若手社員の教育は、どこの企業でも
担当者の頭を悩ませていることでしょう。
ここ最近の(働くことへの)価値観の変化
は顕著であり、まさしく常識が通用しない
と悩むベテラン社員が多いことでしょう。
しかし、そんなことばかりを言ってはいられません。
“企業は人なり”ですので、
どういう状況であろうとも、
育てていかなければ
企業の存続はあり得ないのです。
また、放っておけば勝手に育つ
というのも大きな誤解です。
働くことに対する
“好ましい価値観”が醸成されない限り、
こちらが望むような育ち方は
やはり難しいかもしれません。
前回、このコラムでは、
そのために必要な基本として、

 ①好ましいビジネスマナー
 ②指示命令の受け方・報連相の仕方
 ③正しい叱られ方・褒められ方

の3つのテーマを提示いたしました。
どれも、優秀なビジネスパーソンとなるためには
必須の項目です。
今回はこれに加えて、
ステップアップするための3つのテーマ
をお伝えします。

 ①強い問題意識を持つこと
 ②自責で考えること
 ③フォロワーシップを強化すること

“強い問題意識を持つ”とは、
常に理想(あるべき姿)と現実のギャップ認識を持ち、
そのギャップ解消に向けての強い意欲
を持ち続けることです。
問題意識は、積極的な言動の源泉となりますので、
自身において問題意識を強く持つことはすなわち、
成長に向けての具体的な行動に直結するのです。

次の“自責で考える”とは、
何事も自分の責任で考える「思考習慣」
を身に付けることです。
問題の原因を他者の責と考えているようでは、
自身の成長はありません。
自分の責任で考えるからこそ、
そこに大きな成長のチャンスがあるのです。

三つ目はフォロワーシップの強化です。
フォロワーシップとは、
組織の目的・目標の達成に向けて、
リーダーを補助する機能のことです。
組織が大きな成果を上げる上で、
リーダーのリーダーシップは重要な要件です。
しかし、リーダーといえど一人の人間です。
完璧であることはほとんどあり得ません。
そうした時に、
自分の足りない部分を補ってくれる部下
がいればどれだけ心強いことでしょう。
すべての部下が、フォロワーシップを発揮し、
リーダーを強力にフォローすることができれば、
最強の組織といえるでしょう。
まだ地力に乏しい新入社員であったとしても、
自分ができることは何かを常に考え、
リーダーの視点に立って、
リーダーのフォローができるようになれば、
十分組織運営に参画しているといえるでしょう。

いかがでしょうか。
今回は、入社三年未満の社員が、
習慣として身に付けていただきたい三つのテーマ
をお伝えしました。
先の三つの基本と合わせて、
意識した取り組みを期待しております。