“プロ経営者”-
経営のプロフェッショナルとして、
数々の経営経験を売り物として、
経営を請け負う人といったニュアンスでしょうか。
ここ何年かで、
日本にもこうしたプロ経営者と
呼ばれる人が(大企業を中心に)増えています。
経営のプロですから、
どんな企業(あるいは組織)でも
優れた経営ができなければいけません。
ある一定の条件下においてのみ
機能するということでは、
プロ経営者とは言えないでしょう。
どんな条件下においても、
経営のプロとして
請け負った会社の経営を立て直し、
より良い企業とすることができる人材を
プロ経営者と呼ぶべきでしょう。
さて、このプロ経営者が
増えてきているという状況に、
どういう背景があるのでしょう。
一つには、企業を取り巻く環境の変化が、
非常に早く、大きくなっている
ということが考えられます。
過去の延長線上では、
将来の成長は描けないなどというように、
一つの企業(事業)においても、
“将来に向けた正解”は、
過去の成功体験の中では見出せなくなっています。
もっといえば、過去の成功体験は、
成功の助けになるどころか、
失敗の原因になってしまうことさえあります。
そんな状況ゆえ、
経営の本質を理解し、
ゼロベースで経営環境を捉え、
利害関係者との様々なしがらみを
断ち切りながら経営することができる
プロ経営が求められているのでしょう。
このことは、何も自社の経営をプロ経営者に
任せなさいと言っているのではありません。
同族企業の後継者であったとしても、
この早く、大きな変化に
適応していこうと考えるなら、
自分自身がプロ経営者になる
という覚悟が必要だということです。
自分にはそんな力はない等と諦めていては、
この厳しい経営環境を
乗り切ることは難しいと言わざるを得ません。
それならいっそ、外のプロ経営者に
任せてしまった方がよいかもしれません。
経営者になると決めた以上、
どんな会社や組織であっても、
上手く経営していけるだけの
マインドとスキルを身に付け、
常にプロフェッショナルとしての覚悟
を持ち続ける必要があるでしょう。
では、どうすれば
経営のプロフェッショナルとなれるのでしょう。
それには、まず経営の理論を学ぶことだと思います。
もちろん実践無くして、
真のプロフェッショナルになることは不可能ですが、
理論なき経営ではやはり効率が悪いと思うのです。
まずは理論を身に付ける。
そしてそれを実践に適用することで、
大きな気付きや学びを得られることでしょう。
何もなしに実践するだけでは、
こうした気付きや学びを得るのに
どうしても時間を要してしまいます。
まずは学び(知識)、
その実践から得られる本当の知恵を、
どれだけ蓄積できるかが
大きいのではないでしょうか。
いかがでしょう。
世の中の景気が良くなったとしても、
すべての企業が生き残れるわけではありません。
その時代の変化に適応できた企業だけが、
その恩恵を受けられるのです。
経営者の能力以上に会社は大きくなりません。
プロの経営者としての強い覚悟を持ちたいものです。