福岡を釣る、福岡を食う。

ルアー釣りを中心に、シーバス、メバル、アジ、 さらには貝やカニなどの海の幸をキャッチ&イート。 楽しければ何でもありな、福岡市在住の家族の日記です。

2011年09月

秋晴れの三連休最終日。

そんなお日柄にふさわしく、今週も
ファミリーフィッシングのメッカ、N漁港へ、息子と二人で釣行です。

前回は群れが入っていたアジ・サバ、
去年は大群が海を埋め尽くしていたカマス・・・
そんな期待に胸を躍らせつつも、
諸事情ありまして、干潮前後を釣る、
という超微妙なタイミングでの現地着となりました。

DSC_0944

海は、至って異常なし。穏やかな状態です。

たまに、青虫の脈釣りに極小カワハギが掛かったりもしますが、
それ以外は、のどかな時間帯が続きます。

周りの人も全然釣れてません。
ド干潮で潮も止まり、サビキにすら何も釣れていないようで、
僕のフカセ釣りでもアミが取られないことも多々あります。

アジングロッドにメタルジグも用意したのですが、全く無用の長物と化しています。

さすがに、息子(U5)も飽きてきたようで、
「釣りよりも、磯でビナを取りたい」とか、屁タレたことを言い始めました・・・。

道具を片付けるのも面倒なので、最初は適当にいなしていましたが、
だんだんと僕自身も、そのほうが楽しいのではないか、
という思いが頭をよぎり始めまして・・・

DSC_0943

結局親子で地磯に移動(笑)。

でも、その時はまだ、ここでドラマが起きるとは、誰も思っておりませんでした。

きっかけは、この地磯で遊んでいた別の家族連れの方々。
「タコが獲れた」とか、そんな会話が聞こえてきます。
いいなぁ、とか思いつつ、ビナを探していると、
向こうから息子(U5)の声が!

「タコがおったー!」

あわてて駆けつけると、マダコを潮だまりで捕獲していました。
家族連れの話を聞いて、密かにタコを探していたようです。

これで今日はタコ刺しか、タコのカルパッチョが食える!
そう思うと僕も俄然やる気が出てきました。
大人のくせに、真剣にタコ探しを始めます。

となりの潮だまりで、さらに1匹捕獲成功。
とんとん拍子でタコが獲れそうな予感。

けど、狭い潮だまり、そう簡単には後が続きません。
しかも、前述のご家族がすでに4匹ほど捕獲してたので、
さすがにもういないかもしれません。

そんな話を息子としていた、その時でした。
目の前を、本日最大の大物ダコが悠然と泳いで行くではありませんか。

誰よりも先に、息子(U5)が潮だまりに飛び込みました。
で、ズボンをびちゃびちゃにしながら、タコを岩陰に追い詰めます。
すかさずそれを、父がワシ掴み。
連係プレーで、みごと捕獲成功です!

HI3A0174
(しかもこの後、息子はタコに手を噛まれ、名誉の負傷・・・)

ということで、トータルの釣果?は、ご覧のとおり。

DSC_0945

マダコ3匹。
すべて、手掴み。

並べると、こんな感じ。

DSC_0942


さてさて、帰宅後はさっそく調理です。

僕は、タコをゆでた時の、この感じがとても好きでして、

DSC_0941

なんだか、3つの花火のようで、きれいです。

こんなタコの姿を見て美味しそうと思うのは、
世界的には日本人くらいのものらしいですね。
海外では、タコはゲテモノ扱いされてて、ほとんど食されないそうです。
だから、こんな姿もきっと気持ち悪がられるんでしょう。

日本人に生まれたことに感謝する意味でも、今日のタコは刺身にすることにしました。

DSC_0940

ぷりぷりして、超うまいです!
釣りを諦めて、地磯を目指した息子の英断に、感謝です!

しかしながら、ちょっと思ったのですが、刺身には適量、というものがありますね。
こんだけあると、最後のほうは、ちょっと義務感で食う感じになってしまいました。


そんな贅沢な不満はさて置き、
改めて考えてみると、今日は、タコが取れたとはいえ手掴みなので、
結局のところボウズだったってことに気づかされます。
まぁ理由は潮に尽きると思うので、
次回はもうちょいいいタイミングで行けるといいですね。


以上、中途半端な結果ですが、秋のシルバーウイークの釣行記でした。



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

今日は久々に単独で釣りに行けそう。
そう思って先ほど早起きしたんですが、
雨・・・。

残念です。行けそうな日に限って雨です。

というわけで、せっかく起きたのに時間持て余したので、
今日は、先日息子が見つけた
すごく奇妙な生物の写真をアップします。

あ、イモムシ系が苦手な人は見ないでくださいね。

題して、超ポップなイモムシです!

DSC_0898

茶色地に、黄色とオレンジの水玉模様。
イモムシのくせに、とてもおしゃれな野郎です。

気に入った方のために、ちょっと大きいサイズの画像もアップ!

DSC_0899

このミッドセンチュリー風イモムシですが、
正式な名前は、どうやら「セスジスズメ」のようです。

さて、そんなわけで、朝から暇つぶしに更新してしまいました・・・

明日もチャンスありそうなので、雨が降らないことを祈ります。




にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

日曜日、久しぶりに釣りに行きました。
と言っても、ファミリーフィッシング的なアレですが・・・。

行った先は、五目釣りの聖地、N漁港。
午後用事があったため、昼前に着いて、2時間限定の釣行です。

今回は、子供と二人ということで、
脈釣りと、ウキ釣りの道具を持ってきました。

で、現地に着いて、早速脈釣りの仕掛けを作り、子供に渡します。
その間に、私はウキ釣りの仕掛けづくりをするのですが、
すぐに餌を取られて、餌をつけてくれと言われるので、
遅々として仕掛け作りが進みません。

業を煮やして、思い切って子供(5歳)に
青虫の付け方を教え込み、以後、自分でやるように教育しました。
意外と、やればできるもんですね。
これで一気に手がかからなくなりました。

というわけでウキ釣りの仕掛けを作っていると、子供が、
なにやらでかいカワハギを発見したようです。
餌を動かしたり、あの手この手でそいつに食わせようと頑張っている様子です。

そんなにうまくいくわけないだろう、と見守っていると、
「やったー、かかったー!」と子供。
竿を見ると、かなりしなってます。

で、これです!
DSC_0878

本人、若干照れてますが、でかカワハギを見事釣りあげました。

あまり期待せずに行った釣りでしたが、やはりN漁港は侮れません。
その後僕が始めたウキ釣り(撒き餌なしのぐうたらフカセ釣り)にも、
適度にアタリがあります。
しかも、そこそこのサイズのアジやサバが食うので、かなり楽しいです。
1号の磯竿だと、20㎝くらいのアジやサバでも、かなり引きが楽しめます。

アジングの仕掛けを持っていけば、
アジやサバの引きをもっと楽しめただろうなー、と思うとちょっと残念でしたが。


というわけで、本日の釣果・・・
DSC_0879

晩御飯には十分な量、ということで、
今日はこんなおかずに変身しました!

DSC_0880

・サバのガーリックソテー ベビーリーフ添え
・アジとカワハギのお刺身 肝醤油風味
・カワハギの味噌汁 (写真なし)


今後しばらくは、釣りの回数は減りそうですが、
子供も餌をつけれるようになったので、
たまにはのんびり、餌釣りを楽しめればなー、と思います。

以上、秋のファミリーフィッシング日記でした。



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

先週、カメ騒動が勃発しました。

DSC_0839

と言っても唐突かと思いますので、
まずは関係する登場人物の説明から。

一人目はうちの息子。
彼は生き物が好きで、家では現在、
カブトムシ、クワガタ、ゲンゴロウ、ヤゴ、モロコを育てています。

そして、彼の夢は、カメを飼うことでした。
よく、大濠公園でミドリガメを見つけては、
飼いたいな、といいながら捕獲にチャレンジしておりました。
(ミドリガメが素早過ぎて、実際に捕獲に成功したことはありません)

もう一人は、彼の祖母(つまり私の母)。
彼女は、ジョニーデップが好きで、ジョニーデップが出演する、
「アラバマ・ドリーム」で、ジョニーがカメを散歩させる?シーンを見て以来、
「自分もジョニーのように、カメを飼いたい」という思いを持っておりました。


そんな、「カメを飼うのが夢」の二人に、ある日奇跡が起きました。


なんと、実家の庭先に、カメが出現したというのです!

DSC_0840
カメがいたのは、何の変哲もないこんな場所。
南区の、普通の住宅街です。
もちろん、今まで一度も、カメが出現したことなどない場所です。

願い続けば叶うのでしょうか?
天からの贈り物でしょうか?

いずれにせよ、カメですから、吉兆な感じがします。

ホントにそんなことあるのか、と思ってネットで検索してみたんですが、
日本中には、結構な数の、「突然庭にカメが出現して驚いた人」がいるようです。
大半は、飼育からの逃亡ガメのようですが・・・

というわけで、祖母よりそんな連絡を受け、
今週末、子供と実家に、カメに会いに行ってきました。

DSC_0838

澄まし顔で歩くカメ。

ミドリガメと比べると、かなりトロいです。
自然界で国産ガメがミドリガメに淘汰されるのも、分かる気がする、
くらいのトロさです。

けど、爬虫類のくせに、ものすごく人懐っこいです。
基本、人間に向かって歩いてきます。
そしてじろじろ見ます。

DSC_0837
息子、夢の「カメ持ち」です。
掴まれるのも、嫌いではないようです。

すこし笑みをたたえた感じの表情も
かわいいような気がしてきました。

この後、カメ好きの二人は、
カメを連れて3人で、近所の公園に散歩にまで行ったそうです。
(私は同行しませんでしたので、写真はありません。)


というわけで、カメ好きの二人に訪れた、神様からのプレゼント。
本当は、このまま池に逃がすはずでしたが、
カメ好きの二人ですから、放流は来週に持ち越されることとなりました。

以上、今週のカメ騒動、でしたー。



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

今日、本屋で、偶然こんな本に出会いました。

DSC_0824

まだ全部は読んでませんが、糸島のいろんな食材が紹介されてて面白い。
「採れたて、糸島」、糸島好きは、必読の一冊です。

今度は、釣りの帰りに、いろんなお店をめぐってみたいなぁ、そんな気になりました。

しかし、今週末、釣りに行けそうなのに、
台風がくるみたいですね・・・
あー、タイミング悪いなぁ!



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ