“企業は人なり”

企業が成長・発展する上で、
人材の成長は欠かせない要件となります。
とりわけ社長の右手、左手となる
幹部社員の質の向上は、
事業規模を拡大していく上でも重要な要件であり、
ここをしくじることで大きな機会損失
が生じているケースを多々お見受けします。
企業経営は、経営者が打ち出す理念やビジョン、
全体的な戦略を軸に、
具体的な事業戦略へと展開され、
それが現場で具現化されることで、
(結果として)大きな売上や利益へと繋がっていきます。
このような事業展開を社長が一人で行うには、
自ずと限界があります。
この限界を打破するには、
仕事を分業し、部下(幹部)に業務を委譲
していくほかありません。
そして、この部下(幹部)が
社長並みのパフォーマンスを発揮できれば、
事業は順調に拡大させることができるでしょう。
反面、部下(幹部)のパフォーマンスが
著しく低ければ、
期待するような展開は望めないかもしれません。
自分ですべて行うことが不可能である以上、
自分以上にできる幹部を育て、
事業を任せていくことなくして、
企業の成長・発展は望むべくもありません。
しかし、多くの会社では、
社長より有能な部下(幹部)が少ないことが現実です。
それゆえ、重要な仕事を任せるということは、
思いのほか難しいことなのです。
創業者でワンマン経営を自認してきた社長は、
なかなか部下に重要な仕事を任せることができません。
あるいは任せたとしても、
十分実行される前に口を挟んでしまいます。
結果的に十分任せないので、
部下の能力は伸びず、
いずれ(どうせ任せてはもらえないのだからと、)
白けてしまいます。
ついには、“指示待ち幹部”、“事なかれ幹部”
に成り下がり、
「なぜ、自社の幹部はこれほど能力が低いのだろう・・・」
と嘆くことになるのです。
もとをただせば、
すべて自分の責任なのですが、
それではどうにもやりきれません。
ではどうするか。
信じて任せる他ありません。
できるだけ口は挟まず、
自分で考えさせ、
決断する力を養っていくのです。
こうした成功体験の積み重ねが、
人を有能にしていきます。
そうした機会を奪ってしまっては、
能力も高めようがありません。
経営者が口を挟み過ぎれば、
その分、成長の機会を失うことになるのです。
そして、こうした取り組みの中で、
徐々に幹部としての覚悟(責任)を醸成するのです。
仕事のスキルも重要ですが、
結局はやり切る精神力が
最も重要な成功要因となるのです。
幹部としての使命感を十分に醸成していかなければ、
こうした粘り強い行動は生まれてきません。
こうした使命感を醸成するには、
感謝心の醸成が有効です。
いま、自分が置かれている状況や環境、
立場に感謝の気持ちを持たせることが、
幹部としての使命感の醸成を助けることになります。
幹部社員の育成は、
企業にとっての最重要課題です。
しかし、難しく考える必要はありません。
自分のように育てることを考えるより、
自分が育ったように育てる
のが良いのではないでしょうか。