「段取り八分の仕事二分」
昔からよく言われている、
仕事術の王道です。
ご存知の通り、
質の高い仕事を効率的に行う上で、
段取りの重要性を説いたものです。
組織の生産性は、
個々人の生産性の合計ですから、
一人ひとりの仕事の質が高まり、
効率的に仕事ができるようになれば、
自ずと組織の生産性は高まります。
加えて、組織全体でも
こうした段取りの共有がなされれば、
組織の生産性は相乗的に
高まる可能性があります。
やはり、仕事をする上で、
段取り上手であることは
必須の課題であるといえます。
これくらい重要な段取りですが、
こうした段取りをする能力(=段取り力)
を組織的に強化しようという取組みは
あまり聞いたことがありません。
もちろん、
仕事の中で(仕事を通じて)
上司や先輩社員から、
段取りの重要性を
教わることがあるでしょうが、
それ以外で改めて
時間をとって訓練するということは
あまり聞きません。
どちらかといえば、
個人が自己啓発で高める部類のもの
とされる傾向にあり、
そこに組織が積極的に関与する
というケースは稀ではないでしょうか。
しかし、組織の生産性に
大きく影響を与えるものだとすれば、
会社としてもっと積極的に
社員の段取り力の向上に
関わっていっても
良いのではないでしょうか。

では、段取り力の向上は、
具体的に社員の仕事に
どのような影響を与えるでしょうか。
同じ成果を上げるとしたら、
段取り力の高い人は、
より短い時間の中で
成果を実現することができます。
段取り力の低い人は、
より多くの時間をかけなければ
同等の成果を得ることができません。
それは何故か。
段取り力を高めることによって
得られる効果の一つは、
成果を生む時間を
より多く確保することができる
ということだからです。
一般的に、毎日2時間程度の残業
をする人であれば、
月間で200~210時間程度の
労働時間になると思います。
この中で、成果を生んでいる時間とは、
一体どれくらいでしょうか。
もちろん、業種や職種によって
異なりますが、
直接的に成果を生む営業職などでも、
業種によっては20%も無い
ということも珍しいこと
ではありません。
様々な仕事に忙殺され、
結局、成果を生むために
使える時間は極めて限られている
というケースが非常に多いといえます。
そう考えると、
改善の余地は極めて大きい
と思いませんか。
先の例で言えば、
成果を生む時間が平均20%ということは、
15%の人もいれば
25%の人もいるわけです。
能力が同じであれば、
25%の時間を確保できる人が
優秀な営業であり、
15%しか確保できない人が
優秀でない営業となります。
これは間違いありません。
こうして15%しか確保できない人の
段取り力を高め、
全体の平均を20%から25%に上げること
ができたなら、
組織の生産性は25%上昇します。
同じ人員で売上高は25%増え、
粗利益も25%増えます。
コストはそこまで増えませんから、
営業利益ベースで考えれば
少なくとも50%以上の増益
が期待できるでしょう。
いかがでしょう。
組織として社員の段取り力向上に
積極的に関わるための、
十分な根拠といえるのでは
ないでしょうか。
成長しない時代であるからこそ、
限られた時間という資源の
有効な活用で、
大きな成果を上げられる
“段取り力”を強化
していかなければいけません。