2005年07月29日

懐石料理に舌鼓

今日は、午後から出社。
 
まだ、29日ですが、チームで、今月の振り返りと、
来月の目標設定を行う。
 
目標をデータベースで管理しているので、
振り返りと来月の目標を入力する。
 
しかし、「暦」というものは素晴らしいものだ。
人類が生み出した知恵の中で、その秀逸さはトップクラスだろう。
 
もし、暦がなかったら、「来月も頑張ろう!」というように、
区切りや、メリハリを付けることが出来なかった訳である。
 
たとえ、その一日が辛かったとしても、明日は頑張ろうと思えるのも、
一日、という区切りがあるからである。
多くの人は、常にモチベーションが高い訳ではないので、
こういう考えがなかったら、と思うと、少しぞっとします。。。
 
今日は、夜は和風懐石のお店へ。
 
ここは、リーズナブルに、懐石料理が楽しめる。
しかも、個室。
私は、6500円のコースを選択し、引き上げ湯葉も楽しむ。
 
豆腐と湯葉が中心なので、12品あるのに、カロリーは1000kCal。
お店は、「梅の花」。おすすめです。
 
帰りは、桜木町で少しお散歩。
 
う〜ん、お腹も心も満たされた一日でした。
 
 
 
 
  

Posted by masayuki1012 at 23:15Comments(2)TrackBack(0)

2005年07月28日

自然食

本日は、朝から役員との会議。
 
新しいビジネスについての話をする。
そのときに、言われたこと。
 
「事業企画書つくって。」
 
・・・・・・。
 
そう、今の私の仕事は、企画書も必要。
今まで、コンサルタントとして付加価値の獲得に専念していたので、
会社として私の支出としては、雇用費用と交通費くらいだった。
 
しかし、新しい商売を創るとなると、数億円単位での研究開発が必要になる。そして、事業企画書も作成する必要がある。
 
全くの勉強不足なので、勉強しなくては。。。
 
 
夜は、自然食ビュッフェのお店へ。
無農薬・無添加の有機野菜を食べて、体を労わる。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:07Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月27日

ポジティブ(?)なオヤジ

今日は、台風が来ている、ということもあり、多くの会社で早帰りをしているようです。
 
私も、本日は少しだけ早く帰りました。
そして、テレビを付けて、台風の状況を確認しました。
 
テレビでは、台風で早帰りになったオヤジが、新宿の飲み屋で呑んでおり、
そこで、取材をされていた。
 
TV記者 「今日は、台風ですが?帰らなくて大丈夫ですか?」
 
オヤジ 「チャンスだよ。こういうときこそ、夕方から呑める」
 
・・・・・・。
 
すげー、すげーよ、このオヤジ!!!
 
あんたポジティブだよ!!!
 
 
そりや、5時から呑んでるわけだ。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月25日

理念について講話

今日は、月曜日で、朝から朝礼が続く。
 
今日は、私の部署だけの朝礼で、理念についての講話を担当。
 
私の会社は、理念が1冊の本にまとめられている。
この理念の本により、好ましい組織風土を創るために必要な、
「同一の危機感」「共通の価値観」の形成がなされている。
 
今日は、人生には、準備のときと、本番のときがある、ことについて、
私のこれまでの経験をもとに、みんなへの講話を行った。
 
結果、かなり評判であり、多くの人が、大きな気付きを得てくれたみたい。
日報にも、感謝の言葉が。。。
 
話す内容や、話し方について、事前に準備した甲斐がありました。
 
その気付きを行動に移して、素晴らしい人生を歩んでもらえたら、と思います。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月22日

役員プレゼン

本日は、役員プレゼンの日。
 
昨日から、夜を徹っての準備をして、日本橋にある経営本部に移動。
 
検討して絞り込まれていた案件について、診断結果を発表する。
結論としては、いくつかの前提条件を付けて、いける、という判断をした。
 
事情に判断し難い、リスクファクターがあるが、それ以外については、
大方の役員も納得している。
 
しかし、百戦錬磨の会長からは、ここまでの診断には妥当性があると判断するも、
「平べったい」というご指導もいただく。
 
それは、私達は、「競合から、そのマーケットのパイを奪う」というビジネスをやる訳でない。
「現在ない、新しいマーケットを創っていく」のだから、その調査では足りない、
というご指導を頂きました。
 
話を聞きながら、なるほど、と思う。
私の考えは、既にあるマーケットで勝つ為にどうするべきか、という考え方であった。
新しいマーケットを創るビジネスを成功させる為には、違うアプローチが必要であった。
 
新事業創造は、奥が深い。。。
 
この部署に異動するまでは、現在あるビジネスを儲けるものにする、という、
コンサルタントだった為、新しいビジネスを創っていく仕事をしていくには、
まだまだベースとなる知識が足りない。
 
既存のビジネスを儲かるものにする。
新しいビジネスも立ち上げることが出来る。
 
そんな、経営力を身に付けていきたい。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月21日

「ノウハウ」より「ノウフー」

今日は、明日の役員プレゼンに向けての作りこみがメイン。
午後に、1本、新ビジネス関連のミーティングがある。
 
そのミーティングで気付いたこと。
 
タイトルにあるように、「ノウハウ(Know-how)」より「ノウフー(Know-who」が重要である。
(正確に言うと、別々に重要なので、順位を付けるものではありませんが。)
 
新ビジネスを創っていくにあたり、競合の情報なども調べる。
「それは手に入らないだろう」と思われるような情報が、このミーティングでは出てくる。
 
「ノウハウ」も大事だが、「誰を知っているか?(どういう人脈を持っているか」という、
「ノウフー」も重要であると、気付きました。
 
世の中は、「情報」に高い価値が付く世の中になりました。
その「情報」を、いかに正確に、いかに早く、入手出来るかで、成功のスピードが変わってくる。
 
私も、「ノウフー」を大切にしていきます。
 
ちなみに、本日は、明日の資料準備の為、そのまま会社で徹夜。。。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月20日

秘伝のたれ

本日は、朝7時からミーティング。
朝起きるのは、辛いけど、起きてしまうと意外と気持ちがよいもの。
 
9時までの2時間のミーティングの後、少し業務をこなす。
そして、午後は、役員とのミーティング。
 
この役員は、私の部署の担当役員。
本当にいろいろな事を知っており、聞く話一つ一つが大変勉強になる。
そのため、この役員とのミーティングは、本当に楽しい。
 
やはりコンサルタントたるもの、師匠といえる上司がいることが、自分の成長につながる。
 
夕方からは、とある食材の試食会。
 
ある食材用の「たれ」である。
これが、常習性があり、本当に旨い。
 
92歳のお婆ちゃんが58年の歳月をかけ、試行錯誤のうえ完成した「たれ」である。
秘伝のたれで、レシピも作っていないので、このお婆ちゃんしか作れない。
本当に秘伝なので、息子にも作り方は教えていない、という逸品である。
 
これを食べたら、その食材については、他のものが食べられなくなりました。
 
これも、役得ですね。
 
そのお婆ちゃんの想いに触れながら、幸せなひとときを過ごせました。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月16日

中食、なるほど・・・

本日は、朝からミーティング。
土曜日の午前中は、なんか清々しくて、気持ちが良い。
 
いつもと場所を変えて、日本橋のオフィスで仕事。
ランチは、気分を変えて、三越の地下1階へ。
 
お惣菜売り場にて、多くの人が買い物を楽しんでいる。
近年、中食が伸びてきている、と言われているが、それを肌で実感。
 
グラム単価で見れば、決して安くないお惣菜が、
次々と買われている様子は、少し圧巻。
 
百貨店・デパートの売上って、ここが売れていることで、
だいぶ変わってくると思う。
売上を分解して見てみると、業績の良し悪しに、影響を及ぼしているかも。。。
 
なんて、考えながらお買いもの。
結局、ランチで3000円近くつかう。。。
 
夜からは、また、市場調査へ。
 
昨日の役員との会議で、会社としては急いで変な商売は出さずに、
じっくりと、本物のビジネスを開発していくことになったので、
少しゆとりを持ちながら、いろいろ見ることが出来ました。
 
しかし、今日も暑かったなぁ。
 
  
Posted by masayuki1012 at 22:25Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月15日

さっそく、現場へ

今日は、久しぶりに朝4時まで、資料の作り込み。
少し眠いが出社して、資料作成の続きを行う。
 
お昼も食べずに、そのまま、役員とのミーティング。
ここまでやってきたことの確認と、次の一手の明確化。
 
また、新しいビジネスの話もいくつか出てきた。
会社の運命を担う重要な仕事であり、緊張と共にワクワクもする。
 
そして、夕方からは市場調査へ。現場に行く。
 
今日は、大岡山〜駒沢大学と移動して、顧客に触れる。
訪問した2件は、期待水準を上回り、びっくりした。
 
やっぱり成功の知恵は、現場にあり!!!
 
優秀な企業は、どこを見ても、やはり現場が強い。
これからも、継続して現場感を磨いていく。
 
 
余談ですが、今日は、帰りの電車の中で、本を読み泣いている人がいました。
 
私を知っている人は、「そうは見えない」と言うかもしれませんが、
その姿を見て、なんだか、もらい泣きしそうになりました。。。
 
私は、「笑う」や「怒る」は演じることが出来ますが、「泣く」ことは演じることが出来ません。
なので、「泣く」という感情を大切にしています。
 
感情豊かな人間になれるように、心を磨いていきたいと思いました。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月14日

現場感

最近、現場にも行くが、会社で様々な分析などをすることが多かった。
分析を行い、そこから新ビジネスのコンセプトを創っていく、ということを行っている。
 
本日はミーティングを行う中で、改めて、自分の現場感が足りない、痛感しました。
創っているコンセプトが、どう考えても、「真のコンセプト」とは思えない。
 
サントリーの話を思い出した。
 
「DAKARA」を創るとき、ライバルとなるポカリやアクエリアスを、
顧客がどのようなときに飲むかを調べた。
 
一般的な定量調査だと、「スポーツ時/スポーツ後」が76%を占めていたが、
「日記調査」という独自の調査をしたところ、その回答は18%。
 
「二日酔いのとき、や、仕事の合間」という方が圧倒的に多かった。
 
これが、「飲む」ではなく、「出す(小便小僧のCM)」という、
スポーツ飲料のパラダイムを変えるヒット商品に繋がった。
 
 
う〜ん、さすがサントリー。
 
ここで、現場感を養おう。
 
顧客の生活を実感しながら、表コンセプトのウソを暴いて見つけ出したい。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:32Comments(0)TrackBack(0)