今年の始め頃に弊社で主催しました
原価管理のセミナーは、
非常に好評で、
多くの皆様にご参加いただきました。
一般的にこうしたセミナーは、
内容の良し悪しより、
タイトルの良し悪しで
参加者数が決まるもので、
多くの皆様に
ご参加いただいたということは、
この原価管理というテーマに、
より多くの企業様が
深い関心を寄せている証拠
といえます。
受講後のアンケートを拝見しますと、
企業における様々な課題
が浮き彫りになってきます。
アンケートの中では、
原価管理における自社の課題
を問う質問があるのですが、
回答された方の実に6割の方が、
「正しい原価の把握」
を課題として認識されておられました。
こうしたセミナーに来られるのですから、
そういうお悩みを持っておられることは
当然といえば当然なのですが、
参加者の数も然ることながら、
回答率の高さからも、
正しい原価を把握するという、
一見当たり前のことが、
多くの企業で課題として
認識されている事実は見逃せません。
次に、「値決めのルール作り」
を課題として認識されている方が、
全体の5割に上りました。
こちらも非常に高い回答率です。
以前にも、このコラムで
お話しさせていただきましたが、

企業経営にとって値決めは生命線

であるという類のお話しを
させていただきましたが、
やはり多くの企業様が、
この値決めについて公正で、
適切な値決めが行われていない
という現実を認識されておられるようです。

多くの業界で、
差別化の難しい商品を扱い、
値引き合戦で業界全体の収益性を
低下させています。
こういう流れになりますと、
どんどん寡占化が進み、
いずれは業界内の再編により、
少数の大規模事業者に
絞り込まれていくことに
ならざるを得ません。
また、需給ギャップが依然大きい昨今、
個別の企業で見てみても、
製品(商品)自体に
よほどの差別優位性がない限り、
かなりの確率で利益率は
下がる方向に圧力が掛かります。

どうしてこのような状況
になってしまうのか。
ほとんどの場合、
自社の製品(商品)について、
どれだけの原価、
あるいは販売するコストが掛かるのかが、
明確になっていないことが挙げられます。
特に製造業の場合、
原材料に様々なコストをかけて、
製品を製造しますので、
実際の製品原価を把握するということは、
それほど簡単ではありません。
加えて、お客様毎に様々な取引条件
がありますので、
そうしたものが一連で管理
されていなければ、
(厳しい経営環境下ゆえに)
必ず悪い方向に向かうのです。
先にも述べましたが、

企業にとって値決めは生命線です。

企業のコストと今後の継続と発展
のために必要な利益を賄うための、
適切な販売量と販売価格という点には
明確な指針を持っておく必要があります。

それには、まず自社の営業構造と
コスト構造をしっかり把握しておく必要
があります。
その中で最も基本的で重要なものが
原価管理でしょう。
自社で販売する製品の原価
が分かっていないようでは、
適切な販売戦略も価格戦略も
構築しようがありません。