福岡を釣る、福岡を食う。

ルアー釣りを中心に、シーバス、メバル、アジ、 さらには貝やカニなどの海の幸をキャッチ&イート。 楽しければ何でもありな、福岡市在住の家族の日記です。

2013年04月

先日の天草旅行記、第2弾は、
定番「イルカウォッチング」です。

ちなみに、こないだアップした「おっぱい岩」は、
イルカウォッチングで有名な「通詞島」と、目と鼻の先です。
なので、天草に行かれる方で、物好きな方には、
イルカ→おっぱい、のルートをぜひお勧めします。

さてさて、イルカウォッチングをしたことある方は結構いらっしゃると思いますが、
まだ見たことのない方のために、その凄さをお伝えしますと、
ホントに目の前を、イルカたちが泳ぎます。

こんな感じです。
  ↓

DSC_2034

船からみると、こんな風に見えます。
  ↓

DSC_2033

手前にいるのが、息子(7歳)です。

いや、この写真はうまく撮れてなくて、
実際にはもっともっと目の前を泳いでいて、
鼻から噴き出した水(潮?)が顔まで飛んできたり、船の真下を通ったりと、
イルカたちがやりたい放題してくれます。


対する人間たちも負けてなくて、
イルカを見ているホモ・サピエンス軍団も、こんな感じになってます。

DSC_2036

何隻もの船が、大量のオレンジの服を着たホモ・サピエンスたちを乗せて、
イルカを追いかけます。

DSC_2035

イルカが画面に入っていないと、何かに抗議している人たちにしか見えません・・・。


とは言え、素人の感覚ではありますが、イルカは人間が好きと言いますし、
別に人間に追いかけられているからと言って、
イルカたちがストレスを受けているふうには見えませんでした。

実際、軽くジャンプするお調子者のイルカも見られました。


ちなみに、このイルカウォッチングを何より楽しんでいたのが、うちの息子(7歳)です。
1泊2日の旅行で、初日のみイルカウォッチングする予定だったんですが、
初日見た後に、急きょ「明日も見たい!」と切望され、
仕方なく、2日目もイルカウォッチングに費やしてしまいました。

まぁ、思い出に残ったようなので、良しとしましょう。


というわけで、イルカウォッチング×2回、のせいで、
それ以外のほとんどの時間が車での移動となってしまった今回の天草旅行。

そんな中、朝マズメの一瞬を狙って、一応釣りにも行ったんですが・・・
その情報は、気が向いたらアップするかも知れません。



ではまた!


■通詞島のすぐ先にある、天草の隠れた名所
 「おっぱい岩」の情報は、コチラ!



にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

ご無沙汰しております。

なんだか最近忙しかったりなんだったりして更新を怠けていたのですが、
ぼちぼち更新していきたいと思います。

手始めに、まずは、「おっぱい」の情報からです!

実は、3月下旬に、天草に小旅行に行ってました。

で、そこで出会ったのが、
今じわじわと人気上昇中と言われている、あの岩!

DSC_2031

そう、おっぱい岩です。

みごとな美乳です。

DSC_2032

先端部は、若干陥没しているのが残念・・・。

このおっぱい岩ですが、
女性が触ると、乳がいっぱい出たり、豊乳になったりなど、
なにかと御利益があるそうです。

男性が触っても、なんだかいいご利益がありそうな気がしたので、
とりあえず触って来ましたが・・・。


ところで、
行って初めて分かったのですが、
おっぱい岩は、実は一つだけではないんです。

例えば、若干形は悪いですが、
こんなのや ↓

DSC_2028

こんなのも ↓

DSC_2029

説明看板を読んだら、これらは対岸の雲仙から飛んできた火山弾が、
波に削られておっぱい状になったものだそうです。

その際に、最もきれいに削れたのが、
あの、美乳で知られるおっぱい岩だったんですね。

ちなみに、ちょっと高いとこから失礼して見てみると、
こんな光景です。

DSC_2030

おっぱい岩がゴロゴロしてますね。

まさに、「おっぱいいっぱい海岸」!

男子が憧れる、夢の海岸です。

ということで、
もちろん天草にはこれを見るためだけに行ったわけではないので、
また、おいおい、その他の旅の情報を更新していきます!


ではまた!


■ちなみに、地底で見つけた「巨乳」の情報は、こちら!


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ