2017年07月16日

みずがき湖ビジターセンター

今日の出発地は、山梨県北杜市にある「みずがき湖ビジターセンター」なのだ。24時間開放の無料駐車場と公衆トイレがあり、デポ地として申し分ありません。梅雨空が続き、約1ヶ月振りのサイクリング。しかも、メインバイクのLOOK 675 LIGHTは、現在オーバーホール中なので、サブバイクのTREK 1500でのサイクリング。こちらは、約1年振りの走行です。

6bd8aaa7.jpg

masayoshi_arai at 23:50|PermalinkComments(0)輪行サイクリング(関東) 

増富ラジウムライン

まずは、山梨県道23号線を東進します。みずがき湖ビジターセンターから約4kmで増富温泉に到着。増富温泉は、ラジウム含有量が非常に多い放射能泉で、山梨県道23号線の別称である"増富ラジウムライン"の名前の由来はココから来ています。増富温泉を過ぎて、みずがき湖ビジターセンターから約5km地点で山梨県道23号線は終了。その先は、県営林道本谷釜瀬線がそのまま接続しています。

c5fda8fb.jpg2f4bfbfb.jpgedaea9be.jpg99b12a48.jpg23386118.jpge23a9548.jpg

masayoshi_arai at 23:40|PermalinkComments(0)輪行サイクリング(関東) 

クリスタルライン

みずがき湖ビジターセンターから約8kmでクリスタルラインの入口に到着。直進すると、林道観音峠大野山線を経由して、標高1670mの木賊峠へ行けますが、今回は断念。木賊峠からは遠く富士山が望めるようですが、この天気では見えそうにないので。今回は左折して、そのまま林道本谷釜瀬線を走って、瑞牆山荘方面へ向います。ピーク地点の瑞牆山荘まで、距離3.6km/標高差280m/平均勾配7.8%のヒルクライムです。途中、勾配10%前後の急坂区間が現れますが、LOOK 675 LIGHTのギア比(フロント52/36 リア12-27)に慣れた今となっては、TREK 1500のギア比(フロント53/39 リア12-25)は中々厳しいものがありますね。

f9d0ae38.jpgfcfc4956.jpg82a2c4d6.jpg8abf1b11.jpga7c75a6d.jpg

masayoshi_arai at 23:30|PermalinkComments(0)輪行サイクリング(関東) 

瑞牆山荘

瑞牆山荘に到着。標高は1520mあります。奥秩父山塊で日本百名山の瑞牆山(標高2230m)や"甲州御岳山"の別称を持つ金峰山(標高2599m)の登山口にもなっており為、瑞牆山荘前は多くの登山客で賑わっていました。また、"富士の国やまなしを全力で走るサイト"のヒルクライムコースにこの瑞牆山荘が紹介されていることから、地元のヒルクライマーには人気のあるコースのようです。瑞牆山荘からは、そのまま林道本谷釜瀬線を黒森方面へ下って行きます。

c1046d72.jpga3e4b346.jpg1569a95d.jpg

masayoshi_arai at 23:20|PermalinkComments(0)輪行サイクリング(関東) | 峠(1500m〜2000m)

みずがき林道

瑞牆山荘から、林道本谷釜瀬線を1km程黒森方面へ下ると、林道みずがき線の分岐点に到着。この林道みずがき線、終点のみずがき山自然公園までの全長約2kmのピストンロードですが、その道中から見える瑞牆山の眺めが素晴らしいという事前の情報があり、行ってみることに。とても林道とは思えないくらい状態の良い舗装道路を進んで行くと、やがて風化や浸食の影響を受けた黒雲母花崗岩の岩峰が聳える瑞牆山が前方に現れます。なるほど、これぞ大自然の織りなす瑞牆岩塊の絶景という訳ですか。終点のみずがき山自然公園は、キャンプ場としても整備されていて、そこからでも瑞牆山の大迫力の岩塊が望めます。

60628222.jpg0a203c75.jpg8b2d43d3.jpg80738a2b.jpg727eb34a.jpg

masayoshi_arai at 23:10|PermalinkComments(0)輪行サイクリング(関東) 

クリスタルライン〜長野県道106号・山梨県道610号線

みずがき山自然公園で折り返し、再びクリスタルライン(林道本谷釜瀬線)に戻ってきました。林道本谷釜瀬線を黒森方面へ下って行くと、途中で林道の分岐が数多く存在しますが、丁寧な案内標識のおかげで迷うことはありません。やがて、須玉町小尾の三叉路を左折して、長野県道106号・山梨県道610号線を南下します。左手後方には、先程まで間近に眺めていた瑞牆山が見えます。荒々しい瑞牆山の岩壁を見たいのであれば、近くから眺める方が良いのでしょうが、山容全体を捉えたいのであれば、このくらいの距離感から眺めた方が美しいですね。

e6c6e574.jpg3a5e424d.jpgc96768a5.jpg36247179.jpg3ae7717b.jpg

masayoshi_arai at 23:00|PermalinkComments(0)輪行サイクリング(関東) 

塩川ダム〜みずがき湖ビジターセンター

長野県道106号・山梨県道610号線を走っていると、やがて塩川ダム前を通過します。過去に信州峠を通過した記憶があったので、おそらく塩川ダムも通過しているのではないだろうかと記録を辿ると、約5年前に塩川ダムの石碑前で(ほぼ同じ構図で)写真を撮っていました(参照)。ブログというものが、備忘録の為のツールとして本当に優秀だと思った瞬間でした。その後、無事に「みずがき湖ビジターセンター」まで戻ってきました。

走行距離:26.2km
走行時間:1時間52分
獲得標高:640m

d0993c44.jpgf01101cc.jpg

masayoshi_arai at 22:50|PermalinkComments(0)輪行サイクリング(関東)