新・筆者のつぶやき

体系的に教員免許事務に関する知識を解説します。                                                               単純ミスにより誤った情報を掲載している可能性を否定できず、更新の頻度によっては情報が老朽化する可能性も否定できません。当サイト内コンテンツの活用については全て自己責任においてお願いします。

<顧問弁護士> 弁護士 大西 康嗣  (いろは綜合法律事務所)    http://iroha-law.com/

6月22日の記事で次の紹介をしました。


https://www.spod.ehime-u.ac.jp/wt/forum/#page2

上記ウエブサイトの記載より抜粋
申込受付期間 ※事前申込制(先着順)
SPOD加盟校の教職員限定受付 : 6月21日(木)正午~7月6日(金)正午
SPOD加盟校外講師及びポスターセッション代表者限定受付 : 7月10日(火)正午~7月11日(水)正午
一般受付(SPOD加盟校の方も申込可) : 7月13日(金)正午~7月27日(金)正午

※「SPOD加盟校の教職員限定受付期間」及び「SPOD加盟校外講師及びポスターセッション代表者限定受付期間」に対象者以外の教職員が申込みされた場合は、受講登録ができませんので、あらかじめご了承ください。
※SPOD加盟校=四国地区の34の大学・短期大学・高等専門学校


私担当のセッションはまだ人数に余裕があるみたいです。8月30日(木)13:00~15:00の枠です。
資料写真
教職課程事務担当の専任職員を主眼においた講座ですが、先生の参加もあるようです。教職課程も事務は大学によっては先生もなさってますので。担当者としての役割はこのスライドにも書いてますが、日常業務の運営と教員養成政策の動向を追ってそれを踏まえた改善・新規提案を行うものと考えてます。その役割を果たすためにはどういう知識の獲得方法でもって獲得し、また獲得した知識をどう活用していくかということをお話する予定です。

開催要項送付ご希望の方はm-onoアットマークadm.ryukoku.ac.jp(小野)までご連絡ください。

テーマ:新課程開始に向けた準備について①
新課程対応の学力に関する証明書様式、経過措置、旧課程からのみなし
開催日時:9月29日(土)14:00~17:30

※5月18日に文科省から発出されました経過措置・みなし・学力に関する証明書に関するQ&Aを用いて行います。
※資料のみの送付は行っておりません。
※今年度も京私教協加盟大学以外の私立大学、国立大学、公立大学の方も参加可能です。

http://jaquahe.org/03news_pro.html
高等教育質保証学会第8回大会において、「教職課程、その質保証の現在と今後を考える」~再課程認定後の教員養成教育の質をどう確保し保証していくのか~ というセッションがあります。今年度の文科省の委託調査事業のテーマでもあります。

↑このページのトップヘ