福岡を釣る、福岡を食う。

ルアー釣りを中心に、シーバス、メバル、アジ、 さらには貝やカニなどの海の幸をキャッチ&イート。 楽しければ何でもありな、福岡市在住の家族の日記です。

2012年10月

10月29日 晴れ 大潮
満潮/09:20 21:16 干潮/03:00 15:01
海の様子 濁り気味
釣行時間 0:30~3:00

------------------------

日曜の夜ではありますが、今週末は仕事で動けなかったので、
その腹いせに、深夜アジングへ。

向かったのはもちろん、東の海。
もはや、ここが新たなるホームになった感があります。

下げ8分から下げ止まり、という最悪のタイミングでしたが、
さすがは新ホーム!
予想に反して、かなり楽しめました!

ちょっと今日はもう遅いので、
とりあえず速報だけアップです。

DSC_1866

やっと、待望の中アジです!

詳しくは、また後日・・・
ではまた!


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

10月20日 晴れ 中潮
満潮/13:27 干潮/06:47 18:37
釣行時間 1:30~3:30

------------------------


金曜夜(正確に言うと土曜未明)、
先日開拓に行った東のポイントで、アジングをしてみました。

仕事終わってから行ったので、現場着がAM1:30。
ちょうど下げ始め位からの釣りです。
ベストポイントには、すでにエギンガーさんが入っていましたので、
ちょっと離れた、常夜灯の明暗の境目くらいで狙っていきます。

まずは、1グラムJH+ガルプでチャレンジ。
底を取ってから、ゆっくり巻きますが、フグ状のアタリが多いですね。

中層~表層のほうがいいのかな、と思い、カウントを短めにしだしたところ、
アジらしき当たりが出始めました。

ただ、小さいようでなかなかフッキングしません。
JHをさらに軽量化したり、ガルプを短くちょん切ったり、
調整を重ねて、やっと、こいつ↓

DSC_1852

アジゴ、15センチくらい、ゲット。

この調子で、と俄然意気込みますが・・・
後が続きませんねー。

アタリは2投に1回くらいあるんですけど、
ぜんぜんフッキングしません。

何が原因かは分かりませんが、
私に腕がないことだけは間違いありません。

たまにフッキングしても、寸前でポロリ、とかで、
手元にまでなかなか魚がやってこないのです。

結局、このあと、さらにマメは2匹ほど上げることができたのですが、
迫りくる眠気に抗いきれなくなってきたので、
終了することにしました。

マズメまで粘れば、中アジもあるような気もしますが、
その夢はまた次回に取っておくようにします。


ではまた!


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

糸島半島、と言えば、「海」。
ですが、実は山の方も充実しているらしい・・・。
といううわさを聞きつけ、先週、
いつもとは気分を変えて、糸島半島内陸部の散策に出かけてみました。

実りの秋、の言葉の通り、
畑や果樹園でもいろんなものが実っていて、
たまの山歩きも悪くないですね。

そんなことを考えながらうろついていると、
先月那珂川町で見つけたアレが、ここ糸島にもたくさんあることを発見。

さっそく息子と摘み取りまして、御覧のとおりの収穫です。

DSC_1840

秋の味覚、むかご。

前回の採取時よりも腕が上がったのか、それとも、
糸島の自然が豊かなせいのか、

今回のむかごは、前回よりもかなり大きいものばかり。

特に大きかったものは、このくらいのサイズでした。

DSC_1841

ちなみに、手は子供の手です・・・。

大きいやつでカシューナッツくらい。
このくらいあると、食べ応えありますね。


というわけで、このほかにも虫採りをしたりとかしつつ、
糸島の秋を満喫してきました。

念のため、帰りがけに漁港の様子も見に行ってみました。

DSC_1842

写真があまりに殺風景なので、分かりにくいかと思いますが、
ちょうど夕マズメ時で、波止はアジゴ釣りのファミリーでにぎわってました。
アジゴもそこそこ上がってて、うらやましかったです。

ではまた!


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

10月6日 晴れ 中潮
満潮/12:58 干潮/06:50 18:11
釣行時間 24:30~27:00

------------------------

※最初に結論を書きますが、ボウズでした・・・。

3連休初日、久々に夜釣りです。

とか言いながら、夜釣りを久しくしてなくて、
どこで何が釣れているかもわからず、
とりあえず家から比較的短時間で行ける、
東のN漁港に行ってみました。

しかし・・・
風が強い。
アジングをしてみますが、ぜんぜん底が取れません。
ジグヘッドではらちが明かず、キャロライナリグ?にトライ。
アジだかフグだか分からないアタリがあるも、
ショートバイトと言うんでしょうか?
フッキングに至りません。

そのうち寒くなってしまい、しかもリーダーも切れて、心も切れてしまいました。


そんなわけで、帰ろうかと思ったんですが、
せっかく東まで来たので、他の漁港もちょいとチェックを。

足を延ばして某漁港に行ってみると・・・
常夜灯の下で、アジの群れがフィーバー。
でも、人の群れもフィーバーで、割って入るのもはばかられます。
数投だけしてみましたが、あまり先行者に迷惑も掛けられないので、断念。

しかし、岸壁は墨跡だらけ。
しかも、太刀魚も入っているらしく、
ここは期待大ですね。

今度、人の少ない平日にでも、チャンスがあったら攻めてみたい場所です。

ということで、最初に書いたとおりボウズ釣行でしたが、
新しいポイントも知れたので、それはそれで有意義だった、ということにしておきましょう。

写真もない手抜き更新ですんません・・・。
ではまた!


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

9月28日 晴れ 中潮
満潮/8:22 20:56 干潮/2:08 14:39
釣行時間 6:30~10:30

------------------------

ご無沙汰しております。
ここのところいろいろとバタバタしてて、
ブログで祭りの情報を見ながら、一人悶々としておりました。

そんな中、木曜日で仕事がひと段落したこともあり、
翌金曜、禁断の平日釣行を敢行しました。

糸島半島の某地磯にて、
まずは、今、巷で話題のサゴシ狙いでメタルジグを投げまくります。

よく考えると、去年も行けなかったので、
ショアジギ用の竿とリールを握るのも約2年ぶり・・・。

長くて太くて、不慣れな道具に振り回されるばっかりで、
それ以外は特に何の変化もなく、約2時間経過。
隣で釣ってた人にも、アタリはない様子です。
これ以上粘ってもムリな気がしたので、
エギングに狙いを変更するため、車に戻ることにしました。

その途中、地磯の手前のサーフで釣られてる方と、立ち話になりまして・・・
「ほら、すぐそこでもボイルしとるでしょうが!」とのお話。

色めき立ってみてみると、確かに目の前でバフバフやってるじゃないですか!
しかも、さらに目の前で、このお方に何者かがヒット!
「どうせ小さいけん、カマスやろう・・・」とかおっしゃってますが、

結構引いてますよ、これ・・・。

で、上がってきたのは、ヤズでした。
いやー、「カマスやろう」だなんて、謙虚な方です。すばらしい。
私だったら、ギャラリー目の前にしてたら、もっと盛ってたはずです。。。
ちなみに、少し前に「セイゴ」が上がった、とおっしゃってたので、
それも見せてもらいましたところ、私の中では「フッコ」でした。
重ね重ね謙虚な方です。

「あんたも釣ってみらんね」というお誘いもあり、
ちょっとこのサーフで悪あがき。
してみましたが・・・、
全く駄目でしたね。謙虚さの差でしょうか??


ということで、せっかくのレジャーなのに、
自分の謙虚さの欠如を痛感させられるという若干微妙な展開のなか、
今度はN漁港に移動してエギングを開始します。

相変わらず、新子がわらわら泳いでいます。
3.5号のピンクから攻めると、反応も結構あります。

ある程度寄せて、ベラカラーのエギにサイズダウン。
すると、来ました!

DSC_1826

見てください、この小ささ・・・。
いや、謙虚なわけでもなく、ホントに小さいっす。

もうちょいサイズアップを狙い、多少沖目にキャストすると、
今度はこいつが。

DSC_1827

そこそこのサイズが来ました。
秋イカレギュラーサイズ、といったところか?
このペースを重ねたいところです。

ですが、伸びません。
仕方ないので、カラーローテしたり、サイズもいろいろ変えたり、と、
見えイカが反応する方法を探ります。

30分後くらい、やっと本日3杯目ゲット。

DSC_1825

オレンジに反応しました。
サイズは、こちらも、謙遜ではなく、純粋に小さいですね・・・。

その後も粘りましたが、さらに反応はシブくなりました。

まぁでも、前回よりは見えてるイカも全体的に大きくなってるし、
エギへの反応も良くなってるように思います。
もっと時間をかければ、もうちょい上げれてたと思いますが、
まぁ、今日はこんなところでいいでしょう。


しかし、祭りはまだまだ継続中のようですね。
来週は釣り行けそうなんで、
なんとかヤズか、せめてサゴシでも上げたいです。


ではまた!


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ