おやじの美味いもの…とか

備忘録としてアップしてます

私が感じた「味」を勝手に紹介してます。

写真も文章も稚拙です。
すみません(写真をクリックすると拡大表示されます)

こんな私にいろいろ教えて下さいませ。

カリーであってカレーに非ず


最初に一言。

最高に美味いカリーでした!!


このサリサリカリーはカレーであり、パキスタン料理であり、鶏料理であり、煮込み料理でカテゴライズできないメニューだと感じました。カレーを表現する時に使うルーという存在がこの料理にはないのです。


メニューは“サリサリカリーコース”とデザートの“ハニートラップ”のみ。

なので、座ると水とサラダがいきなりやってきます。

しかしコースのサラダと侮るなかれ!そして先に提供されるからと言って先に食っちまわないように!

分かり易く言うとマリネサラダでこれがカリーのお供にたいへんよろしゅうございます。 


カリーは、水を一切使わず鶏を数種の野菜とスパイスで長時間煮込んで作られたもの。鶏がほぼコーンピーフ状態にww

スパイスは効いてますが辛過ぎることはなく、野菜の旨味が、じっくり煮込んだ鶏から出た重くはない油とスパイスでさらに奥行と深みを増しています。

(※注意※ 味変の為の物は何もありません。また辛いカレーがカレーだ、という方には向きませんので行かないで下さいね)


当日は、通常のライスでの提供ではなく、普段提供していないフランスパンでしたが、これまた◎

次回は平日に時間を見つけてライスでいただいてみたいと思います。(ライスに合うのは一口食えば分かるのですが…)

パンよりもカリーをバクバク食っちゃってエクストラ(500円)でカリーをお願いしてしまいました。


食後に供されるチャイはカルダモンとシナモンがハッキリとしていて美味かったっす。 


最後に、最近メニューに加わったという“ハニートラップ”はさっぱりとしたクリームチーズの様な固めのヨーグルトに蜂蜜がかけられたデザート(500円)もお願いしました。

これで口の中も気持ちもスッキリww

マスターもママさんもカリー同様「独特な優しさと不思議さ」を持っておられて食後も不思議な優しい会話を楽しめました。

お店の成り立ちなどもお聞きしましたが、更に長〜くなるので興味のある方は是非ご訪問を。


・サリサリカリーコース1000円

・カリー追加500円

・ハニートラップ500円

※2人前1200円で冷凍の持ち帰りカリーもあり地方発送も可。


私の“食いしん坊師匠”の一人であるクレイジーケンバンドのギタリスト・小野瀬雅生さんからこのお店のお話を聞いていていつかは…と思い続けて数年。聞いていた味の150%増しで美味かったです。


【メモ】

帰りに白楽仲見世商店街を歩き、孤独のグルメに登場した2店(キッチン友さんと珈琲文明さん)ありましたが満腹で立ち寄れず…


満足度高い立食いそば

2014-05-15-16-43-02
神保町の立食いそばの名店と言われていた「利根」の跡に、あの“いわもとQ”がオープンしていたのを知って数ヶ月…やっとタイミングがあっておじゃまできました。
蒸し暑くなりはじめましたが、ここは敢えてのかき揚げそば 390円。
揚げたてのかき揚げがつゆに浸かってジュージュー音をたてているのを聞きつつ、軽やかなそばを啜ります。
美味い!立食いそばとしては上級っすね。かき揚げも材料は値段なりのものですが揚げ方が素晴らしい。空気の入れ方も並の天ぷら屋よりはるかに上手い!
ひとしきり食った後はサービスの蕎麦湯(+そばつゆ)を貰ってフィニッシュ。
ひじょうに満足な立食いそば屋です
2014-05-15-16-42-37

イカにも‼︎

2014-05-12-13-21-46
今は剥き出しになった路地裏wの纏で、淡麗烏賊干し塩つけ麺・大 780円をいただきました。
麺の上には鶏胸肉の叉焼、三つ葉&海苔少々、ワサビ、そしてイカゲソが。つけ汁には豚バラ叉焼1枚と鶏モモ肉、メンマとイカも少々w
味は正に烏賊!!
五◯神とは違う魚介の活かし方、良いですね。
麺は太麺…分かり易く表現すると大勝軒の麺ぽい(煮干し鶏白湯などは細麺)です。

食べ進める内にワサビの意味もハッキリ分かってきます。美味かった!!
次回は煮干し鶏白湯の併せをいただきたいと思います。
2014-05-12-13-35-35

味噌ダレ命!

2014-03-26-21-58-43神戸の餃子は味噌ダレで食います。おそらく他所のエリアでもそうでしょうが、同じ名物でもお店によって少しずつ特徴があって、それぞれ自分に合ったものを選ぶようになりますね。神戸の餃子は概ね「赤萬」派と「瓢たん」派に分かれます。
薄皮で野菜と肉、バランスが良く軽めの仕上がりの餃子には大きな違いはありませんし、メニューは餃子とビールのみ。1人2皿単位の注文から、と共通していますが、この2店の大きな違いは味噌にあります。瓢たんは赤味噌、赤萬は白味噌。ギョウザだれも瓢たんはニンニク醤油、赤萬は醤油ベースのサッパリ系とタイプが違うので、好みが分かれるわけです。
因みに私は赤萬派です。味噌ダレにオリジナルのラー油を少々、軽く醤油ダレを落として私の好みの味噌ダレ完成。
(瓢たんの赤味噌は所謂辛子味噌)
当日、餃子2皿(280円×2)に水です。水相手でも食いたいんです(^◇^;)
軽いので2皿ペロッといっちゃいました。嗚呼、ふるさとの味ww

因みに瓢たんと赤萬を食べ比べたい方は元町駅東口の海側にこの2店の元町店がありますので、2皿ずついっちゃうのも良いかも知れませんw
因みに赤萬元町店はhttp://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28002361/

肉屋

fc79b5ae.jpgimage 神田にある【東京ブッチャーズ】 レストランではなく店名通り肉屋のにぃちゃんがやってると思えば気の利かなさもギリギリ許容範囲…過去に全てランチメニューをいただきましたが(と言っても3種だけですが)、not good, not badな印象。 なので、ラインナップに加わった兄弟店ブッチャーブラザーズの昼の看板メニューで此方でも提供の始まったローストポーク800円(スープ、ライス、テイクアウトコーヒー付き)をいただきました。 相変わらずの愛想のなさで黙々と働く肉屋のにぃちゃんを囲むカウンターでジョッキで供される水を一口。温かい玉子スープ(中々美味い)をいただきながら待つこと8分。ローストポーク 200g到着! ジンジャーソースが付いてきますが、塩コショウのまんまで充分美味しい. ここのライスは△なので大盛りにしません。ポテトが多いのでそれでOK!!満腹です。 行かれるなら13時以降がオススメです。

神田花月

f7ffa89a.jpg 神田の立ち喰いそば屋【天亀そば】にて 俺「イモ天そばちょーだい」 おばちゃん「はーい。イモ天そばね」 出てきたのは、かき揚げそば。 俺「イモ天や言うたやん」 お「・・・」 俺「ええはこれで(諦めて350円出す)」 お「じゃあ、おまけ」 俺「…(イモ天おまけやな)」 …大きめの茄子天をのせるおばちゃん。 俺「何で茄子やねん!(半笑)」 お「…今日のイモ天、あんまり好きじゃないの」 おばちゃん、おもろい!合格! …客の好みに、おかまいなしの何故か職人面のおばちゃんがいる立食いそば屋ですw

ちぎってぇ〜


東銀座の【歌舞伎そば】で、定番の“もりかき揚げ”470円をいただきました。

こちらの代名詞とも言える、手ちぎりのかき揚げは、作り置きですが回転も早いため湿気ているようなことはなく、いつもパリッとしてます。

自家製の生そばをオーダー受けてから適宜釜に入れるのでこちらもいつも湯がきたて。

そばつゆはかえしが上品でカツオの香るお江戸タイプ。

ズルっと啜って、サクサクっと囓るの繰り返しを楽しみます。

路麺店としてはエリア最強ですね。


※歌舞伎座改築の際には廃業も危ぶまれたようですが、奇跡の移転先(現所在地)は元 小料理屋さんで、雰囲気も抜群。残るべくして残り在り続けているのは、素晴らしいですね。



放るもん

亀戸で亀戸ホルモンと人気を二分するお店【ホルモン青木】。

看板メニューのホルモン、シマチョウはヤバい!脂は濃いけど軽くて甘み、旨味がよそでは味わったことないです。コラーゲンを求める女性が多いのも頷けます。

ここを知るまで銀座の王十里のマルチョウが1番だと思ってましたが、軽く跳び越えた感じ。

ハラミ、ロース、ツラミも◎!

他にキャベツ、キムチなどもいただき1人3000円見当。

因みにここのライスは麦飯です。



カレータウン


夜は看板通り「もじ焼や」、昼は名前を「もじ麺や」に変えて汁なしカレー(焼き)そばのお店になります。

神保町〜小川町のカレータウン化が神田駅にまで波及してきてカレーをウリにするお店が増えてきた気がします...


メニューは汁なしカレーそばの一つだけ。

サラダ、温玉、五穀飯、大盛りから選べるオプションで私が選んだのは大盛り。レギュラーで240gある太麺にプラス120g ^_^; 気付いた時にはあとの祭り。かなりのボリュームになってました。

もやし、ひき肉、そばをカレーソースで炒め、仕上げに更にカレーと青ネギを大量にかけてあります。

普通に美味いカレー焼きそばでございました。



ごちそう

ボーナスも出ないのに日曜の昼にプチ贅沢。【いづもや日本橋三越店】で、うな重(竹)2520円と肝吸い315円をいただきました。

鰻不足の折り、いづもやさんらしい肉厚ふっくらとはなかなか...笹(丼)の方が良かったかしら...でも甘からずあっさりめのいづもやさんらしいタレでいただけて満足でございます。

我々の世代、ご馳走といえば、ビフテキやハンバーグあたりで、鰻はごちそうの更に上、カツオくんが小躍りする以上の価値ある幻のごちそうでした。それをいただける幸せを噛みしめる今日この頃。


むすんでひらいて


静岡駅南側徒歩3分、半世紀続くおにぎりとおでんの店【まるしま】。

おにぎり90円、赤飯おにぎり110円、おでん50円!おにぎりを頼んだら、入り口近くの席に鎮座するおでん鍋から好きなものをセルフで。

会計は串の本数とおにぎりは自己申告で。

駄菓子感覚で楽しませていただきました!

ちくわぶの様にみえたのが「すじ」と呼ばれるものでした。(牛スジもスジと呼ばれていて肉のスジと言わないと通じない)

初体験。なるへそ!な一品でございました。正体はサメのすり身なんだそうです。関西でも東京でも見たことなかったです。


合わせて550円。


おにぎり、おでんの他に作り置きの天ぷら(玉ねぎのかき揚げ)80円、いなり80円、のり巻き50円、味噌汁80円など。


常連のおじいさんは味噌汁に天ぷら2個ぶっこんでおにぎり食ってました。なんだが旨そうだったなぁー


超弩級

デカっ!通りすがりにサンプルを二度見(゚Д゚) 

これは食せねば!

八重洲地下(大丸からヤエチカに抜けて直ぐの角)にあるイートインできるハム、ソーセージの【フロイデンソーセージグリル】。

お願いしたのはビスマルクホットドッグセット600円とザワークラウト200円。

セットのサラダとザワークラウトをつまみつつ(&何故セットのドリンクをコーヒーにしたのかを後悔もしつつ)、待つこと5分。

やってきました通称マグナムドッグ。

聞くと250gあるとの事(゚Д゚)

隣でノーマルのホットドッグを頼まれた方と一緒に写真をパチリッ!

並べるとよりデカさが際立ちますな^_^

フリーの粒マスタードだけでいただきましたが、まぁー美味いのなんの。

当日の朝作られたホワイトソーセージは新鮮な旨みで溢れてます。見た目のインパクトに加えてこの旨さ。堪らん!

完全な脇役のドッグパンはドトールでも使われている様な外がカリッ、中がふわっとしたタイプ。これも良い脇役っぷりでした。

こちらのお店は1916年創業の麻布日進さんが出されているとのこと。

なるへそ!美味い訳だ^o^

次回は多種のハム、ソーセージもいきたいと思います!



気まぐれ

スカイツリー近く墨田区横川の【福和寿司】で昼限定のちらし寿司500円をいただきました。 シラスじゃなくてちりめんじゃこがのってるあたり、ツボでした。このボリュームで500円とは何とも素晴らしいCPですね。 大将の人柄がサイコー‼︎また来たくなっちゃうんっすよ、ホンマに。



焼きもち

西浅草の地元で愛されている街そば屋【つるや】さん。お付き合いも16年目。

東京で「力(ちから)うどん」に焼きもち入ってる店は殆ど見かけません。東京の力(餅)は揚げ餅。でもここは焼き餅なんです!

汁は東京のそばつゆやから黒かったけど、かえって餅に合うんですよ。

力うどん 700円



アロ〜ハ

6f2d0ec3.jpgLocal Breakfast USD6.50-
高いけどハワイのマクドナルドの意気込みに負けましたw
スパムとソーセージと玉子と米。普通にうまかったっす。
日本人には米が硬過ぎw

規格外


このお店、美味いです。ビックリしました。五反田の【二月堂】にお邪魔しました。
480円のかき揚げそばのクオリティではないですね。
蕎麦の香りを感じる生蕎麦、出汁の柔らかくもしっかりしたつゆ。そこに揚げたてのかき揚げを入れるとジュワ〜って音が上がり気持ちも上がります。
卓上のオリジナルの生七味もめっちゃ美味かった!
常連さんが頼んでた小柱のかき揚げせいろうが何とも美味そうで、次回はこれをいただきたいと...再訪必至です。

路麺店とも街蕎麦店とも言えないハイブリッドなお店ですね。

伝説


神田高架下のレジェンド店【神田そば】に久々に訪問。
40年以上の歴史や狭小の雰囲気だけではなく、“温かさ”がここにはあります。大女将(母)と大将(息子)から出る言葉一つ一つに商売が何たるかを感じる事ができます。飲食業に携わる方には行っていただきたいお店の一軒です。
美味さを味だけに求める人は行かないで下さいね〜
※いただいたのは、イモ天そば290円。
コスパも素晴らしい。

焼鳥

9ea926df.jpg八重洲で焼鳥となると、私はここ【宮川】に来てしまいます。元は(と言っても創業は40年以上前らしい)鶏肉の問屋さんが始められたらしいです。白木の分厚い板のカウンターやテーブルで、備長炭で絶妙な焼き加減で出される焼鳥をいただきます。
メニューに焼き物以外の余分なものはありません。“お決まり”でお新香とおろしうずらが出た後は、串焼きをお願いするのみです。
単品でお願いすることも可能ですが、5本、7本、10本の串盛りのいずれかを選んで後はお好みで。
2人だったので取り敢えず7本にししとう、うずら卵、椎茸をお願いしました。
1人当たり5本計算ですが、充分満腹になります。なんせボリュームがあります。飲んで喋って食って喋って飲んでしてる内に...頃合いを見ておかあさんが〆の鳥スープを出してくれます。これまた美味い!!
1人2500〜3000円見当。焼鳥としてはちょっと値が張るように思えますが、食べれば納得できると思います。

因みにタレ、塩は選べません。お店側の提案をそのまま受け容れてみてください。魔法の一振り、一搾りも味わえるのでw

どん底

065fa33b.jpg新宿三丁目の【どん底】。
説明不要の名店ですな。文豪や演劇青年が通ってたという話を無視しても、美味いものは美味いわけですよ。
毎年「年内で閉めるらしい」って噂がこの7,8年で続けていますが、その噂ももうなくなってきましたw
ホンマ、ここのナポリタンはシンプルで美味い。

一人鍋

c91749d2.jpg戸を開くまではB弁と思ってたんですが、相席の他の方々がB弁だったので、ついつい鳥鍋定食(1000円)に。
茅場町の老舗鳥料理【鳥徳】さんでお昼をいただきました。
ガラス越しの厨房を見てるだけで「美味い」と確信できます、このお店。
いろんな部位が楽しめる鳥鍋良いですね。白メシも旨いので勿体ないな〜と感じつつも、卵黄が固まらない内に鳥鍋丼にしちゃったりして。

いや〜美味かったです。
来月はB弁やなw
Archives
Recent Comments
  • ライブドアブログ