噺日和

石井雅登 official blog だよ

好きなことを好きなだけしている今回の人生。
来世は公務員を目指しますからどうかご勘弁を〜


次回出演

ミュージカル
「パレード」
@東京芸術劇場プレイハウス
2017年
5月18日〜6月4日
S席:¥13,000-
サイドシート:¥8,500-
U-25席¥5,000-


お申し込みは
masatou_ishii_toitoitoi@yahoo.co.jp
※S席のみ




twitter
https://twitter.com/manjiro13

特別扱いされるメルマガ会員のお申し込みはこちら。
masatou_ishii_toitoitoi@yahoo.co.jp


instaもやってますってよ。

やっと終わりましたね。
漸くあれこれ片付けられる。
当分は顔も見たくない!



さようなら



冬。





皆さんこんばんは♪
暖かい日が続いておりますが如何お過ごしでしょうか♪
寒期を抜けたこの爽やかなこの季節が最も好きです♪

冬の間あまり相手をしてやれていなかった愛騎も稽古場への交通手段として毎日乗っている為上機嫌♪

ほほ。
ずっとこの気候ならどんなに良いか♪♪

IMG_8115


そして開幕まで三週間を切ったパレードは連日重厚で濃い稽古を積み上げ、封を開けられるその日に向けて走っております。

演出家と出演者の信頼関係が成立しているからこそ完成する珠玉の一作品。

これは面白いですよ。


ご観劇を検討中の皆さん。
まさか、見逃す気ですか?
今ならまだ間に合います。
どうぞご一考下さい。



そんな中、公式発表された次回出演作のお知らせです。

ミュージカル
「スカーレット・ピンパーネル」
昨年恐るべき観客動員数を記録した話題作が早くも再上演されることとなりました。

新たなキャストを迎え、生まれ変わるスカーレット・ピンパーネル。
詳細はまたお知らせ致しますのでどうかご期待を!



今月号が間に合ったことへの安堵とまだ更にお知らせがあることを匂わせつつ‥



それではまた!




まさとう


 月に一度の更新とか言いながら三月更新しなかったじゃないか

そう思った方もいらっしゃったかもしれません。

私は有言実行男。
ただタイミングがたまたま合わず気付けば月末日。
いやぁ、危なかった。

年度末、本日で職場を離れたり替わられた皆様、お疲れ様でした。
そして明日より新年度。
新たな環境で新たな生活をスタートされる皆様、善き一年をお過ごし下さい。


皆様こんばんは。
やっとほんの僅か春らしさが感じられなくもない時間がなくもない今日この頃、如何お過ごしでしょうか。


えー、個人的なことで恐縮ですが・・・
この度、香川県芸術文化新人賞なるものを頂戴する運びとなり、その授賞式の為、香川に帰っておりました。

IMG_8926
















!!
マチガエタ。
IMG_8955












あ、違う。
失礼、これです。

IMG_8979
















34歳ながら新人賞ということでこれからも一つ一つの舞台を大切に立っていきたいと思います。
監督役の皆様、これからもご指導ご鞭撻の程を宜しくお願い致します。



さて、授賞式も無事終わり、帰京後早々に連日「パレード」の稽古に勤しんでおります。

譜面を音として紡ぐ日々。
嗚呼、愉しい・・・

ただ、一つ問題が。


視界がシパシパして譜面が見難い。
鼻呼吸が辛い。

何だろう。
目が痒い。
そして鼻が詰まっている。


こ、これは・・・
きっと・・・

あ、あれだ!!
春季限定眼球鼻炎症候群だ!!

絶対に花粉なんとかではありません。

冬と春の境目、辛い季節です。


あー、早く窓を開けて過ごしたい。
IMG_8993


















新たなお知らせが控えていることを匂わせつつ・・・


それではまた!



まさとう

やっと二月。
寒・・・

鍋の美味しい季節。
そして
二度寝の美味しい季節。

ベッドから降りることにどれ程の決意が必要か。
そう、言うならば転職を決意するそれに等しい!



皆さんこんばんは。

連日極寒ですね。
ご無事ですか?

特に西日本の日本海側の皆様は大変な状況と聞き及んでおります。
どうか大きな被害が有りませんように。


さて、先日幕を開けたばかりのBefore After ですが、昨夜無事大千穐楽を迎えました。
IMG_8846
















ご来場下さった皆さん、応援して下さった皆さん、誠に有難うございました。
お愉しみ頂けたでしょうか。

これまで演じたことのない役柄だったベン。
なかなか苦しませて頂きました。

画家であり小心者であり強がりであり記憶喪失のベン。

台本を戴いた時から初日が開けるギリギリまでこの人物が好きになれず・・・
と言うか許せず、向き合うことに大いなる精神的カロリーを消費しました。

 なんなんだよこいつ!
 説教したい!
 そこに座れ!違う!正座だ馬鹿野郎!!



精神的葛藤の日々・・・
その上でこの方のお陰でいつしかベンという人格が近寄って来てくれた気がします。
IMG_8836
















はい、ご存知池谷祐子さん。
いや、池谷祐子様。

彼女なくしては今回のBefore Afterの上演は考えられません。
一人で悶々としている私(ベンモード)に対し、時には一歩前を歩き、時には隣で同じ歩幅で歩き、時には三歩下がってくれたり・・・

手のかかる相手役でごめんなさい。
だけど本当に有難う。
「有難う」や「多謝」以上の感謝の言葉が存在しないことに憤りを感じる程感謝しています。
最大級・最高級・最上級に。



千穐楽公演では寒気のする体験もしました。


二人で歌う場面に於いて、音量とビブラートの波幅・波動が同調。
そして切るタイミングが全く同時。
更にバンドの切りまで同時。

そんなことが千穐楽公演だけで三回。

声質の相性が良いのはわかっていましたし、今までも気の合う、声の合う方々と歌ってきましたが、こんな経験は嘗て一度もありません。
音切りの瞬間「うぉぉぉ!!」と叫びたい衝動を抑えた俺、偉い!!


そしてお芝居の面でもこれ迄の自分にはなかった一面を見れた気がします。

寒くても釣りに行く迷いのなさと同種の様な・・・
うまく言えませんが旨いものを素直に「旨い」という難しさと言うか・・・
歯に青のりが付いている先輩に目を見て告げる勇気というか・・・(これはチガウな)


言ってしまえば

開幕Beforeの私は逃げ出したい程不安でいっぱいで、終演Afterの私は「もっと演らせろ!!」でした。

くそぅ!
なんで三回なんだよ!

また舞台を辞めるわけにはいかなくなりました。
こんな体験をしてしまったら止まってなんていられない。


疲労と高揚感を引摺りながら帰宅すると次回出演作パレードの楽譜が届いていました。

それを見て思わず笑ってしまいました。


こんな幸福感に満ちた時間はありません。
大物を釣り上げた時なんかとは比べ物にならない程。

言葉にならない珠玉の経験を得る機会を下さったミュージカル座さんに深く感謝致します。
いつかまた出演という形でお返し出来ればこれ以上の歓びはありません。
IMG_8849

















探究心を次回作に向けつつ・・・



それではまた!



まさとう

このページのトップヘ