選挙

日曜日は衆議院議員選挙です。

僕も朝から投票所に行きたいと思います。

人やテレビやネットで情報収集しどこに誰に入れるか大体決まってきました。

無党派の僕みたいな人間は毎回考え直します。

自民党は、戦後の今までの日本の政治を担ってきたと思うけど、人材もバランスもやっぱり一番だけど、その分政官財の癒着が半端じゃないし、隠蔽体質に歯止めがきかないし、一度政権交代したくらいじゃ反省しかしない。

希望は、自民党と全く変わり映えしないし、万が一勝ったとしても阿部首相を引きずり落としたら、反阿部派の自民党と一緒になるだろうし、まだまだ分裂しそうだし、やっぱり「排除」ってね。

維新は、身を切る改革良いじゃないと思うけど、石原元都知事と一緒になろうとし失敗してから打算的なイメージが拭えないし。

立憲民主は、草の根的な思想が一致するけど、候補者数的にも政権を担うことはあり得ないし、そもそもどこまで実力があるのか。

公明は宗教だし。

共産は批判専門だし。

社会はお役御免だし。

こころは大分怪しい。

やはり今回も悩ましい。


どこに入れても変わらないのかもしれない。

それでも望みは持ち続けるよ。

部分に目をつぶって全体のバランスをとるか、二大政党制の育成に努めるか。

たかが一票されど一票。

おおよその予想は出てますが、やはり一国民として行かなきゃ。

そして一国民の前に、一地球人、一生物。

大事な物はすぐそこにあるのに無くすまで気づかない。

今の政治を見るとそっちじゃないんだよと感ぜざるを得ません。

僕たちは地球に生かされてるんだよ。

その時お金は何番目に必要かな。

大事な事を忘れちゃならないよ。

選挙には行かなきゃ。 

行きますよ。
 

今週土曜

ドラム録音は今週末です。

もうトラックの詰めは終わったので、いつでもエンジニアの剛に預けられる状態。

思いの外良い感じになってるから、レコーディング後もそのまま剛にお任せ出来るかな、と思ってます。 

それでもBFGスタジオのパソコンが壊れて、日程が先延ばしになるかも?だって。

まあその時はその時だね。

こちらは準備するのみ。


ということで今はドラムの詰め。

アルバムだから10曲程度、まあ多いかな。

それでも、この5ヶ月、耳から汁が出るくらいこの子たちを聞きまくったから、大体は大丈夫。

体も音源についていってくれてます。

それでも、部分部分でまだ体が慣れてない箇所もあり、もう少しスタジオ通わないと、そんな感じ。

ちょっとした手順だったりするんだけどね、後2回くらいの個人練で行けるかな。

早く皆に届けられると嬉しいな。

本当もうちょっと。 
 

And it stoned me

本当久しぶりに Van Morrison を良く聴いてます。

素晴らしい歌と演奏で単純にキッズに戻らされるんですが、

何より今の気持ちにフィットするんですね。 


僕だけなのかなこんな風に世の中に馴染めないのは、

なんて甘っちょろいことを考えてしまいますが、 

皆がそれぞれの夜を迎えていることくらい本当は分かってます。


それでも

このやりきれない気持ちをどこにやったらいいんだろう。

酒に流すようなことは、あんまり、したくないなあ。

そう最近気づいたことですが、

特定出来ない悲しみはいくつになってもやってくるものなんですね。

悲しみ、やるせなさ、寂しさ、無力感、孤独感

これらこそ自分が背負った、いや自然に背負わされた、「重たい荷物」ってことなのかもしれません。

生まれてこの方ずっと背負い続けてるんだよなあ。

さてそこで問題は

そんな気持ちをどんな風に消火、消化、昇華するかってことだと思います。

っていかがでしょうか(ってしょうがないなあ)。

はい。



例えば

ちょっと嫌なことがあり、イライラしてしまうとします。

って毎日ありますよね、それくらい。

それをイライラした感じで他の誰かにアウトプットしてみます。

それを受け取った誰かは、きっと、またイライラしてしまうでしょう。

負の連鎖が始まってしまうかもしれません。

それを想像しただけで罪悪感を覚え自己嫌悪に陥ってしまいます。

それをどこでストップしましょうか。

僕でストップ出来たら

それはきっと

とても嬉しいことですよね。



例えば

今夜みたいに行き場のない夜があったとします。

この悲しいような寂しいようなやりきれない思いをどこに運んでやりましょう。

あれこれ経験して今の僕ならこう考えらえる。

もう人にこんな気持ちにさせたくないって。

誰にもこんな気持ちがあるのは今なら分かるって。

次に会う相手なら無条件で喜ばしてあげられるって。

もらってきた感謝の気持ちを倍返しにしてあげられるって。

これは夢物語なんかではないよ。

もうとうに始まってる現実なんです。



家族や、これまで会ってきた音楽仲間、職場の仲間や、八百屋さん、コンビニの店員さん、スーパーのレジの人、

僕が今会う人はそれくらいだろうか。

全ては一瞬の出来事だから

そこで相手を喜ばしてやる

自分が疲れてる時こそ相手を笑わせてやる

簡単には乗り越えられそうにない夜だって

こんな小さな積み重ねこそが

まだ見ぬ世界を連れて来てくれるんだと思います。

Van Morrison どうもありがとう。

明日も良い日にします。

おやすみなさい。
 
livedoor プロフィール
記事検索
LIVE
the mantle brothers

2017年

未定
  • ライブドアブログ