“イマドキ社員”
-最近の若手社員のことを、
やや否定的なセンテンスの中で
表現する言葉です。
イマドキ社員の特徴は、
何事に対しても受身で
指示したことしかやろうとしない、
反発係数が低く
厳しく言われるとめげてしまう、
目標達成に奮起するなどの
積極性に欠ける、
対人関係が希薄であり
控え目である、
基本的な読み書きができない、
上昇を目指さずして
ナンバーワンよりオンリーワン
を目指す、
できていないことが多いが
自分に対する自信は
強く持っている(自己評価が高い)、
といったところでしょうか。
こうした行動特性は、
(もちろん個々人の問題でもありますが)
育った時代背景の影響を
大きく受けているといえます。
バブル崩壊後に生まれた世代は、
“失われた20年”の間に、
思春期を過ごし、
大人へと成長してきました。
経済が成長しない時代となり、
頑張っても報われないことも多い
ということを学びました。
そこからは「周囲より個人が大事」
という価値観を持つようになります。
不況や親世代のリストラは、
安定志向・現状維持志向を生み、
挑戦を避け、失敗しない道を
選ぼうとします。
終身雇用が当たり前でなくなり、
転職が当たり前となることで、
会社はスキルアップの場
となったのです。
時代の影響を受け、
多くの若者がこうした価値観
を持つ傾向にあります。
これは良いとか悪いという問題ではなく、
そうした(自分達世代の背景や
価値観とは異なる)価値観を持った若者
がこれからどんどん増えてくる
という事実をしっかり認識することです。

組織において重要なことは、
優秀な社員を育成することであります。
その為に先輩社員は
後輩達にたくさんのことを
教えていかなければいけません。
しかし、これだけ価値観の異なる若者達に、
いったい何を教えることが
できるでしょうか。
単に自分達の価値観を押し付けるだけでは、
到底優秀な社員を育てることは
出来ないでしょう。
では、どうすれば優秀な社員
が育つでしょうか。
優秀な社員とは、
成果に繋がる好ましい行動習慣
を身に付けていることといえるでしょう。
そういう行動習慣を身に付けるには、
2つのアプローチが有効です。
行動の背景には、考え方・捉え方、
その背景に性格などの個性があります。
性格を変えることは難しいですが、
考え方・捉え方を好ましいものに
変えることは可能です。
質の高い仕事をし、
やりがいを実感することが、
どれだけ素晴らしいことかを
認識できれば、
より好ましい思考の習慣
が定着してくることでしょう。
そのために仕事の本質、
働くことの意義といった
精神面での成長を促す教育が有効です。
もうひとつは、行動面の改善です。
逆説的ではありますが、
行動をより好ましいものに
強制することにより、
内面に変化を及ぼそう
というアプローチです。
仕事の基本はいつの時代も同じです。
そういう基本的な
行動パターンを徹底的に仕込むことで、
より好ましい内面の醸成を図るのです。
このアプローチは、
内面への働きかけ(前述)がなければ、
効果は低いものになってしまいます。
最後に組織側の受入れ態勢も
若手育成には重要なテーマとなります。
先のような若者の特性を理解し、
若者のやる気を引き出せるような
組織作りが求められます。
郷に入っては、郷に従え
という言葉もありますが、
組織の側から歩み寄るという姿勢も
重要なのではないでしょうか。