2005年08月15日

ターゲットイメージ

本日は月曜日なので、いつものように朝礼から始まる。

お盆だからか、通勤の電車が空いていた。

「想定外」だったので、少し嬉しい。

今日は、「ターゲットイメージ」をつくる。

どのような人が、この商売のコアターゲットなのか、

仮想だが、プロフィールやキャラクターなどをまとめる。

これがあることで、みんなの意見がぶれにくくなるし、

止まったときがあっても、ここに立ち戻ることで、道を外さずに進むことが出来る。

ちなみに、これは「ホンダ」をベンチマーキングした手法である。

 

  

Posted by masayuki1012 at 23:29Comments(0)TrackBack(0)

2005年08月08日

マーケティング中

本日は、月曜日なので、いつもどおり、朝から午後一まで朝礼。
 
そして、午後からは、消費者へのグループインタビュー。
 
とある商品のターゲットなる属性の方に集まって頂きまして、
いろいろとお話をお伺いしました。
 
消費者の中に眠っているものを引き出すのは難しい・・・。
 
母数が少ないのが影響して、集めた人のバラツキが大きかった。
経済的な指標である世帯年収に、最大3倍の開きが・・・。
 
こなると、見栄の張り合いにもなってくる。
 
十分な設計がないと難しいと、反省ばかりの一日でした。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月21日

「ノウハウ」より「ノウフー」

今日は、明日の役員プレゼンに向けての作りこみがメイン。
午後に、1本、新ビジネス関連のミーティングがある。
 
そのミーティングで気付いたこと。
 
タイトルにあるように、「ノウハウ(Know-how)」より「ノウフー(Know-who」が重要である。
(正確に言うと、別々に重要なので、順位を付けるものではありませんが。)
 
新ビジネスを創っていくにあたり、競合の情報なども調べる。
「それは手に入らないだろう」と思われるような情報が、このミーティングでは出てくる。
 
「ノウハウ」も大事だが、「誰を知っているか?(どういう人脈を持っているか」という、
「ノウフー」も重要であると、気付きました。
 
世の中は、「情報」に高い価値が付く世の中になりました。
その「情報」を、いかに正確に、いかに早く、入手出来るかで、成功のスピードが変わってくる。
 
私も、「ノウフー」を大切にしていきます。
 
ちなみに、本日は、明日の資料準備の為、そのまま会社で徹夜。。。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月14日

現場感

最近、現場にも行くが、会社で様々な分析などをすることが多かった。
分析を行い、そこから新ビジネスのコンセプトを創っていく、ということを行っている。
 
本日はミーティングを行う中で、改めて、自分の現場感が足りない、痛感しました。
創っているコンセプトが、どう考えても、「真のコンセプト」とは思えない。
 
サントリーの話を思い出した。
 
「DAKARA」を創るとき、ライバルとなるポカリやアクエリアスを、
顧客がどのようなときに飲むかを調べた。
 
一般的な定量調査だと、「スポーツ時/スポーツ後」が76%を占めていたが、
「日記調査」という独自の調査をしたところ、その回答は18%。
 
「二日酔いのとき、や、仕事の合間」という方が圧倒的に多かった。
 
これが、「飲む」ではなく、「出す(小便小僧のCM)」という、
スポーツ飲料のパラダイムを変えるヒット商品に繋がった。
 
 
う〜ん、さすがサントリー。
 
ここで、現場感を養おう。
 
顧客の生活を実感しながら、表コンセプトのウソを暴いて見つけ出したい。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:32Comments(0)TrackBack(0)

2005年07月06日

プロセス・・・

「プロセス」というタイトルを見て、チーズを思い浮かべた方もいらっしゃると思います。
 
なかには、ワインを片手にこのブログを・・・
 
という方も。。。
 
そんな準備をして頂いた方には大変恐縮ですが、
ここでの意味は、「過程・工程」という意味での「プロセス」です。
 
今日は、昨日の合宿を受けて、よりブレイクダウンした、今期の業務設計を行う。
 
年間のゴールから、四半期ゴールを明確にする。
さらに、そこから毎月のゴール、毎週のゴールと、ゴールを鮮明にしていく。
 
そして、そのゴール達成の為の「プロセス」を明確にする。
想定させるハードルと、その解除を考えて、ゴールまでの地図を書く。
 
この危険予知の精度が、仕事の成果を決める。
仕事が出来る人は、この危険予知能力が高い、と言われる所以である。
 
 
また、私達の場合、新ビジネスを立ち上げるのがミッションなので、
「成果の出す為の、再現性のあるプロセス」を創ることもゴールに入ってくる。
ここは、しっかり分けて考えないと、「目的」と「手段」を混同してしまう。
 
単なる「ビフォー、アフター」が成果ではない。
その「プロセス」に価値がある。
 
「ビフォー、アフター」では、他社と比べての「相対価値」でしかない。
私達にしか出来ない「プロセス」に、「絶対価値」がある。
 
こうした考えのもと、業務設計を完了。
これはたたき台なので、ここからチームメンバーとの擦り合わせを行う。
 
夜は、三軒茶屋に食事に。
 
美味しい食事に舌鼓を打つ。
 
 
  
Posted by masayuki1012 at 23:55Comments(5)TrackBack(0)