~介護 認知症ってなんだろう ~まったり いんふぃの介護日記~

ブログはじめました! たくさんの方々と介護や認知症についてお話しできたらと思っています! どんな方でもウェルカムですよ!

いんふぃのまったり日記 ~Part18~

どもです!

先日風邪をひきました。・゚・(ノД`)

ダルかったですよ(TДT)

すぐに病院へいって聞きなれたお薬をもらい飲みましたw

食欲も思っていたより落ちず(むしろガツガツ無理やり食べていましたw)なんとか今は回復することができました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


さて、そんな食欲がある自分ですが、今日の夜勤の夜食はこちらで~す!




バ~~ン!!

1」




デザートもありますよw

box-s-kzxj7dwasz3pz6qwsriymkjh2q-1001




いやはや、おいしかったです(* ̄∇ ̄*)

コンビニさまさまですね~

24時間開いていて、需要のあるジャンル・サービスは大体揃っている。
僕らのニーズを充足するために、いまやなくてはならない存在ともいえるのでは??

そして、質もドンドンドンドン上がってきていますよね(´∀`*)

なんでもコンビニコーヒーが年間ヒット商品1位になったとか!
セブン・〇レブンのコーヒーは2億杯売れたとか。。。w


高齢者の分野でも、無料宅配をしてくれるサービスやお弁当を届けるサービスなどがニュースやドキュメンタリーになっているのを見かけるようになりましたね。
CMでもワ〇ミの宅食や介護職員初任者研修がよく流れているのを観るようになりました。

けれど、まだまだ僕らが利用しているようなコンビニのような利便性や認知度は高くないような気がします。

以前にも車椅子のネタは出しましたが、こんな車いす皆さんは知ってますか?

imgres

興味がある方は調べてみてください( ̄ー ̄)


陰で多くのものが生み出されていると思います。
それを探って、高齢者の方にお伝えするのも自分たちの仕事なんじゃないかなぁ~とも思ったり(′∀`)

作りだしてもいいかもですね!

高齢者専用のSNSとか(′∀`)b
(自宅で手軽に他の方と繋がれる、趣味を共有できるなどなどやったら面白いと思いますw 認知症の予防にできちゃったりするかもなんて思っていたりw)


なんだかいろいろと逸れてきましたが、「何か欲しい」「したい」と思うニーズにこたえてくれるこの状況ってとても幸せな事なんだなぁ~とこれを書きつつ思った いんふぃでした(*´Д`*)


皆さんも体調崩されないようにしてくださいね~!


ではではまた~(^∀^)ノシシ

 

いんふぃのまったり日記 ~Part17~

こんばんは~っ

大きな台風がいくつか通りすぎましたね(;´Д`)

被害を受けた方もおおくいらっしゃるようで心配です(´;ω;`)

これで気候、落ち着いてくれればいいのですが・・・


はれろぉ~! 天気になれぇええ!






さて!もうすぐハロウィンですね!
よもぎでは今日ハロウィンレクが行われました!(主は夜勤入りの為でれず。。。w 後で写真を見せていただこうw)


IMG_20131027_163243

うちでもこんなものが飾ってあったりします(´∀`*)


そしてふと疑問に思いました。


「ハロウィンってなんでやるの?」


外国の文化なのはわかりますが、その外国の方は何の意味をもってやるのか気にまりませんか?



ちょっと調べてみました。。。


(転載です)
「語源」
カトリックの諸聖人の日(万聖節)は11月1日です。「諸聖人の日」とはカトリック教会の祝い日の一つで、全ての聖人と殉教者を記念する日です。 ハロウィン(ハロウィーン、Halloween、Hallowe'en) はヨーロッパを起源とする民族行事で、この「諸聖人の日」の前晩(10月31日)に行われます。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のevening(前夜祭)であることから、

Hallow+een(evening→even→een)

となりHalloweenと呼ばれるようになったようです。


「起源」
ハロウィンの由来は、古代ケルト民族の秋の収穫感謝祭に起源があると言われています。「古代ケルト民族」とは、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物 (戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の民族です。(みなさんもご存知のエンヤというアイルランド生まれのミュー ジシャンはケルト民族の末裔です。)古代ケルト民族の1年の終わりは10月31日と定められ、この夜には死者の霊が親族を訪ねたり、悪霊が降りて作物を荒 らすと信じられていました。 そこから、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りが行われるようになり、キリスト教に取り入れられて、現在のハロウィンの行事となったようです。

「トリック・オア・トリートの由来」
ハロウィンで子どもたちが仮装して街を練り歩き、「Trick or Treat!(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言って、近所の家からお菓子をもらう由来は、中世に農民が祭り用の食料をもらって歩いた様子をまねたものだといわれています。

「仮装の由来」
ハロウィンは一言で言うと日本のお盆です。お盆は迎え火をして死者の魂に帰ってくるところを教えてあげますが、ハロウィンの場合は、死者の魂だけでなく魔物もこの世にやってきます。この時、魔物に魂をとられたくないために、人間が魔物の格好をして防ぐのです。

「よく目にするあのカボチャ」
ハロウィンの時期に一番良く見かけるのは、カボチャに目と口が付いたカボチャのおばけです。このおばけには名前が付いており、「Jack-O'-Lantern(ジャックオゥランタン)」といいます。日本語訳は「ジャックの灯り」。

そ の昔ウィルという、口は巧いが卑怯で素行も最悪な鍛冶屋の男がいました。彼は死後に死者の門へ着いたのだが、そこで聖ペテロ(天国へ行くか地獄へ行くかを 選定する者)を騙し、 生き返りました。しかし生き返った後も反省はせず、前の通り最悪な男のままでした。そのため、再び死後に死者の門を訪れた際、聖ペテロに「お前はもはや天 国へ行くことも、地獄へ行くこともまかりならん」と言われ、暗い闇の中を漂うこととなりました。それを見て哀れんだ悪魔は、地獄の劫火から轟々と燃える石 炭を1つ取り、ウィルに明かりとして渡しました。その明かりは時々、現世に種火のような弱い光を投げかけます。それから、夜中に不思議な光が見えるとき、 哀れなウィルの話になぞらえて「種火のウィル」「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」と呼ぶようになった。この火の別名が 、一般的な男性の名前である「ジャック」の灯りとして「Jack-O'-Lantern(ジャックオゥランタン)」となりました。



なるほど・・・日本でいうお盆みたいなものですか・・・

しかし、魔物もくるとはおどろおどろしい。。。(((( ;゚д゚)))

ある意味怖い行事ですねw


なぜこんな怖い行事が日本に広まったのかも調べてみました

いろいろ諸説はあるみたいですが、割と多く書かれていたのは。。。

1997年 TDLで「ディズニー・ハッピーハロウィーン」が始まってから認知が広まったのでは?
という事でした。

さすがディズニー! 影響力大きいですねw

2000年ごろまではハロウィンは英語の教科書の中もしくはテレビで知られる行事であった。

とも書いてありました。

確かに自分が小さい頃はハロウィンなんてなかったかも?




これも「あぁ~なるほどなぁ」と思いました。

「クリスマスなどと同様に、日本では宗教的背景の上でハロウィンを開催している例は皆無といってよく、あくまでイベントとして楽しむもので、娯楽化、商業化されたものである。」



と、いった感じでハロウィンというものを調べてみました!

なんだか、ずっと前からみんなで楽しんでいたイベントのように感じるのは不思議です。。。(´∀`)


IMG_20131022_195532


10/31まであと少し! みなさんもハロウィン楽しんでくださいね~♪

いんふぃのまったり日記 ~Part16~

おはようございますっ! な方も
こんにちはっ! な方も
こんばんはっ! な方も



元気にしていますか(´∀`*)?



急にまた寒くなりましたね・・・(((( ;゚д゚)))

高校から愛用しているテニスジャージを急いで引っ張り出してきた いんふぃですw

ヒートテックですが、それで丁度いいくらい(´∀`)

=寒い ってことですね(ノд・ )


皆さんも風邪など体調崩されないように気を付けてくださいね~(^∀^)ノ


さて、ここまで寒くなる数日まえにと~~っても綺麗な夕焼けを見る事ができました♪


1



綺麗じゃないですか?.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 


急いで利用者の方も呼んできました!

廊下からだったので写真にはお二人しか写っていませんが


box-s-kzxj7dwasz3pz6qwsriymkjh2q-1001




「ありがたや、ありがたや」

と言わんばかりに手を合わされていらっしゃいます(′∀`)

お年寄りの方は、本当に何気ない事。
いや、お年寄りの方々にとってはきっと何気なく「ない」ことなんでしょう。

お年寄りの方々は、言い方が壮大になってしまいますが、自分を生かしてくれているすべての存在に感謝する事を知っていらっしゃるんだと感じます。

それは、勉強して教えてもらうのではなく、自然に自然に親から子へと伝わり、自分の中へ暮らしと一緒に、と言うんでしょうか、入っているのではないかと思います。 

何かの特集とかでよく聞くようなフレーズ「世の中は便利になりすぎている」
そこから、色々な事が「当たり前」になってしまっているんですよね。

食べ物があるのが当たり前。

毎日着替えるのも当たり前。

お風呂に入るのも当たり前。

トイレの水が流れるのも当たり前。

雨が降っても雨漏りしないのも当たり前。

水道があるのも当たり前。

電気があるのも当たり前。

出していけば今の世の中当たり前がたくさんありますねっ

けど今出したものって当たり前ではなかったんですよね・・・


だからと言って文明を消して、感謝する事を思い出す!!なんて事もできないですよねw
(どっかのゲームのワンフレーズであったような。。。w)

けれど、一世紀前からの歴史を少し勉強したりして、「昔」を知る事はできます。 
そうすれば、「あぁ これは昔なかったんだなぁ~」とか「今は便利になったもんだ~」とか思う事って出来る事だと思うんですよね。

そうすれば、写真に写ってるように拝むことまではいかなくても「ありがたいなぁ」と思う一場面も生まれるんじゃないかなぁ~って思ったりします。



何気ない、当たり前の事を

「そうじゃないのよっ」

っと教えて頂けたひとときでした(*´∇`*) 


そして、この夕日は10分もしないうちに沈んでしまいました(^∀^)



もうすぐ冬の訪れ













衣替えしないと・・・w

まだ半袖、短パンがタンスに入ってるよ・・・w 

扇風機が部屋に置いてあるよ・・・w


今度のお休みの日にでも片付けましょうw 


ではでは皆さん よい週末を!!


See you  next week!!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:





  • ライブドアブログ