記事検索
2020年06月03日00:156月の休診案内
全国的に新型コロナウィルス感染の非常事態宣言が解除されましたが、東京や北九州では新たに感染者数の増加傾向が報告されています。
新型コロナウィルスは完全に消えたわけではなく、全国的にくすぶったような状態であるため、どの地域においても、感染者が急に増加する可能性があります。
ワクチンや確実な治療法が見つかるまでは、経済や文化の回復を維持しつつ、手洗い、手指消毒、人混みでのマスク着用、複数の人がいる部屋では換気、うがいなどを行い、密集、密接、密着の三密を避け、ウィズコロナ時代の新しい生活様式を続けなければなりません。

また急激な気温の上昇に伴い、熱中症の予防にも注意が必要です。
熱中症予防には、室温のコントロール、水分や塩分の補給、十分な休息や睡眠、食事の摂取が必要になります。
人がいるところではマスクを着用し、空調等で室温を調節した状態で十分な換気を行ってください。
人がいないところではマスクを外したりして、くれぐれも無理はしないようにしてください。
高血圧や腎機能異常、脳梗塞心筋梗塞などの血管障害のある方は塩分補給に関しては主治医とよく相談してください。
6月1日に日本救急医学会から「新型コロナウィルス感染症の流行を踏まえた熱中症予防に関する提言」が出されています
目新しい事はあまりないかもしれませんが、ぜひご一読下さい。

内視鏡検査に関して
6月1日より内視鏡検査を再開しております
検査関連を防ぐために、検査日前2週間程度の体調管理をお願いしています。
万が一、発熱や咳、呼吸苦、味覚障害、嗅覚障害などの症状が確認された場合は、すぐに電話等での連絡をお願いいたします。

内視鏡検査は検査関連感染が起こりうるとされていますので、下記の条件を満たす場合は、検査可能な病院に紹介させていただきます。


臨床的にCOVID-19を疑う症例

1)持続する感冒症状や発熱、息苦しさ(呼吸困難感)、強いだるさ(倦怠感)のいずれかがある場合。

2)2週間以内の新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との濃厚接触歴。

3)明らかな誘因のない味覚・嗅覚異常。

4)明らかな誘因なく4−5日続く下痢等の消化器症状。


検査中はゴーグルやフェイスシールド、ガウンを使用させていただき、各検査終了後には検査室及び検査ベッドや光源などの周辺機器をふくめて消毒し検査関連感染を防いでまいります。



6月以降の休診の案内をさせていただきます

     6月の休診
                1日(月)、11日(木)、15日(月):終日休診

             7月の休診
               1日(水)、15日(水):終日休診

             8月の休診
               3日(水)、11日(火)から17日(月)まで:終日休診

             9月の休診
               1日(火)、 15日(火):終日休診

               
        上記以外は通常通り診察いたします。
   
当院では咳、発熱、咽頭痛、倦怠感などの感染症状のいずれかの症状がある方は別の入り口から入っていただき、別室で隔離の上で診察をさせていただきます。
これについては上気道炎、肺炎疑いのみでなく感染性下痢症も同様に対応させていただいています。
直接来院することは避けていただき、受信前には必ず電話で連絡をいただきスタッフの指示に従ってください。

皆さんのご理解と協力をお願い申し上げます。     


鍜治田クリニックホームページ
       www.ecamera.jp 


2020年05月19日20:255月の休診案内
奈良県では新型コロナウィルス感染の非常事態宣言が解除されましたが、急激な感染者の再増加を防ぐため、今後もワクチンや確実な治療法が見つかるまでは、密集、密接、密着の三密を避け、ウィズコロナ時代の生活を続けなければなりません。
当院でも院内感染を防ぐため、予約制を継続し、濃厚接触者を出さないための診察時間間隔、診察器具や院内の消毒、清掃を続けていきます。

内視鏡検査に関して
学会からの新型コロナウィルス感染流行中の検査自粛要請を受け、当院では上部、下部とも内視鏡検査を中止、延期して参りましたが、非常事態宣言の解除を受け6月1日より内視鏡検査を再開いたします。
予約いただいてから検査日まで、2週間程度、感染症状がないか確認するため、体調管理シートをお渡ししますのでご協力をお願いします。
症状が確認された場合は、検査の延期の判断も必要になりますので、電話での連絡をお願いしています。
また、下記のCOVID-19を疑う条件を満たす場合は、ハイリスクであるため、一般診療所での検査自粛が求められているため、検査可能な病院に紹介させていただきます。


臨床的にCOVID-19を疑う症例

1)持続する感冒症状や発熱、息苦しさ(呼吸困難感)、強いだるさ(倦怠感)のいずれかがある場合。

2)2週間以内の新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との濃厚接触歴。

3)明らかな誘因のない味覚・嗅覚異常。

4)明らかな誘因なく4−5日続く下痢等の消化器症状。


検査中はゴーグルやフェイスシールド、ガウンを使用させていただき、各検査ごとに検査室及び検査ベッドや光原などの周辺機器をふくめて消毒し検査関連感染を防いでまいります。



5月以降の休診の案内をさせていただきます
              

             5月の休診
               1日(金)、 15日(金)、21日(木):終日休診

     6月の休診
                1日(月)、11日(木)、15日(月):終日休診

             7月の休診
               1日(水)、15日(水):終日休診

             8月の休診
               3日(水)、11日(火)から17日(月)まで:終日休診

               
        上記以外は通常通り診察いたします。
   
当院では咳、発熱、咽頭痛、倦怠感などの感染症状のある方は別の入り口から入っていただき、別室で隔離の上で診察をさせていただきます。
これについては上気道炎、肺炎疑いのみでなく感染性下痢症も同様に対応させていただいています。
直接来院することは避けていただき、受信前には必ず電話で連絡をいただきスタッフの指示に従ってください。

皆さんのご理解と協力をお願い申し上げます。     


鍜治田クリニックホームページ
       www.ecamera.jp 


2020年04月26日21:15患者様へのお願い
当院では4月27日より、コロナウィルス感染症対策として
来院されるすべての患者様及び付き添いの方に対して、受付時に下記の非接触型体温計を用いて体温測定をさせていただきます。
37℃5分以上ある方は、再検査の上、別室での診察をお願いしています。
待合室での感染予防のため、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

FullSizeRender


   

鍜治田クリニックホームページ
       www.ecamera.jp