ちちぶ発@水色ガールフレンド♪☆

ちちぶ発@徒然なるまま趣味日記☆

秩父銘菓☆

ちちぶ発@お勧め紅葉情報♪☆

こんばんは♪


吉田地域が一丸となって作り上げた

image

image

image

昨日の龍勢祭も終わり


皆さんお疲れ様でしたと


さて、これから、秩父地域も本格的な紅葉シーズンに入ります。


秩父地域の紅葉で、お勧めは


image

長瀞の月の石もみじ公園と

image

長野県との県境に源を発する中津川が形成した約10kmの渓谷の大滝の中津峡です。


例年の見頃は、11月上旬から中旬にかけてです♪

秩父中村屋@黒のブルーベリーケーキ☆

587b80da.jpg

3f169927.jpg

こちらはおいらのブログでは、みそだんご&ぜんざいだんごでお馴染みの秩父中村屋の黒のブルーベリーケーキです。


竹炭入りでふんわりしっとり甘酸っぱい大人のケーキはおひとつ150円☆


赤ワインでものみながら上品に頂きたい逸品です♪

玉木家@あの花どら焼☆

本日のお昼は、番場通り(秩父神社の表参道)にある恋するいちご大福でお馴染みの玉木家にて

cd4ed255.jpg

f2e8c387.jpg

7daea3c5.jpg


頂こうと思いつつなかなか機会がなかった


5c27b78f.jpg

1c0ab90d.jpg



あの花どら焼@210円を買ってお持ち帰りしました♪


(秩父が舞台になったアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」通称「あの花」についてはもはや説明不要ですね。)

0fdd8091.jpg



こちらは、一見普通のどら焼かと思いきや

d71ad27b.jpg


なんとっ!


めんまをイメージしたとかで、中に白い小豆餡が入ってるんですよと


白い小豆餡は、普通の餡子とはまた違うマイルドな食感で美味しく頂きました♪


あの花どら焼は、お値段高めですが一度は頂いてみる価値ありですよ(*^^*)♪


そうそう


今日は、幾度も訪れているのに、店のおばちゃんが


どちらからいらしたの?あの花好きなの?と


おいらのことを忘れたのか、完全にアニヲタに見られてましたねと


やっぱり昼下がりにリュックしょって写真撮ってれば、そう見られるかもなと


ひとり自画自賛?してみたのでありました(^^;


実際、玉木家のおばちゃんいわく、福岡から訪れたファンもいるらしいからアニヲタのパワーは凄いなあと


マナーもそんな悪くないから若者が聖地巡礼で訪れて、秩父の活性化に一役買ってますよね♪

坂本屋菓子店@定峰やき☆

銘菓にはその地域の風土と伝統が詰まっていますと

bfe23fc6.jpg


今宵ご紹介しますは、秩父市内は山田の高篠小学校の通りを定峰方面へ向かって信号のあるY字路のとこの右側にある坂本屋菓子店の定峰やきです♪


ここの銘菓といえば定峰まんじゅう@1個70円がお馴染みですが


定峰やき@100円がおいら心をくすぐる逸品で


c2f35ddf.jpg

db04f89b.jpg

31b9dfc4.jpg


生地がふわふわ、餡はしっとり


殿様でなくても


まいう〜\(^^)/


思わず声がでちゃう


極上な逸品なのです♪


この定峰やきは、カスタードクリームもあるんですが、こちらもまた旨いんですよと


あわせて、大人食いしてみては如何でしょう?


ちなみに、こちらは本日の酒の肴第2章ですが、何か問題でも?

八幡屋@秩父自慢☆

昨日は立冬でしたがやっぱり急に冷え込みましたねと、今朝も寒さを体感しながら歩いて出勤しています。


おはようございまぁくん。♪



地域の銘菓にはその地域の風土と伝統が詰まっていますねと


まだまだあります。


お菓子な街@秩父銘菓☆


6eb2d209.jpg



こちらは、八幡屋本店の「秩父自慢」@105円です♪



08048e9f.jpg



秩父神社前の番場通りにある和菓子の老舗、八幡屋本店は、創業明治35年、日本最初の貨幣として秩父から献上されたゆかりの「和同開珎」を型どった「和銅最中」がおなじみですが、おいらが好きなのは、八幡屋一番人気の画像の栗あんで上にくるみをのせた焼菓子「秩父自慢」です。


小ぶりながらしっとり濃厚な味わいがクセになるまさに秩父の自慢の逸品は、昨夜、食後に誘惑に負けて頂いちゃいました\(^^)/


そんな感じで、只今八幡屋前に到着


秩父では伝統の味を守っている感じがする


風格と品格があるお店の画像も

3b0f8278.jpg


控え目に1枚(*^^*)♪


和同開珎がまた渋いですね♪


さてさて


今朝のひと言@馴染みの焼き鳥屋さん「鳥新」がお休みしてもう3週間くらいたつでしょうか…
このまま、思い出の味となってしまうのか?
そう思うとお昼の鳥新弁当が無性に食べたくなる今日この頃です。

道の駅ちちぶ@黒ゴマソフト☆

1b07ce8a.jpg
携帯を替えてもおいらのライフスタイルもブログスタイルも変わるはずもなく


昼下がりは、定期的に訪れる道の駅ちちぶにて


今日は秩父コロッケでなく黒ゴマソフトを美味しく頂きまぁくん。♪

ケーキのミヤシタ@オムレット☆

b5153b3d.jpg2c2a484e.jpg
昼下がりは陽気にサイクリンgood!と、新車を軽快に飛ばして訪れましたは秩父市内は中宮地町にあるケーキのミヤシタ(宮下洋菓子店)です♪


久しぶりに食べたくなってお持ち帰りした、オムレット@110円


60028540.jpged8f6b72.jpg


生クリームとチョコを2つ大人食い〜(^-^)/


こちらは、ふわふわの生地に甘いしっとりしたクリームが絶妙で、懐かしさを感じる素朴な逸品で美味しく頂きましたよ('-^*)/


ちなみにこのお店、ケーキも100円台が多くかなりお買い得なお店なんですよと


軽快に新車をこいで、いつもとちょっと違った風景を楽しんだ昼下がりのひとときは



596c3f3b.jpg



チョコっと生食うリームの旅でした♪(*'-^)-☆

秩父銘菓Vol.3@御菓子司せきね☆八間だんご☆

bb135c49.jpgf01b122b.jpg
健康だか不健康だかわからない?


真面目だか不真面目だかわからない?


下手な鉄砲をいくら撃っても当たらない?


謎が多いおいらのブログへようこそ(^-^)/


おはようございまぁくん♪


地域の銘菓にはその地域の風土と伝統が詰まっていますと


まいう〜秩父銘菓@Vol.3☆


秩父八間通りは、秩父市内を通る秩父往還のバイパスとして、昭和33年に開通しました。


埼玉県熊谷市より山梨県甲府市に至る秩父往還の中間地点にあたる秩父で、往来する人々の一服のお供にして頂ければと名付けた「秩父八間だんご」を末永くご愛願頂ければ幸いでございます。


そう包み紙に書いてある上宮地の140号沿いにある「御菓子司せきね」の秩父八間だんごを昨日のお昼に頂きました(^-^)/


みたらし・ごまだれ・おぐら・いそべ・くるみ・ずんだ・ちーず・かつおと種類が豊富な中でチョイスしたのが


24f734b1.jpg4c9335b8.jpg


みたらし@74円☆


おぐら@84円☆


くるみ@94円☆


です(^-^)/


そう♪


3本まとめて大人買いの子ども食いで、計12玉をガッツリ頂きましたぁ\(^_^)/


今回は、変わらない味で定番のにしましたが、餡がたっぷりかかったずんだやちーずもまた和の中に洋のテイストで美味しいんですよ('-^*)/


ちなみに、このお店は矢尾百貨店に入ってたり、芝桜に出店したりもしてますね♪


はい…


ここで団子豆知識をひとつ


団子が一般的になった江戸時代は、串に5つさすのが主流でした。


当時は1つ1銭でひと串に団子の玉が5つで売られていたのが、1760年代に4当銭の貨幣が発行され、ひと串に4つさして売るようになったそうです。


なるほど


ちょっと前のだんご3兄第ブームもありつつ


やっぱり串団子は4つくらいがちょうど食べやすいですよね(^_-)☆


そんな感じで、朝からすでに花より団子?


いや、欲張りなおいらは花も団子も召しましょうかと


今朝のトイレに飾られた可愛らしい花


6e7e1d23.jpg713d486f.jpg


いつまでも咲いている橙色のマリーゴールドの華やかさに負けじと


今日もひと串♪


もといっ!


今日もひと花咲かせたいなぁと思うのでありました♪(*'-^)-☆

秩父銘菓VOl.2@ニューみとや☆レモンケーキ☆

b6f014b3.jpg地域の銘菓にはその地域の風土と伝統が詰まっていますと


まだまだあります


まいう〜秩父銘菓VOl.2☆


こちらは秩父市内は野坂町にある老舗の洋菓子屋さんのニューみとやの
046842dc.jpg
866b1e35.jpg


レモンケーキ@110円です♪


レモンケーキと言えば、レモンの形をしたレモン風味の懐かしのケーキですが


秩父地域では、先に紹介した小鹿野こいしの八宮松雪堂とこちらのニューみとやで買えるのです(^-^)/


こちらのレモンケーキは、昨日電車の中で腹ごしらえに頂きましたが、レモンチョコが多めなのが嬉しいかな


カステラ生地ももっちりで


ひとつ食べれば2つ3つと食べたくなる


素朴ながら贅沢な逸品なんですよぉ\(^_^)/

秩父銘菓Vol.1@八宮松雪堂☆小鹿野こいし☆

c1ef4435.jpg89ea8a79.jpg
地域の銘菓にはその地域の風土と伝統が詰まっていますと


始まりましたは


まいう〜秩父銘菓Vol.1☆


こちらは、山芋を生地に練り込み半生に焼き上げた2枚の生地の中にマーガリンがはさんである


独特な風味が病みつきになる小鹿野の街中にある八宮松雪堂@小鹿野こいし☆110円です。


表面に付いたメレンゲは小鹿野町に流れる赤平川のさざなみをイメージして、小鹿野こいしのこいしとは赤平川の小石と小鹿野が恋しいと言う2つの意味があるんですよと


こちらは、お酒のお供に食べたい見た目はシンプルながら贅沢な逸品です('-^*)/


今日もひとつ


うん銘菓♪


ご馳走さまでしたぁ\(^_^)/


Profile

masapee777

Recent Comments
QRコード
QRコード
Recent TrackBacks
Archives
  • ライブドアブログ