(過去の改造日記はコチラ。
『ストラトの改造〜その1〜(「導電気塗料によるノイズ対策」)』
『ストラトの改造〜その2〜(「ピックガード交換」、「トーン配線変更」、「導電塗料によるノイズ対策」、「Villex舟形ジャックプレート内蔵Mid Booster装着」)』


先日ストラトをリペアに出しまして。
それが戻ってきました。

当初はナット交換とリフレットだけのつもりだったんですが、せっかくなのでついでにもう1フレット増やしてみることにしました。
このフレットを増やす改造は、接ぎ木によりネックを少し延長してそこに新たなフレットを打つ、延長した分ピックガードを削ってもらう、という作業だけかなと思ってたんですが、リペアマンと作業の相談をしてる最中に、「新たに接いだ木と元の木を馴染ませるために、接着した後で軽くヤスリをかけるからネックの指板のラッカーが剥がれるんだけど、それは大丈夫?」と言われ、その時、当初予定してなかった更なる要望を思い付きました。


じゃあ、ついでにネックの指板のRを変えてもらおう。


実は、前からこのギターRがキツいなとは思っていつつも、「このギターはそういうものだから」と割り切って、わざわざ変えようとまでは思っていませんでした。
でも、どうせヤスリかけるんだったら、ついでに好きなRに変えてもらったら一石二鳥じゃん、というわけです。
僕は元々塗装されてる手触りがあまり好きじゃなくて、このギターは買ったその日にネックの裏の塗装はほぼ剥いでしまったんですが、まさか指板側も剥がすことになるとは。。。

ネックの裏の塗装は有名どころだとZakk Wyldeなんかも剥がしてるけど、指板の塗装も剥がしてる人ってあまりいないような気がします。
パッと思いつくのはJoe Homesくらいかな。
Joe Homesってあまり有名ではないかもしれませんが、彼もZakk同様一時期Ozzy Osbournのバンドに在籍したギタリストで、改造ストラトを使ってました。
彼はリアPUをハムに変えて、指板の塗装を剥がして、ブリッヂをフロイドローズにして、ナットをロックナットにして、配線を1Vol、1Toneにして、たぶん右手の小指が当たって邪魔だからという理由からだと思うけどピックガードに新たな穴を開けてVolノブの位置を変更してました。
彼の演奏はOzzyのアルバムには収録されてないけれど、Ozzmosisのレコーディングの後すぐに脱退してしまったZakkに替わり、Joeが加入したわけです。
で、そのOzzmosis発表直後に日本でそのアルバムのリスニングパーティー(司会は勿論伊藤政則氏)という企画があり、なんとなく応募してみたら当たってしまい、当時JoeはおろかOzzyのこともイマイチよく知らないのにとりあえず会場である中野サンプラザに行って、わけもわからぬうちに彼らと握手なんかもしたわけです。

僕が初めて直に接した大物外タレが彼らだったので、自然と彼のギターにも興味を持って、色々と調べました。
Joeのプレイは公式アルバムには収録されていないので、当時海賊版のビデオを買い漁って研究したものです。
そして、すぐに彼の改造ストラトに憧れましたが、ブリッヂとかナットを替えたり、ピックガードを加工するなんて自分ではとてもできる気がせず、結局できたのはシングルサイズのハムバッカーを買ってきて取り付けるくらいでした。
かれが、全然良い音がしませんでしたが(苦笑)。


おっと、思い出話に花を咲かせ過ぎました。
今使ってるギターの話に戻して、ここ最近一気にやったストラト改造をリストアップしてみます。

「キャビティー内のシールド処理によるノイズ対策」
「トーン配線の変更」
「ピックガード交換」
「ネックプレート付近のヒールレス処理」
「舟形ジャック内蔵型のミッドブースター装着」
「指板のR変更」
「ナット交換」
「リフレット」
「フレット追加」


自分でやったのは「キャビティー内のシールド処理によるノイズ対策」と「トーン配線の変更」と「ピックガード交換」と「ネックプレート付近のヒールレス加工」と「舟形ジャック内蔵型のミッドブースター装着」で、
「指板のR変更」と「ナット交換」と「リフレット」と「フレット追加」はリペアショップでやってもらいました。
ここまでやってしまうと、このギターの制作者である故John English氏に申し訳ない気もしますが…ギターは使ってなんぼですからね。


リペアマンに英語で説明しなきゃいけないので、ちゃんと要望が全て伝わってるのか些か心配ではありましたが、しっかり要望通りに仕上げてくれました。
リフレットって実は今まで一度もやらずにギターを弾き続けて来たので気づきませんでしたが、フレットが新しいって素晴らしいですね。
弾きやすさが全然違います。
っていうか、今までが酷過ぎた。
指板のRも、少しだけフラットにして、とても良い感じです。
さっそく自分好みに細かい調整をして、どんどん良い状態になってきました。
勿体ないのでリペアマンが張ってくれちゃった弦はまだしばらく使いますが、次に弦を張り替えるときには張り方も自分仕様になるから、更に快適になるでしょう。
なんか、指板がキレイでフレットも新しいので新しいギターを入手したみたいなんですが、でもボディーもネックのグリップもすでに手に馴染んでるっていう、ちょっと不思議な感じです。


早速昨日そのギターを使ってみたんですが、前よりも断然弾きやすいし、音も良くなりました。
弾き方とかも勿論大事ですが、やはり楽器の質、調整も大事ですね。
あと、ノイズに関してなんですが、そのリハーサルルームは僕が今までBerkleeで使った部屋の中で一番ノイズが酷いところなんですが、以前に比べて少しはマシになった気はします。
それでも、ハーフトーンにしてないとかなりノイズ出ますけが。


この他にも、実はやりたい改造はいくつかあるんですが、ものによってはすぐにやりたい、すぐじゃなくても良いかな、このギターでやらなくても良いかな…など色々。
何か手を加えた際にはまた紹介したいと思います。

CIMG0956

CIMG0952

CIMG0954


〜〜〜〜〜〜〜〜〜 追記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

他の改造日記はコチラ↓↓↓

『ストラトの改造〜その4〜(Minehara Tuning System、Sound Offset Spacer)』
『ストラトの改造〜その5〜(Sonic ターボブレンダー)』
『ストラトの改造〜その6〜(Raw Vintage Pure Steel Saddle)』
『ストラトの改造〜その7〜(Callahamブリッジブロック、ブリッジプレート、トレモロアーム、サドル高調節ネジ)』