組織を作って協力すことは肝心だと思うのです。


自分自身、消防団に入っていて、火災現場で活動したことも多々あって、災害の恐ろしさを身を持って経験しています。


そんな消防団活動にしても、ひとりひとりの団員の意識はもちろんですが、地域の協力があってこそ成り立つもので


次の時代を担う若者が、消防団に積極的に参加できるような体制づくりも必要なんじゃないかと


勧誘に行ってもまずは親が理解を示してくれない家庭が多い現状はいかがなものかと思うのです。


地域の同年代で集うだけで学び成長することはたくさんあると思う


消防団活動に入ってから学んだこともたくさんありますし、集った時はある意味友人以上に付き合うことのできる仲間もたくさんできました。


地域には、様々な活動がある中で、都合の良い時だけの消防団ではないのですよ。


ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが失礼しました。


今日は、その後の部隊の中継訓練も悪天候により中止になったので午後は有意義に過ごしたいと思っています('-^*)/